今だからやるべきtwitter運用

今だからやるべきtwitter運用

 

現代を代表するコミュニケーションツールとして、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)は社会に欠かせない存在となっています。

老若男女問わず利用されているLINEや、流行語大賞にも選出されたInstagramと並び、高い影響力を誇っているのがTwitterです。

多くの企業や有名人がTwitterを使った情報発信を行っていることもあり、多くの人に知られています。

今回は、企業における広報を担当している方に向けて、今Twitter運用をするべき理由についてご紹介いたします。

TwitterってどんなSNS?

普段SNSに触れる機会がない方は、Twitterを選んで利用するメリットが分からない方もいるでしょう。

SNSという媒体はそれぞれ異なる性質を持っており、Twitterも特有のメリットとデメリットを持ち合わせています。

システムや利用者層などの特徴を適切に把握することで、Twitterは非常に低コストかつ効率の良い広告手段として役立ってくれます。

ここでは、Twitterの特徴について詳しく見ていきましょう。

 

他のSNSとの違い

Twitterのメリットとしてまず挙げられるのは、ユーザー数の多さです。

比較されることの多いInstagramのユーザー数が約3,300万人とされているのに対し、Twitterのユーザー数は約4,500万人とされています。

次いで引き合いに出されることが多いFacebookは約2,600万人ですので、相対的にTwitterの多さが一目でわかるでしょう。

ユーザー層の特徴としては、Instagramは女性のユーザーが多い傾向があり、Twitterは男性のユーザーが多い傾向があります。

また、Instagramは投稿に画像を添付することが必須なため、ファッションや美容、グルメなど視覚的に訴求する内容が反響を得やすい傾向があります。

対してTwitterは、全角140文字以内の短文による投稿が基本となっており、エンタメ寄りの話題に向けての反応が多いです。

 

情報の拡散性が高い

システム上の特徴として、RT(リツイート)という機能の存在が挙げられます。

これは自分が感銘を受けた、面白いと思った投稿(ツイート)を第三者のアカウントが再投稿(リツイート)できるシステムであり、すべてのユーザーが拡散者となれる性質を持っているのです。

約4,500万人というユーザー数とRTのシステムが相まって、Twitterは各種SNSの中でもとりわけ情報の拡散性に優れています。

ユーザー層に適切にアプローチすることができれば半自動的に情報が広がっていくため、宣伝広告における有用性が非常に高いのがTwitterの特徴だと言えるでしょう。

 

 

今twitterを運用するべき理由

今Twitterを運用するべき理由として挙げられるのは、SNSにおける宣伝がユーザー層の購買意欲にダイレクトに訴求できるという点です。

Instagramでは写真映えするグルメやファッションに対して「映える」という称賛が用いられ、転じてインスタ映えという言葉が流行語大賞を獲ったことは記憶に新しいのではないでしょうか。

同様に、Twitterでもユーザー層に購買意欲を喚起することが可能です。

女性向けやビジュアルの強いコンテンツ以外は、Twitterにおける宣伝の方が有効に機能することも多くなっています。

以下の項目でも続けて、Twitter運用のメリットを見ていきましょう。

 

認知拡大を狙える

Twitter運用の最大のメリットは、認知拡大です。

SNSはユーザーヘ商品やサービスの情報を知ってもらいやすい場であり、拡散性に優れたTwitterでは幅広い層に情報を届けることができます。

本来のターゲット層とずれていて顧客にするのは難しい層に対しても情報が届くことがあるため、認知拡大と共にユーザー層の拡大も狙っていけるでしょう。
ただし、ユーザー層は30代までの若年層が多くなっており、それ以上の世代に向けたコンテンツの宣伝は想定ほどの効果を期待できないかもしれません。

また、ファッションや美容などの情報はInstagramの方が反応を得やすいため、適切なSNSを活用することが大切です。

 

ブランディング効果がある

続いて大きなメリットとして挙げられるのが、商品やサービス、また企業そのもののブランディング効果を得られるという点です。

ブランディングとはイメージの形成であり、自社の価値観や独自性を知ってもらう活動を指しています。

例えば、アパレル業界において、ハイブランドと呼ばれるブランドは布や縫製の質、デザイン性だけでなく、ブランドとしての歴史やストーリーにも価値があるというブランディングに成功しています。

Twitterにおけるブランディングでは、企業の取り組みを知ってもらったり、親しみを持ってもらうことができます。

双方向のコミュニケーションを取ることも可能なため、フレンドリーな印象を持たれる言動や振る舞いができれば、企業に対して深い親しみを持ってもらうことができるでしょう。

 

若年層にアプローチしやすい

Twitterの利用者層は、比較的若年層が多いです。

大手SNSでは特にFacebookとの差が顕著で、Facebookは40代が中心かつ、TwitterやInstagramと比べて60代以上の利用者が最も多いのが特徴です。

対してTwitterは20代がボリューム層となっており、年代が上がるごとに男性の比率が高まっていく傾向があります。

若年層に限れば男女比も比較的バランスが良く、幅広い層にアプローチしていくことができるため、若者をターゲットに据えたコンテンツの宣伝には非常に有効な手段となってくれるでしょう。

 

 

まとめ

今回は、Twitterの運用に関する情報をお届けさせていただきました。

ユーザーが多いTwitterを利用することで、さまざまな層に商品やサービスを宣伝することができます。

しかし、Twitterは運用を誤ると、その情報の拡散性によって多方面から批判を受ける炎上という状態になってしまうリスクもあります。

企業アカウントを運用していくのであれば不慮の炎上を避けるべく、常識やモラルに則った発言を心がけ、適切な運用を行いましょう。

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ