誰にも聞けないECサイトの基本
2020年01月14日
ec001

ECサイトに限らず、ネットで見かける解説サイトって難しいですよね。ECサイトについてよくわからないのに、フロントエンド作業をするためには……などと説明されるとももはやそこでポカーンです。そこで、今回はECサイトについて難しい言葉を使わずに解説してみたいと思います。
 
まずはECサイトとは何かについてしっかりと認識するために役立てて頂けたら幸いです。
 

ECサイトとはネット上のお店

 
ではまずECサイトとはなにかの基本について見ていきましょう。
 

ECサイトとはネット上にお店を持つこと

 
ECサイトとはEコマース(Electronic Commerce)を提供するWebサイトのことを指します。そして、Eコマースとはネットを介して行う、モノやサービスの売買のことで、簡単に言えばネット上に売り買いできる場所を持つということです。
 
つまりweb上でお店を持つということです。
 

ECサイトには2種類ある

 
ECサイトには2種類のスタイルがあります。ひとつはAmazonマーケットプレイスやヤフーショッピングなど、大手サイトのシステムを借りて出店する方法で、これをモール形といいます。つまり、ショッピングモールにお店を出す感覚ですね。
 
もう一つは自社サイト型や自立型と言われる形で、これはネット上に自分でECサイトを立ち上げる方法です。いわゆる自分のお店を自分でオープンさせるというイメージです。
 
amazon
 

それぞれのメリットとデメリット

 
モール型と自社サイト型、それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。
 

モール型

まずモール型ですが、自社サイト型と違ってモール型のメリットは何よりも出店とその後の管理が簡単だということです。ものすごく簡単に言えば、登録さえすれば、あとはシステムに合わせて商品を並べれば、販売も決済もすべて元サイトがやってくれるのがほとんどです。
 
しかも、Amazonやヤフーの中にある店ですから、知名度も高くモールの集客力に依存できるというメリットがあります。ただ、そのたくさんの中から選んでもらう努力が必要にもなります。
 

自社サイト型

 
逆に自社サイト型のメリットは、ランニングコストのやすさと自由度です。自分のサイトですから、当然手数料も出店料も払うことはありませんし、サイトをどんなふうにカスタマイズしようと自分の勝手です。
 
また、独立サイトですから競争も激しくなく、価格の融通がききやすい面があります。ただ、こちらの場合は「知ってもらう事、見てもらう事」に広告費用をかける必要があったり、SNSなど無料ツールを駆使する必要があります。
 

ECサイトの仕事って何をするのか?

 
では実際にECサイトの運営とは何をすることなのか。
 

フロントエンドとバックエンド

ECサイトの業務といえば、フロントサイドとバックエンドを知らなければいけません。
 
フロントエンドとは、サイトの表面(フロント)に反映される業務で、並べる商品を考えたり、宣伝の方法を考えたりするも事を言います。そしてバックエンドとは、いわゆる運営業務。サイトの商品を登録したり、受注や発注、発想や決済というサイトの後ろ(バック)で行う業務になります。
 

フロントエンドとは?

 
フロントエンドは『マーケティング』と『マーチャンダイジング』の2つに大別されます。
 
マーケティングとは、これはいわゆる普通の企業のそれと同じで、販促やキャンペーン、広告など、サイトや商品を世の中の人に広めるための業務。ECサイトのSEO対策もこれに入ります。マーチャンダイジングとは商品企画、在庫管理、価格検討のことで、マーケティングで得た情報をもとに行います。
 

バックエンドとは?

 
バックエンドは『商品登録』『受発注』『総合管理』の3つ。
 
「商品登録」業務は、その名のとおりEC祭とで売りたい商品を登録していく作業です。基本的にはマーチャンダイジングによって決まった商品企画や価格に剃ってサイト内に商品を反映させ、消費者が購入できる状態にする作業です。「受発注」業務は配送や仕分け、注文の管理、ほかには顧客応対もここに入ります。「総合管理」はその名の通り総合的にサイトを管理することです。
 
常にサイトを使いやすくしたり、時流に合わせてアップデートしたり等様々な総合的業務を行う必要があります。
 

ECサイトの今と今後

 
ECサイトはいま、どんな状況なのか。
そして、今後どうなっていくかを考えてみましょう。
 

今やECサイトは当然のもの

 
今現在、ECサイトというものはもはや当たり前のものとなっています。それこそ、今から商売を始めようかという人にとっては、実店舗でないとできない仕事を除けば、まず最初に手を付けるのはECサイトです。
 
そして、既存の企業も、ECサイト化はどんどん進んでいます。近年、多くの大型量販店がAmazonなどのネット通販に押されて苦境に陥っていることからもわかるように、今や消費の中心地はネットなのです。
 

より始めやすく続けにくくなる

 
今後はよりECサイトを始めやすい環境がどんどんと整備されていくでしょう。しかし、同時に、ECサイトを使って商売を始める人はかなり多くなっていき、それこそ、店舗をもたないだけ初期投資のかからないECサイトは、その数も膨大になっていくでしょう。
 
さらには、既存の起業もどんどんECサイトをオープンしていきます。競争は自ずと激化し、始めやすく続けにくい状況が生まれてくると考えられます。
 

ネットで商売を始めるイコールECサイト

つまり、ECサイトはネットで商売を始めること、なのです。ネットの世界は、可能性の大きな世界であると同時に不確定要素の多い世界でもあります。しかし、それでも経験が物を言う世界でもあるのです。
 
もし始めようと考えているのならば、いち早く始めることをおすすめします。そして、情報をたくさん仕入れて時流を捉えたマーケティングを行っていくことが肝要です。
 
ec002
 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ