ECユーザーがamazonをやるべき理由
2020年07月13日

今はECユーザーもかなり多いでしょう。ECユーザーにとってAmazonというのはひとつの選択肢ではあるのですが、あえてAmazon以外のところを選んでいるという方もいるかもしれません。もしAmazonを使ったことがないのであれば、一度はAmazonを使ってみるべきです。ここでは、ECユーザーがAmazonをやるべき理由についてご紹介していきたいと思います。
 

出品が手軽

ECユーザーがAmazonをやるべき理由としてまず挙げられるのが、出品の手軽さです。何かを出品するといったときにECユーザーであればAmazon以外にも選択肢はあります。ただ、Amazon以外のところだと出店にあたっての審査などがあることも珍しくありません。
審査というのはそれだけでハードルが高いですし、「もし審査に落ちてしまったら……」
と不安になってしまいます。しかしながら、Amazonであればいわゆるオークションサイトやフリマアプリと同じような感覚で利用することができます。というのも、Amazonであれば出品者アカウントを作成すればひとつの商品からでも出品が可能となっているのです。
Amazon以外のところでネットショップとして審査を受けるのとAmazonでオークションサイトやフリマアプリと同じような感覚で出品するのであれば、やはりAmazonでの出品のほうが手軽ですし、始めやすいのです。こういった手軽さというのはAmazonの魅力ですし、だからこそAmazonをやるべきなのです。
 

 

FBAが利用できる

AmazonであればFBAというものが利用できます。FBAというのは「フルフィルメント byAmazon」の頭文字をとったもので、商品や在庫の管理、発送の作業などをすべてAmazonが代行してくれるサービスのことです。手数料はかかるのですが、面倒な部分をAmazonにすべて丸投げすることができるのです。
Amazonで出品するのは本当に手軽です。それこそ不用品をとりあえず売り払うためにAmazonを利用するといったこともできるでしょう。商品の在庫も限られていて、月にポツポツ売れるくらいであればまったく問題はないのですが、在庫が大量にあって毎日のように売れるような状態になるととてもひとりでは対応しきれません。
そういったときに便利なのが、FBAなのです。本腰を入れてAmazonで売っていくという方はもちろん、とりあえず忙しいから副業で始めたいという方にとってもFBAの存在というのは心強いものです。実際に「Amazonでの販売を考えているのであれば、FBAを利用するように」といったアドバイスはインターネット上で多く見られます。
 

とりあえずで始めることができる

ECユーザーにとって、「ここで売る!」と決めるのには勇気が必要になるでしょう。もちろん、それはそれぞれのサイトのハードルの高さも関係してくるのですが、Amazonであればそれこそ「とりあえず」という感覚で始めることができます。とりあえず始めてみて、様子を見るということがAmazonであれば可能なのです。
Amazonには小口出品サービスと大口出品サービスというものがあります。小口出品に関しては毎月商品49点まで販売する方が対象となり、商品ごとに100円+販売手数料がかかります。その代わり、月額料金はかかりません。
この小口出品サービスであれば、Amazonでの様子見というものが十分にできるのです。
もし小口出品サービスで「Amazonで本腰を入れるのもいいかも……」と思えたら、大口出品サービスに切り替えればいいのです。大口出品に関しては毎月商品50点以上販売する方が対象となり、月額固定の4900円+販売手数料がかかります。
さらに、大口出品には一括出品ツール、注文管理レポート、提供する決済方法の種類、独自の配送料金の設定、お届け日時指定の設定、多様の決済方法の提供といった特別機能に加えて、スポンサープロダクト広告、法人向け販売、マケプレプライムといったオプションサービスも用意されています。これらは小口出品にはついていないものです。
とりあえずで始められる小口出品サービスがあって、それで様子を見て本腰をいれるのであれば大口出品サービスといった具合に段階を踏んでいくことができるのもAmazonの魅力です。こういったところもECユーザーがamazonをやるべき理由として挙げられるでしょう。
 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ