【ターゲティング精度が神レベル!?】Facebook広告の特徴とは

Facebookは世界中で利用されているSNSの1つですが、皆様はその中で掲載されている広告配信を使った宣伝活動をご存じでしょうか?

Facebook広告は、そのターゲティング精度の高さから、多くの企業が利用している広告媒体です。

今回のコラムではFacebook広告について知りたい方に向けて、概要やメリット、仕組みなどをご紹介していきます。

Facebook広告の導入をご検討中の方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

Facebook広告とは

Facebookとは、全世界で最大規模のユーザー数を持つSNSの1つであり、日本でのFacebook利用者は2600万人にのぼります。

基本的には無料で利用できるサービスなので、企業がアカウントを作成している場合も多いです。

そして、Facebook広告とはFacebookをはじめとした合計4つの配信先で掲載されている広告を指します。

配信先はFacebook、Instagram、Messenger、Audience Networkの4種類で、それぞれの媒体で利用者のターゲット・目的は異なります。

4つの配信先の中でも、InstagramはFacebookのユーザー数を上回る約3300万人が利用しているため、Facebook広告に魅力を感じている企業も多いです。

 

Facebook広告のメリット

ここでは、Facebook広告のメリットについてご紹介していきます。

Facebookは、基本的に実名制を基にしたデータベースを所有しているため、高精度なターゲティングを行うことが可能です。

プロフィールや居住地、趣味、年齢、学歴、関心事などを参考にしながら、最適な広告を表示するようにプログラミングされています。

また、FacebookはユーザーIDを基にして計測しているので、異なるデバイスからのアクセスでもユーザーをベースにした計測が可能であり、ユーザーの購買行動などを正確に追うことができます。

さらに、Facebook広告にはさまざまな掲載形態が用意されているため、広告掲載企業のニーズや目的に合わせて、最適な掲載方法を選択することも可能です。

 

Facebook広告のターゲティング

Facebook広告には、大きく分けて3つのターゲティング方法があり、それぞれの特徴を理解することで、広告の目的に合わせたターゲティングを行えます。

ここからは、その3つの方法について詳しくご紹介いたしますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

コアオーディエンス

コアオーディエンスとは、Facebookに登録されているユーザー情報や、Facebookで投稿した内容、いいねを押した情報などを基準にしながらターゲティングする方法です。

Facebookが実名登録制であることを利用した手法であり、どの情報を選択するかを柔軟に切り替えることができます。

また、ターゲティングに設定する内容は掛け合わせや除外も行うことができ、複数一致にする掛け合わせや、Aは含むがBは含まないという設定など、利用者のニーズに応じて変更できます。

 

カスタムオーディエンス

カスタムオーディエンスとは、オフラインで店舗などに実際に訪れたことがある人や、ウェブサイトにアクセスしたことがある人などに対して、プライバシーを守りながら広告をリーチさせる手法です。

対象となるユーザーの選出には、過去に何かしらの形で広告主に興味を持ったことがあるユーザーを意図的に抽出するため、広告自体に興味を感じてもらえる可能性が非常に高いです。

しかし、顧客情報を扱う場合もあるため、Facebook広告へデータをアップロードする際は注意しましょう。

 

類似オーディエンス

類似オーディエンスとは、既存のソースとなる顧客情報を指定し、その中のユーザーに共通する特徴を探し出し、共通点と一致する部分が多いと判断されたユーザーにリーチできる手法です。

共通点の類似をパーセンテージで指定することもでき、もし5%に設定していれば、類似度の高い上位5%の人々にリーチできます。

パーセンテージが少ないほど類似率は高くなりますが、リーチできる範囲が狭くなる可能性もあるため、母数の大きさによって都度検討しましょう。

また、ソースとなるデータは人数が少なすぎても共通点を探すことが困難になるため、できれば1000〜50000人程度いることが推奨されています。

 

目的に合わせたキャンペーンの種類

Facebook広告で最大限の効果を得るためには、目的に応じた最適な広告を選択することが大切です。

広告の目的は全部で12種類あり、大きく分けると認知・検討・コンバージョンの3種類に分類できます。

まず、認知は広告に表示されている商品やブランド、サービスなどを、より多くのユーザーに知ってもらうことが目的です。

そして検討は、ある程度の認知がある商品などに対して、より深く知ってもらうことが目的です。

最後のコンバージョンは、将来的に達成したい目標に対してより促進したい時に有効的であり、実店舗への訪問やサービスへの会員登録などを促進できます。

 

Facebook広告オークションの仕組み

Facebook広告は掲載したい広告主が大勢存在するため、広告が表示される毎にオークションが発生しています。

同広告枠に出稿している広告の中で、最もそのユーザーに相応しいと判断された広告が実際に表示されています。

判断基準は主に3点あり、1点目は広告枠に対して、広告主が定めた入札単価の金額です。

2点目は、その広告を表示した時に目標としているアクションをユーザーが起こす確率です。

そして3点目は、その広告をユーザーが見た時に、不快感を抱かないか判断される品質指標になっています。

そのため、広告のパフォーマンスに不調を感じる時は、これらの要素を見直してみると良いでしょう。

 

まとめ

今回のコラムでは、Facebook広告についてご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。

ターゲット層が定まっている企業やブランドの場合、広告の設定方法が適切であれば、大きな効果を期待できる広告媒体といえるでしょう。

それぞれの設定方法・広告枠の特徴を理解して、Facebook広告をより効果的に利用してみてください。

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ