人に気を惹かせるライティングの書き方とは?

 

はじめに

今回のテーマは、人の気を惹かせるライティングの書き方とは?について書いていきます。

最後までよんで内容を理解してくれると嬉しいです。

近頃になり、流行りのクラウドソーシングサイト「クラウドワークス」「ランサーズ」

「リランス」「ココナラ」などを利用してのライティングを「文章を書く」を仕事にしようとしている方が増えてきています。

 

例としてあげる職業は、「WEBライター」「小説家」「翻訳家」「脚本家」「ゲームシナリオライター」などです。

その背景には日本で新たなウィルスが増殖しつつある新型コロナウィルスによる感染拡大と会社に出勤せずに自宅での業務が増えてきて「リモートワーク」が原因なのではないかと思います。新型コロナウィルスの拡散でマスクをしないでの外出が困難となりマスク無しでの電車内など会社に出勤することが出来なくなってしまいました。

 

今、マスクなしでは生きられない大国「日本」という感じになってきました。

 

今現在の生活を維持するために、副業やネットで仕事を始めようかなと思い始めた人達やコロナの影響で会社経営が困難となり倒産になってしまった人たち、中には突然のリストラされてしまった人たちや会社自体の仕事がなくなってしまい会社を辞める人、新たな収入源を求めて副業やネットでの仕事を探し始めるのです。

 

ネットでの仕事を始める人の多くは、「ライティング」を選択されます。

 

なぜならば、「文章を書くだけだから・パソコンやスマホで打つだけだから」と思いこんでいるからです。

 

まず、文章を書くということは正直にいってしまうとけっして楽ではないと言っておきましょう。

「文章を書く」というのは、登山「山登り」と似ているのではないかと思います。

 

まず、登山に必要なのは、どのルートを行くか、そして荷物、道具、知識、予想外の出来事が発生した時の対処法など準備万端で登山に挑みます。

 

文章構成、文章を書くには、あちこちからいろいろな資料をあつめ、取材に足を運んだり、自身で身に付けたものを自分の頭の中で想像しかみ砕いたものを文章に書き起こすことではないでしょうか?

 

自分の見たもの、聞いたこと、感じた事しか書けない。

分からないことを書こうすると分からなくなる。

 

「登山と文章は似ている」と考えております。

 

考えた末にたどり着いた答えなのですが、

「漫画→文章、イラスト」

「アニメ・映画→文章、人物、絵、声」

「小説→文章、創造」

 

これらは文章で構成されております。

ほぼ娯楽が文章で構成されているということになりますね。

 

文章に特別なスキルは必要ないという人もいますが、そもそもとして、

スキルというのは後天的なものですので、ある程度の努力をすれば、変えられる可能性があるということです。

 

一般レベルまで努力するぞと意気込んで取り組むのはとてもいい事ですが、コツコツやらないと後でコケます。

努力は裏切らないではなく裏切らないのは努力だと思います。努力の方向性を間違えると無駄な努力になってしまいますので気を付けてください。

一般レベルで書けることができるくらいの文章力があれば仕事自体は受けることもできます。

 

ライティングは、簡単な仕事から始めると実績もついて良いです。誰でも稼げるというのは半分正解で半分不正解だとも思います。

最初の頃は、クラウドワークスやココナラなどでキャッチコピーなど短い文章の仕事や店舗の名前、Twitterの肩書き、プロフィール作成、関係ないですがスマホで簡単にできるヘッダーの作成、ブログの開設などを初めてみるのもありです。

 

個人的な意見ですが、スマホではなくパソコンを使った方が文章の文字数を稼ぐのに優れていると感じます。ですが、スマホで出来る事は限られています。

 

文章は、誰でも稼げるというのは、半分は正解で半分が不正解だとも思います。

 

ネットでよく見られる広告やYouTubeの動画を見るとスマホやパソコン一台で「これさえあれば簡単に稼げます」「○○歳の私でも月○○万円稼ぐことが簡単にできた方法」という心理学を使った言葉で引っかかる人たちも多いのではないでしょうか?

 

以前のTwitterやInstagram、ネットで情報教材が多く出回っていました。

 

その例をふまえた上で簡単に稼げるという言葉を使った方法とは、

 

「このサイトの下層部にあるボタンにワンクリックするだけでお金はいる」

 

「この文章ファイルを人に渡せばお金が入ってくる」

 

「データのコピー&ペーストするだけでお金が入ります」

 

「スマホやパソコンをつかって月10万を楽して稼げるノウハウを教えます」

 

「紙とボールペンで月○○万円の不労所得した方法を教えます」などです。

 

こういったノウハウを買ってしまうとのちのち、後悔します。

なぜならノウハウマスターとなってしまう可能性があるからです。

 

知識だけがあり行動しない人になってしまうというのもあります。

 

また、人それぞれ「簡単」の意識が違いますので

もしも「お金を簡単に稼ぐこと」ができるのならば、本は売れないのではないでしょうか?本とは、先人たちの考え方=「思考・体験・しくじり」を詰めた。人生を変えることが出来るバイブルみたいなもので、本が売れるというのもそれだけ世の中に需要があるということにもなります。

 

本が売れない=需要がないことにつながります。

 

簡単に文字を書くことができないから、世の中の需要に合わせて、本が売れて、小説家になる人たちや文章を仕事して生計を立てている人達が多いというのが現実です。

 

では、ライティングでどうしてもお金を稼いでいきたい・稼ぎたいと思う人はどうしたいいのか?

それは「いかに人の気を惹かせる文章能力を身に着けるか?」

「相手、読んだ人や読者に対してどんな行動をしてほしいのか」

この記事は、「人の気を惹かせる文章を書く」というコツに関してご紹介していきたいと思います。ぜひぜひ最後まで記事を読んでいただきライティングのコツを身につけていただければ幸いです。

 

ライティングを鍛えあげる方法。

結論から申し上げますと文字を書く=文章っていざ書こうとする難しいです。頭で考えれば考えるほど難しくなる。

「よし書くぞ!!」とやる気を出して机に座りいざ書こうとするとなぜだか?「あれ、書こうとしているのに書けなくなるということが文字を書いている人には多いと聞きます。

理由としては「書く」というワードで頭の中が書く、書こう、書くには、書かなければ、書かないといっぱいになるから書くことが出来なくなるということ。

 

また

アイディア力・インプット=読む・見る力が足らないことで書くことに詰まるというのもあります。

 

アイディアとは、

見た量で決まり何か×何か×何かの組み合わせで世の中はできています。

 

例えるなら、木ですね。

最初は小さな種から月日がたち芽がでてやがて大きな木となり実をつける。

知識を付ければつけるほど木がおおきくなりやがてそれがアイディアという実がだんだんと成長していくという感じでしょうか?

 

後は、秋葉原で会える身近なアイドルAKB48をご存じですか?

AKB48を分解するとこうなります。

秋葉原「身近」×アイドル×写真「握手券」という感じになります。

 

そして新しいものは存在しない。

 

ちょっとだけ新しいと感じるものが世の中に出ている。

 

アイディアが出ないときには、脳を活性化させること。有酸素運動、ウォーキングなどをするとアイディアが出てきたりします。

 

まず、やり方がわからない方は本を読むことをお勧めします。

 

本を読んでインプット&アウトプットをするのも1つの方法です。

 

もしも読んでいて言葉や漢字がわからない場合には調べる癖をつける。

調べた言葉を覚えるためにマーカー、3色ボールペン、付箋をつかうのが良いかと思います。

読むべき本のジャンルになんでもよいと言いたいところですが、自分が好きな小説家さんがいれば大丈夫です。

 

「愚者は経験に学び、賢者は歴史に学ぶ」という言葉があります。

 

有名な人ほど、どんな忙しいスケジュールだろうと少なくとも15~30分以上は本を読む時間を確保して知識を得ています。

 

偉人の話や経営者の本、リベラルアーツ「現代の教養」と呼ばれる。

「宇宙」「病原菌」「工学」「哲学」「宗教」「人類&歴史」などを読むのもよいと思います。

 

一応、具体的な例を挙げていうと、小説が出来上がるまでの工程の話、

思案→作成→編集者→校正・校閲と練るに練られた文章なので話がうまくできています。文章は、編集者・校正を通して本が発売されており文章構成がうまくできています。

要は、「AがあってBがあるからCがあるな」という順番が整っています。

 

私がある研修で習って「確かに!」と思った惹きつけ方があります。

自分の挫折、苦労話を書く、ということです。人は他者の挫折、苦労話に共感するものです。

人って生きていく中で挫折のない人生なんてありません。けど、それは自分ひとりこんなに苦しいのであって、他人はこんなに苦しんでないだろうと思っています。だから、自分と同じような経験を

している人の話しを見たり聞いたりすることで親近感がわき、惹きつけられるのです。

加えて、そこから這い上がった経験を書くことでより、人に希望を抱かせることができます。

こんなに辛い経験でも、なんとか生きていればその先に光は見えてくるものなんだと。

 

後、同じテーマの本を3つほど買って読めば、あなたはその分野においてちょっと詳しいひとになり、テーマを知りたがっている初心者に教える事が出来ます。

もしわからない・そんな小説が好きではないという人は「あぁこの人の文章、きれい、素敵、いいなぁ~」と思う文章を真似するのが一番の近道ですね。

簡単には、うまくならないので毎日コツコツと写経をすることで自然と文章が頭の中で出来てきます。「これは赤ちゃんが親の言葉を聞いてだんだんと言葉を覚えていくことに近いのではないかと思われます」「写経」というのは、インプットとアウトプットを同時に行うことを言います。

要は、本を読んで書いている。

正直なかなか難しいです。

1日1~10ページでもいいので1度チャレンジしてみてください。

他にも似たような意味を持つ「模写」というのがありイラストを目でとらえてそっくり真似ることを言います。

 

「イラスト」の場合

とらえる、見る力=インプット。線を描く=アウトプット

「文章」の場合

読む=インプット。書く=アウトプット

なんか似ていると思いませんか?

そのほかに、「モデリング」ビジネス用語で模写的なものです。

インプットは3アウトプット7の割合で行うといいというのもあります。

後、本を読んだ後は誰かに感想を話すか・本の感想をブログで書く。「本の表紙をネットに載せるのは違反です」そうすることで文章力はついてきます。

SNSを使用した方法も今の世の中において情報発信は有利です。

かわいい声やかっこいい声、渋い声をつかった声優さんやいい声をもつひとたちが読み上げる文章など声に特化した仕事もアリですね。

読み上げるのは、文章となりますのでよいかと思います。

これも文章の仕事に入ります。

 

読みやすくて魅力的な文章とは?

なにかといわれると筋肉と答えますね。

最初は筋肉の無い状態から始まります。

ですが、筋肉トレーニングを積み重ねていく事でより筋肉が発達して膨らんでだんだんと形が変化して成長します。

文章は一度書いたら次の日、一日おきくらいおいて自分の文章を見てみると違いがわかります。文章を直して書いてを繰り返し磨き上げた結果、魅力的な文章になっていると思います。

 

読書で文章を読み、それをアウトプットしていけるようにしましょう。

文章を書くというのは労力と体力を使いますがもしあなたが努力して文章力を身につけたのならクラウドソーシングサイトを使ってみてはいかがでしょうか?

 

結論は最初に持ってくるほうが良い。PREP法

 

「ト書き」「起承転結」「三幕構成」「序破急」「PREP法」など文章構成に従えといわれるひとも多いのではないでしょうか?

セミナーや文章教室、文章の専門学校などで学ぶことやその人のやり方にあったことをいうので、自分のやり方は自分で見つけるしかないのではないかと思います。

結論は最初に持ってくるほうがいい場合もあります。なぜならば、結論を最初に述べる方が、後々の文章構成で楽になるので、読者が飽きずに最後まで読んでもらえることが多い為です。文章が長く引き伸ばされてしまうと読んでいてかなりのストレスなりますし、他人が読みやすいように改行をしてみるのも方法の一つかもしれません。読んでいる途中で読者が挫折してしまうケースも増えて2度と読んでくれなくなります。しかし、最初のうちに結論を述べているので読者に安心感を与えることができ、その後の展開がどうなっていくのか?に興味を持ってもらえることができ、最初に結論を言うことで、その後はなぜそう思うのか。そしてその結論の懸念点を入れて最後に何をするのが望ましいのか。それを書くのがベターです。魅力的なライティングの書き方は人により多少違うものの、具体性がある記事、つまり結論を出すことで、良い記事に仕上げられる可能性がグッと高まるはず。

 

まず記事を書く時には、

ライティングの技術の一つとしてあげられる「PREP法」というのがあります。

 

「PREP法」とは何か?論理的な文章を書くためのフレームワーク「型」のことをいいます。

 

PREPの流れに当てはめて文章を構成していくことで論理的でかつ説得力のある記事が簡単に書くことができるようになります。

ぜひ、マスターしてみてください。

 

「PREP法」について

結論「point」→理由「Reason」→具体例「Example」→結論「point」

それぞれの頭文字を取って「PREP法」といいます。

 

PREP法を習得するための方法は、PREP法を使った文章作成に慣れるためには、PREPの各要素を、それぞれ一行で書きだしていくトレーニングが効果的だと思います。

 

例として

P:結論からいうと私はパンに付けるジャムの中でリンゴジャムが一番大好きです。

R:理由はマーマレード・いちごジャム・ブルーべリージャム、梨ジャム、イチジクジャムどのジャムよりもリンゴジャムは甘くてパンとの相性が良いからです。

E:たとえば、マーマレードをパンに塗って食べたとしてもおいしいとは感じるのですが、一度病みつきになってしまった、りんごジャムにはかなわないのです。

P:したがってリンゴジャムが一番私は大好きです。

このように、PREPをそれぞれの要素を短い文章で書きだします。このトレーニングを繰り返すと、PREPで書く癖が頭と体にしみ込んできます。

このPREP方法は、ビジネスシーンやプレゼンテーション、人と話す際にも有効なのでぜひ使ってみてください。

 

文章の間違いをなくす

文章をかくためには、避けられないこと。文章を仕事にする人にとって一番大切なことかもしれません。それは、誤字脱字をなくすこと。完全にではなく間違いを極力なくすことです。

どんなに偉い人や芸能人が魅力的な文章を書いたとしても、間違いだらけでは記事を見る人はグッと減少してしまいますし、文章の誤字脱字には注目があつまるのは間違いです。もしもミスを発見した時そのショックは計り知れません。後になって修正が不可となった場合。後悔とその責任を負うのは自分自身です。またクライアントとの契約をした時の話をしますとせっかくよく出来た記事を書いたとしても誤字脱字が多いとマイナス評価をくらいます。マイナス評価はライティングの今後の仕事に響きます。あなたに依頼したいという依頼人もその後の仕事もすべて評価で決まります。例えば、評価が☆5のおいしい料理を提供してくれるレストランと星0評価の得体のしれない料理を提供しているレストランどっちがおいしいかわからないですが人は、100パーセントといっていいくらいの確立で☆5のレストランを選ぶと思います。なぜなら、人は失敗したくない、恥をかきたくない。おいしいものを味わいたいという心理においてそういった行動をとってしまうのです。

今現在流行っているところの市場「マーケット」の値段は、高いのか、安いのか。記事にするべき正確な情報を誰よりも早くかいて世の中にだしてしまうビジネスはスピードが命です。あなたの書いた記事に誤字脱字が多ければ多いほどそれだけ多くの損をしてしまいます。

文字単価にもより安ければ安いほどに仕事は受けやすくつながりやすなります。

 

テーマの種類についてもいろいろ書けたほうが得です。特化型ブログもありますがネタのブームが去った時みられることは、なくなります。なかでもSEOに関するテーマを頼まれることが多いです。個人ブログで不労所得を得ようとしている人たちです。「エックスサーバー」や「このはウィング」などサーバーを借りて自分だけのHPを作る事が出来ます。機械がずっと動いてくれるのでブログを訪れた人数に応じてお金が入る仕組みになっています。記事を自分で書くのは大変なので、他のひとに「このテーマで10記事3,000文字以上でお願いします」と依頼する方も中には存在します。他にも重要なのは、タイトル、見出し、どういった内容なっているかなどです。ライターの中には見直しをしない、読み直しをしないという方もいらっしゃいます。もし誤字脱字があったとしても見逃してしまうケースがあります。特にライティングの初心者は気をつけねばなりません。また修正を何度もする可能性がありますので完成後には今一度、読み直しをして間違いがないかのチェックを必ずしてみてください。

最近の若い世代10代くらいはスマホを触る、スマホで何かを作成ということに関してはピカイチでもパソコンで何かを打つ、作成するなどできるひとが少なくなってきています。スマホ1つでなんでも完結できてしまう世の中になってしまいました。日本語で正しい言葉がつかえない人が増えてきている状況に、もしも変換ミスがあり、その結果、文章を間違える誤字脱字が増えてしまうケースが増加傾向にあるもので最初は気にせずにこれも勉強だな~と思いながら1回、記事を作成してみましょう。

誤字脱字を防ぐためには読書量をふやして、少しづつミスを減らしていってください。

最初は1,000文字からはじめてみては?

 

具体的な数字とコピーライティング

読者が気になる記事には、具体的なデータや偉人の言葉などを読ませるため

コピーライティングという書くテクニックが入っており、かつ、信憑性がある記事であれば多少の文章力が低くとも気を惹かせやすくなります。これには読者側が読みたい記事の内容が関係しており記事を見る側の人は、常に、「この記事を読んだらどういう結果になるか?」「なにを具体的に行動すればいいのか?」などなど「答え、解決策また解決方法を求めています。つまり、解決したいことがのっているか、のっていないか、ベネフィット「恩恵」が受けられるようなことを求めているというのがあります。

 

「コピーライティング」とは簡単にいうと「相手」に気を惹かせる、行動してほしいことをつたえる魅力的なラブレターです。

人間を文章で感動させたり、泣かせたり、購買意欲を上げたり、煽ったり、心理学を使ったり脳を揺さぶるというのがコピーライティングの特徴です。

 

コピーライティングには、人間の思考3パターンを意識した具体的な書く順番というのがあります。

 

なぜ?あなたの抱えている問題をすべての回答になぜ?をつける人なぜ?さんです。

 

地球はなぜ?回っている?なぜ?という感じです。

 

なに?ある方法「ノウハウ」

何それ?さんです。

それでなに?で?という感じの人です。

 

どうやって?解決は可能かという順番で作成します。

どうやって?さんです。

え~どうやってやるの?どうやった今の?というひとです。

 

この順番で書くことによりすべての人間の思考パターンを書くことができます。

 

例えば、以下の文章を見てください。

「日本人の何割かはお菓子中毒かもしれない」というある大学の研究結果によりわかったことは、20歳~35歳の男女50人のうち3人に1人はお菓子中毒であるという研究結果がでました。これは、麻薬と同じような禁断症状が現れるようです。このお菓子中毒の恐ろしいさを、あなたは、知っていますか?以前の私もお菓子中毒になっていましたがこの凄いノウハウ使った結果、お菓子中毒という悩みから一気に解放され明るい未来がまっていました。じゃあどうすれば解決できるかあなただけに特別に教えます。

 

以下の3ステップでお菓子中毒とはおさらば

「ステップ1お菓子を食べる量を少なくする」

「ステップ2徐々にお菓子を抜いてみる」

「ステップ3行動しましょう」

 

このノウハウは誰かにおしえてはいけません。笑。

 

よんだら行動してみましょう。

 

例として「数字を入れた普通の文章」

自殺者は年々増加傾向にあり、3万人以上の自殺者がいます。

コロナウイルスにより、その自殺者の割合が3パーセント前後増えることが懸念され、その対策が急務といえるのです。

 

この上の文章は「コピーライティング」というのを使った簡単な文章とちょっとしたテクニックで作成してみました。この文章をみてどう思いましたか?この内容でわかりやすいでしょうか。それともわかりにくいでしょうか?このように「人間の8つの生命の力」

を書くのもありです。

1.「人は生き残りたいのだ」

2.「人は食べ物や飲み物を味わいたいのだ」

3.「人は恐怖や痛みから免れたいのだ」

4.「人は性的に交わりたいのだ」

5.「人は快適に暮らしたいのだ」

6.「人は他人より優れていたい。世の中に遅れを取りたくないのだ」

7.「人は愛する人を守りたいのだ」

8.「人は社会的に認められたいのだ」

 

他に「健康」「人間関係」「お金」に関連することに人はお金を出すのを惜しみません。

それくらい悩んでいる人たちが多すぎるということ。例えば、ダイエットでいうと「あなたが痩せない原因は○○にあります」といったタイトルでわたしかもとおもわせる作戦や1.3.5.7など具体的な数字を文章の中に組み込み、改行して見やすくする。4.2.3.1.5とか弱みを出すところから文章を書きだす。ストーリージャーニー「神話の法則」スラムダンクや北斗の拳など最初は弱かった主人公が成長していくような、ライティング技術のことです。

シンデレラストーリー「昔のわたしは、だめだめだった」「昔の私は太っていた」「昔の私は○○」とこのように「データ」「社会証明」「芸能人の言葉や偉人の言葉」信憑性や説得力のある一言などいれて簡単なステップを踏ませるのがベストになります。

 

ここで大事なのは、マインドセット「成功者の考え方」どのように行動したらよいか、どのように記事を書いたらいいのかの道しるべとなってくれる習慣のことです。

生まれながらに持つ性格や受けてきた、教育、経験、先入観、時代背景など作られたものの見方、価値観、判断基準、信念、思い込みなどさまざまや要素から構成される、思考様式、心理状態などあらわした言葉の事です。

 

このマインドセットは、コピーを書くまたブログをかくひとにとって重要だとおもいます。

ビジネスにおいてほぼ8割はマインドが重要である。

マインドがなければお金を稼ぐことは不可能と年収300万、年収1億、年収250万の人たちが口を揃えていっていましたね。

 

「マインドセット」

1:百パーセント読まない人をいかに読ませるか?

2:百パーセント信じない人をいかに信用させるか?

3:百パーセント行動しない人をいかに行動させるか?

 

さてまとめとなりますが、

本コラムでご紹介した内容をおさらいしましょう。

 

「迷ったならばPREP法をつかえばいい、型のない文章はよくわからない」

 

「文章は確認が大事。誤字脱字は命取り」

 

「ブログや記事の作成にはコピーライティングを使おう」

 

「文章に自信がついたならコピーライターを目指すのもアリ」

 

最後に

無理に文章を意識せずとも人に興味を抱かせるような記憶に残せる魅力的な記事を書くことはあなたの努力しだいで可能です。もし文章力をアップさせたいのであれば、まずは、練習しましょう。コピーライターの人は、写経から始まるそうですので、そこからしっかりと文章を展開していけるようにしてみてはいかがでしょうか?あと、記事の構成に関して実際これだという確実的なものはないですが、読者に説得力を与えられるように、そして、何が言いたいのかをしっかりと訴えられるようになれば、読者があなたの記事に共感して行動してくれる可能性が高いです。

 

個人的な考えも入っておりますがあなたの副業や新しく始めるビジネスを始めたい人にとって今回のテーマ、記事がお役に立てれば幸いです。

 

ゆっくりと努力して積み重ねてがんばってください。

 

この記事を最後まで読んで下さり誠にありがとうございます。

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ