今大流行のTikTokマーケティングのやり方

TikTokとは

みなさまもTikTokという名前を一度は耳にしたことがあるかと思います。TikTokとは、中国にあるByte Dance社が提供しているSNSで、誰でも手軽にShort動画を制作・投稿できるプラットフォームです。主に若い世代を中心に流行の発信源として活用されていますが、そのイメージから「個人の利用のみ」と思っていませんか?実は今、TikTokの活用は企業のマーケティング戦略として効果的な手段の一つになっているのです。
今回は話題のTikTokマーケティングについて詳しくご紹介させていただきます。

 

TikTokはなぜマーケティングに効果的?

TikTokには多くのマーケティング効果があります。まずはTikTokがなぜ企業のマーケティングに効果的なのかを2つご紹介します。

①幅広いユーザー層

TikTokはリリース当初、メインユーザーを10~20代としていました。確かにTikTokはメディアに取り上げられる際に、10代の若者がダンスをしている動画などが取り上げられることが多く「若い人たちのもの」というイメージが強いかと思います。ですが実際には、TikTokユーザーの平均年齢は34歳で、10代から40歳近くまでユーザーがいるということになります。若い世代だけでなく30~40代への広告効果もあるのです。

②ユーザーに嫌悪感を抱かせない広告表示

YouTubeの広告は短くても5秒間広告を視聴しなければなりません。企業にとってはしっかりと広告を流せるのでメリットに思えるかもしれませんが、早く動画が見たいユーザーにとってその広告は「見たい動画の邪魔をするもの」として嫌悪感を抱かれてしまう可能性があるのです。さらに表示回数が多ければ、マイナスなイメージをもってユーザーに覚えられてしまう場合もあります。
しかしTikTokの広告は強制視聴ではなく、ユーザーがスキップしたければいつでも広告をスキップすることが可能なのです。それでは自社の広告を見てもらえないと考えるかもしれませんがそんなことはありません。なぜなら、TikTokの特徴のひとつとして「アプリの起動回数が多い」ということがあるからです。TikTokはShort動画専門のプラットフォームのため、短時間の間にコンテンツが入れ替わります。一通りおすすめ動画やフォロー中の動画を見終わったとしても、1時間も経てば新しい動画に入れ替わるため、頻繁にTikTokを開くことに繋がるのです。そのため、たとえ広告をスキップしてしまったとしても、早ければ数分後には再度その広告を流すチャンスが訪れるのです。

10代~40代まで幅広い年齢層に向けてアプローチができ、広告に嫌悪感を抱かせず、尚且つ広告を見せるチャンスが多いTikTokは他のSNSより効果的にマーケティングを行うことができるでしょう。

TikTokの活用方法

企業のTikTokの活用方法には主に3つの方法があります。

①ビジネスアカウントの運用

これは企業がビジネスアカウントを作成し、運用をする方法です。ほかの二つに比べるとこの方法が一番おすすめです。ビジネスアカウントを開設しフォロワーの分析が可能になることで、ターゲット層や販促方法の見直しができるようになります。自社の商品に興味を持ってくれるユーザーはどんな人たちなのかをよりリアルに知ることができるのです。加えて、投稿した動画に公式サイトや関連サイトを紐づけることも可能な為、視聴後のユーザーをスムーズに商品へと誘導できるのも大きなメリットのひとつです。

②広告の出稿

TikTokには【TikTok For Business】という広告を出稿するためのプラットフォームが用意されています。年齢や性別、動画視聴履歴に基づいた興味関心の高いジャンルなどにフィルタリングをすることが可能です。このプラットフォームを活用することで、アプローチしたいユーザーに的を絞って広告を出稿することができるのです。さらに、TikTokは広告の種類が豊富です。

1.「起動画面広告」

起動時に表示される動画広告です。先ほどご説明したように、スキップされてしまう可能性はあるものの、表示回数が多い為効果的にアプローチすることができます。

2.「インフィード広告」

一般投稿の合間に表示され、表示形式も一般投稿と同じようにいいねやコメントをすることができる形式の為、ユーザーの反応を直接確認することができる広告です。

3.「運用型広告」

一般ユーザーの投稿にブレンドされており、細かなターゲット設定が可能な広告です。

4.「チャレンジ広告」

企業側でテーマになるハッシュタグを用意し、そのハッシュタグを使用した動画をユーザーに投稿してもらうことで自然な拡散や、所謂“バズる”という現象が起こりやすくなる広告です。
この多様な広告方法を活用することで、より効率的に広告効果を得ることができるでしょう。

③インフルエンサーにPRを依頼

これは様々なSNSで活用されている方法ですが、自社の商品のターゲット層に人気のあるインフルエンサーにPRを依頼することで商品の認知度を高めることができる方法です。内容はほかのSNSでの方法と同様ですので割愛しますが、効果を期待できるアプローチ方法のひとつです。

予算や人員に余裕があれば、これらすべての広告方法を活用することは可能です。広告方法によっては費用が多くかかるものもありますが、安ければ数千円から広告を出すことができます。しかしたとえ費用が多くかかったとしても、TikTokマーケティングの期待値や実際の効果はその費用分の価値があると言えるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?TikTokには様々な広告方法が用意されていることに加え、手軽さが魅力であることからもユーザー層はとても幅広く、メリットの多いマーケティング方法です。今まで若い人たちのものと距離を置いていた方も、これをきっかけにTikTokマーケティングを始めてみてはいかがでしょうか。

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ