動画マーケティングとは?採用〜営業まで全てをこなす最強武器になるマーケティング手法
2022年07月29日

近年では、新型コロナウイルスの影響により、感染拡大防止のために人との接触を極力避けるような生活になりました。

その影響により、接客や営業の手法も大きく変化せざるを得なくなったのです。

このような状況の中で、動画マーケティングという手法が現在注目されています。

動画マーケティングは、採用から営業まで幅広い分野で活用できる新しいマーケティング手法です。

現在では、多くの企業が動画マーケティングを取り入れようとしています。

しかし、動画マーケティングとはどんなものかについて、詳しく知らないという方もいらっしゃるでしょう。

そこで、今回は動画マーケティングについてご紹介させていただきます。

 

動画マーケティングとは?

動画マーケティングとは、アニメや映像のような動画コンテンツを活用して宣伝や集客、販売戦略を行うマーケティング手法を指します。

動画コンテンツにより商品やサービスの宣伝を行い、認知度を高め、顧客獲得の促進などを行います。

近年では5Gの登場により、通信環境が進化しました。

そのため、幅広い世代がスマートフォンを通じて気軽に動画を楽しめる時代になったのです。

これまではマーケティング活動といえばテレビCMが主流でしたが、このような時代の流れにより近年ではウェブ上における動画マーケティングへとシフトしつつあるのです。

これまでのマーケティングとは手法が大きく異なるため、未知な部分はあるものの、うまく活用すれば大きな効果が得られるといえるでしょう。

 

動画マーケティングの強み

前述のように、動画マーケティングは活用次第で大きな効果を得られます。

しかし、うまく活用するためには強みを知っておく必要があります。

強みを知らなければうまく活用することはできません。

ここでは、動画マーケティングの強みについてご紹介させていただきます。

 

膨大な情報量を伝えられる

動画マーケティングの強みの1つとして、限られた時間で膨大な情報量を伝えることができるという点が挙げられます。

情報伝達量を比較すると、文章よりも動画で伝える方が圧倒的に多くの情報を伝えることが可能です。

動画では文章では伝えきれない細かいニュアンスまで伝えられるため、商品やサービスを効果的にPRでき、理解度を深めることもできるでしょう。

また、動画は視聴者の印象に残りやすいこともメリットです。

ある研究では、人は文章で得た情報よりも動画によって得た情報の方が記憶に残りやすいというデータがあります。

つまり、動画マーケティングによるPRを行うことで、商品やサービスに関する膨大な情報を伝達できるだけではなく、記憶に残る情報伝達が可能になるのです。

 

宣伝効果を検証できる

動画マーケティングは宣伝効果を検証できるという強みもあります。

動画の再生時間やスキップされた時間、購入率など細かい情報を得られます。

このような宣伝効果の検証は、従来のテレビCMではなかなかできなかったことです。

検証することにより、宣伝手法の見直しや宣伝動画の改善などを行えるため、より視聴者の心を掴む宣伝へと進化し続けられます。

効果的な宣伝には試行錯誤が欠かせません。

そして動画マーケティングは、試行錯誤しやすい宣伝手法なのです。

 

拡散される可能性がある

宣伝内容が視聴者の好みにあう場合や、心を掴んだ場合には、SNSなどで拡散されることもあります。

拡散されることにより、非常に多くの方が動画を目にすることとなり、爆発的に認知度が上昇するでしょう。

また、拡散されたことが話題になれば、大手メディアに取り上げられる可能性があります。

このように、動画マーケティングを行うことで、想定以上の宣伝効果を生み出す可能性があることも、大きな強みなのです。

 

動画マーケティングの活用方法

動画マーケティングの強みを活かすためには、活用方法の検討も必要です。

それぞれの場において適した活用方法を選ぶことで、より大きな効果を発揮するでしょう。

ここでは動画マーケティングの活用方法をご紹介させていただきます。

 

SNSでの活用

SNSは、最近では若者だけではなくシニア層も多く利用しています。

一口にSNSといってもその種類はさまざまあり、SNSごとにメインとなるユーザー層が異なります。

そのため、マーケティングを行う上で欠かせないターゲティングが比較的容易です。

また、動画や画像に特化している、匿名性が低く企業としてPRがしやすい、幅広い世代が利用しており認知拡大に適しているなど、SNSによって特徴があるため目的に応じた動画マーケティングが可能です。

SNSで動画マーケティングを行う場合、商品やサービスの認知拡大や購買促進を目的とされます。

ただし、SNSを利用する場合に無音で再生する視聴者が多いため、音がなくても伝わりやすいテロップを入れるなどの工夫を忘れてはいけません。

また、SNSは主にスマートフォンで利用するため、縦長に適した動画制作を心がけましょう。

SNSは視聴者の心を掴めば拡散される可能性が非常に高いため、ターゲットの好みにマッチするようにトレンドを意識することをオススメします。

 

WEBサイトでの活用

WEBサイトで動画マーケティングを活用する場合、企業のホームページ上での会社紹介や施設紹介、商品紹介や採用情報などに用いられます。

この場合には、企業や施設のブランディングや営業ツール、採用のための事業説明として活用できます。

WEBサイトで活用する場合には、ポジティブな印象が残る動画を制作しましょう。

また、分かりやすい内容であることを意識する必要もあります。

もし、動画の中で専門用語が多かったり、分かりにくい話し方であったりした場合、動画の途中で見るのをやめてしまう可能性があります。

誰が見ても分かる内容にするために、極力専門用語は避けて簡単な言葉に置き換えるなどの工夫が大切です。

そして、動画の中では雰囲気作りも重要なポイントです。

企業としての誠実さをアピールしようとすれば重い雰囲気の動画になるものの、明るすぎるとふざけているという印象を持たれてしまいます。

そのため、その中間を意識した雰囲気作りをしましょう。

 

まとめ

今回は、動画マーケティングについてご紹介させていただきました。

動画マーケティングは、採用から営業まで活用できる便利なツールです。

これまでにはない手法であるため、まだまだ多くの企業が様子見している状態です。

しかし、今後動画マーケティングは延びる可能性を秘めているため、参入を検討してみることをオススメします。

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ