Web広告とは?種類と特徴 効果を高める運用方法をご紹介 !

Web広告とは?種類と特徴 効果を高める運用方法をご紹介 !

Web広告はインターネットが普及した現代では、非常に有効的に宣伝を行うことができるツールです。

また、一口にWeb広告といってもその種類はさまざまあり、どのような形で運用していくのかによって手法が大きく異なります。

そのため、Web広告を行ったことがない、不慣れであるといった課題を抱えている企業も多くあります。

仮にWeb広告についての事前知識がない状態で広告を出しても、思ったような効果を得ることができない可能性が高いです。

そこで今回はWeb広告の種類や特徴、効果を高める運用方法についてご紹介させていただきます。

 

Web広告とは?

Web広告とは、インターネットなどのWeb上のメディアやメールなどに自社製品の情報を記載する広告を指します。

今まで多くの企業で行われていたテレビや新聞を用いたマス広告では、コストが高いことや行動を促進しにくいといった問題がありました。

しかし、現在は私たちの多くがインターネット上で情報収集や買い物を行うようになりました。

結果として、マス広告よりもWeb広告が消費者に対して行動促進を行うことが可能になったのです。

さらに、マス広告よりもコストが安く、ターゲットを絞った宣伝、アクセス数に応じた効果測定が可能といったメリットもWeb広告の強みといえるでしょう。

これらのメリットは、企業の視点で見ると非常に魅力的なものです。

そのため、多くの企業がマス広告からWeb広告にシフトしているのです。

 

Web広告の種類と特徴

Web広告には様々な種類と特徴があります。

それぞれのWeb広告の特徴を抑えておくことで、自社にどのようなWeb広告が適しているのかを判断しやすくなるはずです。

ここでは、Web広告の種類と特徴についてご紹介させていただきます。

 

リスティング広告

リスティング広告とは、ターゲットとなるユーザーが特定のキーワードを検索した際に広告スペースに広告文を表示する手法です。

この手法は表示されただけでは広告費がかかりません。

広告費が発生するのは、その広告がクリックされた時のみです。

さらに、広告予算を自由に設定することができるため、広告に費用をかけすぎて予算をオーバーするという事態を防ぐことができます。

リスティング広告は、本当にその商品やサービスに興味がある方に対して、低予算かつ効率よく集客できる宣伝手法といえるでしょう。

 

ディスプレイ広告

Webサイトやアプリなどに広告を表示させる宣伝手法をディスプレイ手法といいます。

また、別名バナー広告とも呼ばれています。

先ほどのリスティング広告と似ていますが、ディスプレイ広告の場合は視覚や聴覚に訴える宣伝ができるため、ターゲットの興味を惹くことや購買意欲を促進することが可能です。

また、文字だけでは伝わりにくい商品やサービスの特徴を視覚で分かりやすく伝えることができるため、効果的に宣伝できる手法といえるでしょう。

 

アフィリエイト広告

アフィリエイト広告とは、企業の商品やサービスをアフィリエイターと呼ばれるWebサイトを運営する方が紹介する宣伝手法です。

この宣伝手法の場合は、企業とアフィリエイターだけではなく、双方をつなぐASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)も重要な役割を担っています。

ユーザーがアフィリエイト広告をクリックし、何かしらの条件(購入や資料請求など)を満たした時点で報酬が発生するシステムです。

また、アフィリエイト広告は顕在客をメインとした宣伝手法であり、費用対効果が高く売り上げに直結しやすい宣伝手法として知られています。

 

リターゲティング広告

リターゲティング広告とは、自社のWebサイトを訪れたターゲットを追跡し、一定期間後に別のWeb上で自社広告を表示させる宣伝手法です。

この宣伝手法を行うことで、他社製品と比較検討させることができ、買い忘れ防止などのメリットがあります。

さらに、その商品やサービスに興味がある方を絞り込んで宣伝を行うことができるため、より効果的に宣伝可能です。

ただし、何度も自社商品が表示されることによって、ユーザーからは不快に思われてしまうリスクもあります。

また、リターゲティング広告をブロックするアプリもあるため、思ったように宣伝できないケースもあります。

 

SNS広告

多くの方が利用しているSNSプラットフォームを活用した宣伝手法を、SNS広告といいます。

配信したいユーザーを細かくターゲティングしてタイムラインやストーリーに配信できるため、潜在客を中心にアプローチが可能です。

SNS広告は購入を促す宣伝というよりも、認知拡大や口コミ効果を狙った宣伝です。

また、拡散によって一気に情報が広まる可能性があるため、大きな効果も期待できるでしょう。

 

Web広告の効果を高める運用方法

Web広告の効果を高める運用を行うには、広告の目的を明確にすること、ターゲットを明確にすること、ユーザーの目線で広告を行うことの3点が重要なポイントです。

目的やターゲットを明確にしないまま広告を行っても、広告内容が曖昧なものになってしまいます。

また、曖昧な広告では当然ユーザーの興味を惹くことはできません。

そのため、その広告は顕在客用なのか顕在客用なのか、どの世代のどんな状態の方にどんなことを伝える広告にするのかを明確にすることをオススメします。

また、その広告内容はユーザー目線であることが欠かせません。

ユーザーの思考や行動に注目し、分かりやすく興味をそそられる広告になるような意識も大切です。

重要なポイントを抑え、広告内容に適した宣伝手法を行うことが効果的に広告を行うポイントといえるでしょう。

 

まとめ

今回はWeb広告の種類や特徴、効果を高める運用方法についてご紹介させていただきました。

私たちは多くの頻度でWeb広告を目にする機会があり、将来的にもWeb広告がメインになるかもしれません。

今回ご紹介させていただいたように、Web広告には種類と特徴がそれぞれにあります。

自社製品の特長やターゲットを明確にし、その戦略に適した宣伝方法を慎重に検討することが大切です。

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ