Webデザイナーの仕事内容とやりがい

Webデザイナーの仕事内容とやりがい

 

Webサイトを見る際に、使いやすさや見た目は重要なポイントです。

情報量の多いWebサイトでも使いづらく見にくいサイトは、集客に効果的ではありません。

このようなWebサイトのデザインを専門的に扱う仕事として、Webデザイナーという職業があります。

近年、多くの方は知りたい情報がある場合や買い物をしたいときにWebサイトで情報収集を行います。

そのため、現在Webデザイナーは非常に需要の高い仕事といえるでしょう。

今回はWebデザイナーの仕事内容ややりがいについてご紹介させていただきます。

 

Webデザイナーとは?

Webデザイナーは、Webサイトのデザインを行う人を指します。

ただし、デザインといってもイラストを描くような芸術家のような仕事ではありません。

クライアントが希望する要望のヒアリングを行い、それを反映させてWebサイトを設計していく仕事です。

デザインはWebサイトの見た目だけではなく、情報追加や更新のしやすさ、使いやすさなど実用性にも配慮する必要があります。

そのため、クライアントの希望をそのまま形にするだけではなく、実用性も考えてより良いWebサイトを構築していく技術や知識、感覚が求められる仕事といえるでしょう。

 

Webデザイナーの仕事内容

Webデザイナーはクライアントから依頼を受けた場合、最初にWebサイトのおおまかなレイアウトを決めます。

見た目やブランディングだけではなく、操作性も考慮して、全体の構成を検討していく必要があります。

操作性を考慮したWebサイトの設計には、UI(ユーザーインターフェイス)に関する知識が必要になるため、Webデザイナーにはこれらの知識の習得が欠かせません。

また、おおまかなレイアウトが決定すると、次は装飾や色合い決めです。

配色やアイコンの配置などの装飾には、Photoshopなどのグラフィックソフトを使用します。

ここまでの作業が完了したら、次はコーディングです。

Webサイトを構成する言語を使用して、プログラミングを作成します。

この言語は文章や画像などを表示させるHTML、フォントや文字サイズを指定するCSS、ブラウザの動きに欠かせないJavaScriptなどを用いるため、それらも習得する必要があります。

このような流れでWebサイトをデザインすることが、Webデザイナーの仕事内容です。

また、Webデザイナーはパソコンに向き合っている時間が長いイメージがありますが、実はクライアントとの打ち合わせやミーティングの時間も多くあります。

さらに、クライアントの要望を形にする必要があるため、丁寧なヒアリングが欠かせません。

つまり、Webデザイナーはソフトや言語の知識だけではなく、コミュニケーション能力も求められる仕事なのです。

 

Webデザイナーの魅力

前述のように、Webデザイナーはより良いデザインを製作する感性、サイト設計に関わる専門知識、クライアントの要望を適切にヒアリングするコミュニケーション能力など、幅広いスキルが求められる仕事です。

これらのスキルは働きながら徐々に養われていくため、日々成長を実感できるといった魅力があります。

また、現在はほとんどの会社がWebサイトを運営しているため、需要は非常に高いといえるでしょう。

そのため、スキルを習得しながら実績を積んで実力を身につければ、長期的に活躍できるという魅力があります。

さらに、リモートワークや短時間勤務など、柔軟な働き方を選択できるということも魅力の1つです。

学ぶことは多いですが、自身に能力があれば仕事とプライベートを両立させることも可能です。

このようにWebデザイナーは、豊かな将来設計を行えるというメリットがあります。

 

Webデザイナーのやりがい

仕事を長く安心して続けていくためには、やりがいが欠かせないポイントです。

やりがいを感じることで仕事に対するモチベーションが上がり、それが自身の成長につながります。

ここでは、Webデザイナーのやりがいについてご紹介させていただきます。

 

自身のアイディアを形にできる

Webデザイナーのやりがいの1つに、自身のアイディアを形にできるというものがあります。

Webサイトを設計する際は、クライアントからの要望をそのまま反映させるだけではなく、プロとしてそのアイディアをより良いものにしなければなりません。

そのため、自身の考えをクライアントに伝え、それに対する意見交換を行いながら制作を行っていきます。

このようにクライアントと共にWebサイトを作り上げるということは、他の職業ではなかなかできない経験といえるでしょう。

また、製作したWebサイトに対して、完成後に良い反応や感想をいただけたときは大きな達成感を得られるはずです。

企業の活躍や商品の販売に欠かせないWebサイトは、見やすさやデザインが非常に重要であり、売り上げに大きな影響を与えるコンテンツです。

Webデザイナーは自身のアイディアを形にし、それがクライアントの活躍に貢献できるという大きなやりがいを感じられるといえるでしょう。

 

さまざまな情報を知ることができる

企業や商品のWebサイト製作を行うということは、日々さまざまな情報に接する機会が多くなります。

そのため、さまざまな情報を知ることができるという点も、Webデザイナーのやりがいの1つなのです。

現代では、数多くの企業がWebサイトにて商品のPRや活動報告、イベントの紹介を日々行っています。

WebデザイナーとしてWebサイトの製作に関わっていくことで、多種多様な業界の商品やサービスなどを知ることができるのです。

このような知識は、好奇心旺盛な方にとっては非常に楽しいものです。

さらに情報を多く知ることで、別のプロジェクトでその知識が役立つ可能性もあります。

働きながらさまざまな業界の情報を得られることが、Webデザイナーの面白さでありやりがいといえるでしょう。

 

まとめ

今回は、Webデザイナーの仕事内容とやりがいについてご紹介させていただきました。

Webデザイナーには、他のIT・Web業界の仕事にはないさまざまな魅力があります。

このような魅力は長く働き続けないと気づけない場合もあるので、常にスキルアップやステップアップを意識することが大切です。

これからWebデザイナーを志す方は、事前に仕事内容ややりがいを知って自身にマッチしているかどうかをチェックしてみてください。

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ