今更だけど大事なInstagram広告の出し方と種類
2020年12月21日

人気のSNSというのはどんどん変わっていくものです。少し前まではTwitter一強のような部分がありましたが、今ではInstagramの勢力がかなり強くなっています。もちろん、TwitterとInstagramではユーザーの層が異なるのですが、やはり勢いのあるSNSで広告を出すということは大切です。ここでは、改めてInstagram広告の出し方とInstagram広告の種類についてご紹介していきたいと思います。

 

Instagram広告の出し方とは?

 

まずは、Instagram広告の出し方についてです。Instagram広告はFacebookと同じ管理画面を使うことになりますので、Facebookとのアカウント連携からスタートしていきます。もしFacebookページを持っていない場合には、先にFacebookのビジネスアカウントを立ち上げるようにしてください。Instagramのビジネスアカウントも先に作っておくとスムーズです。

Facebookとのアカウント連携が完了したら、Facebook広告の管理画面、つまりFacebookビジネスマネージャに移動し、広告アカウントの作成をおこなっていきます。権限がビジネス管理者になっていないと広告アカウントの追加はできないはずですので、その点は注意しておきましょう。

いよいよ広告の入稿なのですが、広告設定から広告マネージャへと移動し、入稿作業を進めていきます。「キャンペーン」のタブから「+作成」をクリックして、マーケティングの目的を11の項目から選んでいきます。マーケティングの目的を選んだら、ターゲットの設定をおこなっていきます。どういうユーザーに広告を届けたいのかを考えて、設定をおこなっていきましょう。

ターゲットを設定したら、広告をどこに表示させるのかその掲載場所を指定していきます。Facebookと同じ管理画面ということもあって、Facebookに広告を配信することもできます。「自動配置」と「配置を編集」のどちらかを選択することができるのですが、初めての場合には自動配置で様子を見たほうがいいかもしれません。

続いて、予算と掲載期間を設定していきます。予算は「1日の予算」と「通常予算」から選べるようになっています。そして、Instagram広告の要となってくる広告クリエイティブの設定をおこなっていきます。配信するアカウントと広告形式を選択し、作成したクリエイティブを管理画面にインポートしていきます。

最後に、支払い設定のためにビジネス設定の画面に戻って「支払い」をクリックします。クレジットカードの登録ができたら、「注文確定」をクリックして完了となります。ただし、最後の最後で誤字脱字がないか、クリエイティブが適切なのか、リンク先が間違っていないか、配信アカウントや予算、ターゲットに問題はないかなどを確認するようにしましょう。

 

 

Instagram広告の種類とは?

 

Instagram広告にはいくつかの種類があります。それぞれに特徴がありますので、その特徴を把握した上でInstagram広告の種類を選んでいくようにしましょう。

 

【写真広告】

写真広告というのは、画像1枚とテキストで構成されている広告になります。インターネット上でよく見かける広告とも言えます。この写真広告は、Instagram広告の中でももっとも基本的なスタイルと言えるでしょう。そのため、Instagram広告が初めてという方でも比較的簡単に広告を出すことができるかと思います。どのような商材でも活用できるタイプの広告です。

 

【動画広告】

動画広告というのは、動画とテキストで構成されている広告です。基本フォーマットへ動画クリエイティブを活用した広告配信が可能になるスタイルとなります。特に、今は多くの方がパソコンやスマートフォンなどで動画を視聴していますので、動画広告というのはユーザーの目に留まりやすい傾向にあります。それでいて商材を選ばないというのも魅力になっています。

 

【ストーリーズ広告】

Instagram内でもストーリーズというのは、特に高い人気を誇るコンテンツとなっています。ストーリーズ広告というのは、そのストーリーズ内で配信ができる広告になります。画像でも動画でもどちらでもOKとなっています。一般のストーリー投稿の間に配信されるので、こちらもやはり自然とユーザーの目に留まりやすい傾向にあります。ストーリーズ目当てにInstagramを利用している方も多いため、効果的です。特別に商材を選ぶということはないのですが、女性向けの商材で利用している方が多いようです。

 

【カルーセル広告】

カルーセル広告は、ひとつの広告で10もの画像や動画が配信できて、なおかつそれぞれに異なるリンクを付けることができるという広告です。ひとつの広告で複数のサービスや商品を紹介したいときはもちろん、サービスや商品の特徴を複数紹介したいというときにも便利です。気になるサービスや商品のページへ簡単にアクセスすることができるので、ストレスもそう感じません。通販サイトなどがカルーセル広告を利用しているケースも多いです。

 

【コレクション広告】

コレクション広告は、カタログ式のフォーマットで商品の発見から購入までを促すことができるタイプの広告になります。モバイル画面から効果的にサービスや商品に関する情報を発信することができ、認知から検討、そして購入までスムーズにリードしてくれます。ECサイトやネット通販などの広告でよく使われているタイプです。

 

【発見タブ広告】

発見タブというのはInstagramにおいてフォローをしている相手や「いいね!」をした投稿などに基づいて、まだフォローをしていないアカウントがシェアしたコンテンツを表示するというものです。ユーザーにとっては自分から検索しなくとも自分の興味や関心に基づいた情報と出会うことができます。この発見タブの特定の投稿内へ配信するというのが、発見タブ広告になります。新しい情報を求めているユーザーにアプローチすることができます。

 

Instagram広告は今後にも期待!

 

「インスタ映え」という言葉が一般的になり、Instagramのユーザーもどんどん増えています。Instagramならではのユーザーの傾向といったものは当然把握しておくべきですが、広告を出す上で有効なツールであることには間違いありません。

特に、発見タブ広告などはInstagram広告の中でも新しい種類に分類されますので、発見タブ広告のように新しいInstagram広告の種類が誕生する可能性は大いにあります。Instagram広告の活用はもちろん、その動向もチェックしておくようにしましょう。

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ