【これでコンバージョン最適化!】動画広告を作る上で押さえておくべきポイント4選
2022年08月06日

 

インターネットの普及により、近年では多くの方がインターネットやSNSで情報収集する時代になりました。

このような状況の中で、動画サイトやウェブサイト、SNSなどで動画を用いて商品やサービスをPRする動画広告が注目されています。

動画広告は情報をまとめて発信するため、視聴者に伝わりやすいという魅力があります。

また、印象に残りやすいため、高い宣伝効果が見込めるのです。

このようなメリットがあることから、多くの企業が動画広告に力を入れ始めています。

そんな動画広告ですが、ただ動画を作ってPRをすれば高い効果が得られるという訳ではありません。

動画広告には、押さえておくべきポイントがいくつかあります。

それを考慮しない動画広告を作った場合、逆効果になってしまう危険性があるのです。

そこで、今回は動画広告を作る上で押さえておくべきポイントを4つご紹介させていただきます。

 

動画広告を作る最初のステップは構成づくり

動画広告では、ただ単に商品やサービスの情報を流すのではなく、いかに視聴者の興味を引き、効果的なPRができるかということが大切になります。

そのためには、構成づくりが非常に重要なポイントです。

動画広告を作る場合、最初にターゲットを設定します。

ターゲットを設定する場合には、性別や年齢、趣味や好み、居住地などを細かく定める必要があります。

次は、設定したターゲットに好まれるようなメッセージの設定です。

例えば、価格をメインにする場合には「無料」や「他社より安い」、効果をメインにする場合には「〇〇が改善された例がある」、斬新さをメインにする場合には「日本初上陸」などのキーワードです。

ここまで設定できれば、動画の中でターゲットに対して、効果的なキーワードが効果的なタイミングで伝えられるような構成を検討します。

動画の構成は、主に「冒頭」「メイン」「結末」「アクション」に分類できます。

「冒頭」で商品やサービスの簡単な解説、「メイン」でメリットや魅力を具体的に解説、「結末」でなぜ今購入する必要があるのかの動機付け、「アクション」で顧客獲得のための訴求を行う、などのように順序立てた構成が望ましいでしょう。

ターゲットやキーワード設定、構成づくりのどれか1つでも崩れてしまうと、広告動画の効果が薄れてしまいます。

そのため、戦略性のある広告には構成づくりが非常に重要なポイントなのです。

 

動画広告は冒頭が命

前述のように動画の構成は4つに分類できますが、その中でも「冒頭」は非常に重要です。

動画広告が再生された際に、冒頭が面白くない、興味をそそられないものであった場合、視聴者はスキップや離脱してしまいます。

結果として、せっかく作った動画広告がほぼ見られないものになってしまうのです。

ここでは、動画広告における冒頭の重要性と、冒頭で注意すべきポイントについてご紹介させていただきます。

 

インパクトを意識した冒頭

動画広告では、冒頭の2秒が重要であるとされています。

2秒のうちに視聴者の注意を引く内容、インパクトのある演出、思わず見たくなる雰囲気が必須です。

例えば、設定したターゲットへの訴えかけも効果的な手法です。

「ダイエットにお困りのそこのアナタ!」や「成績に悩む学生の皆さん!」などのように、冒頭でターゲットに呼びかけをすることで注意を引けるでしょう。

注意を引ければ、ターゲットが冒頭でスキップしたり離脱したりすることを防げるため、動画を見てくれる確率も上がります。

このように、冒頭は非常に重要なポイントであるため、動画広告を作る際には特に注意しましょう。

 

飽きさせない動画

動画広告は、ターゲットとなる視聴者に対して何度も再生されるものです。

そのため、1度再生したことのある視聴者ほど、冒頭ですぐにスキップしてしまう可能性があるのです。

動画を作る際には、冒頭で視聴者を飽きさせない工夫を忘れてはいけません。

例えば、冒頭箇所だけいくつかバリエーションを増やしておくことです。

動画広告を何種類も作ると、それだけで費用がかかってしまいます。

しかし、冒頭だけであれば費用を大幅に抑えられるでしょう。

冒頭を小まめに変えることで、視聴者が飽きることを避けられます

動画広告は飽きられると、その後は再生されなくなるため、このような工夫を行いましょう。

 

伝わりやすい動画を意識する

動画広告は、音声による聴覚的な情報伝達が可能です。

それは、文章による視覚的な情報伝達よりも視聴者が負担なく情報を得られる方法です。

ただし、聴覚的な情報伝達には弱点があります。

例えば、難しい言葉や聞きなれない言葉を動画内で用いる場合、聞き間違えや聞き流しが発生する可能性があるのです。

普段耳にする言葉であればすんなり聞いて理解することができますが、難しい言葉や聞きなれない言葉では理解するのに時間がかかるため、動画に集中できません。

その状態が続けば、動画は再生したものの情報は頭に残っていないという状態に陥る可能性があります。

それを防ぐためには、動画内にテロップを入れることをオススメします。

テロップを入れることで、聴覚と視覚で情報を得られるようになるため、より情報が伝わりやすいでしょう。

このように、より効果的な情報の伝え方を考慮した動画づくりが大切なのです。

 

具体的なアクションを明確にする

動画内で具体的なアクションを明確にすることも押さえてくべきポイントの1つです。

どんなに商品やサービスを上手にPRしても、ゴールとなる具体的なアクションを提示していなければ、視聴者はただ動画を見るだけで終わってしまいます。

「購入希望の方はこちらをクリック」や「今月末までのお申し込みで、今だけ半額」などのように、その商品やサービスを利用するためにはどのように行動するべきかを提示し、行動を促しましょう。

具体的なアクションを明確にしているかどうかによって、動画広告の効果が大きく異なるといえるでしょう。

 

まとめ

今回は、動画広告を作る上で押さえておくべきポイントを4つご紹介させていただきました。

動画広告でのPRを成功させるためには、ターゲットを明確にしてターゲットを引き込むことを意識し、具体的なアクションをさせるところまで誘導するといった戦略が求められます。

そして、ポイントを押さえた動画づくりを行うことで、非常に高い効果が見込めるでしょう。

また、興味をもってもらえる動画づくりのためには、視聴者の立場に立った考え方が大切であるため、意識するようにしましょう。

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ