webマーケティングにおけるアウトライン
2020年01月08日
outline

Webマーケティングに携わっていく上で、千差万別かつ柔軟なアウトラインは自分自身が発信する場合であっても、クライアント様からの依頼に対しても非常に重要な指針の1つです。細かく分類していけば、サイト設計の段階から、どのような地点をゴールと見定めるのか、もしくは継続的にその分野で収益を挙げていくためにはどのような積み重ねが必要になってくるのか?
 
こういった事業においての流れを予測しにくいのがWebマーケティングにおける課題だとも言えますが、ビジネスとして取り組む以上はアウトラインをしっかりと考えていく必要があります。もちろん、目標とする成果地点に対しての考え方には個人差がありますが、最終的にはどこかで自分自身が納得せざるを得ない現実も、Webマーケティングにおける課題と判断能力の1つだと考えられます。
 

アウトラインを考えることで未来が変化する

 
どんなビジネスにも共通して言えることではありますが、アウトラインを考えることは、その後の選択肢を考えることにも繋がります。Webマーケティングの分野においても、変化に対して適応するのか、それとも過去の経験を活かして新しい事業方向に舵を切ってくのか、といった判断は自分自身の経験と積み重ねによってしか判断することが出来ません。
 
draw
 
ある意味ではマインドセットのような話にはなりますが、Web業界は今後も広がり続けていくでしょうし、マーケットは広がる可能性の方が高いことは確かでしょう。おそらく、今後無数に広がっていくWebマーケットの中で自分自身の立ち位置を定めなければ、業界において迷子になってしまう可能性も充分に考えられます。
 
自分が将来的にどんな場所でどのような対応が出来るのか?また、顧客に対してどのようなベネフィットを与えていけるのか?ということは常々考えなければいけないと感じます。何故なら、現状ではどうしても検索エンジンという大きな存在がWebにおいては支配力を持っているからです。
 

変化が起きる前にチャレンジを増やす

 
現在、一定の成果が出ているという状況にあるのであれば、その成果が変化の渦に巻き込まれる前に新しいことにチャレンジしていくことが大切だと思います。2019年の変動でとあるサイト運営者の方は、メインの収益が出ていたサイトが変動に巻き込まれたことによって収益の90%を失ったそうです。
 
具体的な金額は控えますが、翌年度の税金を心配しなければならないほどの損害であったようです。こういった事例が特に顕著になってきた一方で、生き残っている事業者の多くもリスクヘッジとして新しい分野に参入をしている傾向が見られます。
 
もちろん、新しいことに取り組むにはエネルギーや資金が必要なことも多々ありますが、現在のWeb業界を考えれば「決断力」という思考も1つの武器だと言えるのではないでしょうか?
 

サイトバイアウトという選択肢

 
Webマーケティングの市場を考えると、0という状態を1にするまでが一番大変な時期であり、言ってしまえば無報酬のままリソースを割くことが大きな負担に感じてしまいます。特に、個人などでサイト作成などに取り組まれている人の多くが挫折する理由として最も多いのが「無報酬の期間に耐えられない」ということだと思います。
 
よくわからない迷路をひたすら進んで、出口に検討もつかないような心理状態ですから、挫折してしまう気持ちになっても、それはある意味”正常”だと言えるかも知れません。新しい分野で0からのアウトラインを考えることが難しいという場合には、サイトバイアウトを目的として事業に取り組んでみるのも1つの方法かも知れません。
 
この場合のアウトラインは
 

一定の収益化が出来ているサイトを購入する

サイトに対しての分析・改善を加えて収益の増加を目指す

購入時よりも収益が上がった段階でサイトを売却する

 
単純に言ってしまえば上記のような流れを追うことになります。
 
誰にでも出来ることではありませんが、ビジネスのアウトラインとして考えると、2の「分析・改善」が主な目的になるので、0を1に育てるよりも場合によっては難易度が低いかも知れません。
 
もちろん当たり外れに加えて運にも左右されてしまう世界ですので、「絶対に大丈夫だ!」というものではありませんが、数多くの選択肢を選ぶ時には、こういった考え方もあるということです。
 

アウトラインを考えるメリット

 
Webマーケティングに携わる以上は、多くの場面で判断と選択を求められる可能性が高いです。加えて、今後は回数そのものが増えてくる可能性も高くなってくるでしょう。多くのアウトラインを考えられるスキルを持っていれば、Webの世界は広いですから、自分が活躍出来る場所を見つけられる可能性は必然的に上がります。
 
Web業界の特権とも言えますが、もしもダメだと感じたら、一度その分野から離れることも自由な世界です。
 
繰り返しますが、アウトラインを多く考えられるということは、それだけ自分の選択肢を増やせるということです。苦手な分野に無理やり携わる必要はありませんが、食わず嫌いで選択肢を狭めてしまうことは避けたいと考えています。
 
piman

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ