【今は動画時代】TikTok広告の今までとこれからについて
2022年07月25日

15秒から1分程度のショート動画を製作・共有できるプラットフォームであるTikTok。

2016年以降に10代を中心に人気が広まり、現在では全世界で約8億回のダウンロード数を誇るまでに成長しています。

TikTokは音楽に合わせてダンスを踊る動画から、アプリに用意されている特殊効果を用いたユニークな動画など、多種多様な動画が日々投稿されています。

そんなTikTokですが、実は2020年より運用型広告がスタートしたことで、プロモーション施策のために多くの企業が注目しているのです。

また、そのようなTikTokで運用されている広告をTikTok広告といいます。

そこで今回は、TikTok広告の今までとこれからについてご紹介させていただきます。

 

TikTok広告とは?

TikTokを利用している際に流れる広告であるTikTok広告には、いくつかの種類があります。

1つ目はTikTokのアプリを起動した際に表示される広告「起動画面広告」です。

起動後3~5秒間、画面全体に広告が表示されるため、多くの利用者の目に留まります。

そのため、認知度向上に効果的な広告手法といえるでしょう。

また、広告内において外部URLの添付も可能であるため、広告を見て興味を持った方を自社サイトへ誘導することもできます。

起動画面広告を活用すれば多くの方にPRできますが、この広告を打ち出せるのは1日1社限定であるという弱点もあります。

また、該当者は申し込みの先着順で決まるため、急ぎで広告を出したい企業には向いていません。

2つ目は「ハッシュタグチャレンジ広告」です。

SNSで多く利用されているハッシュタグを、企業のPRに活用する広告手法です。

この手法では、企業アカウントがハッシュタグと一緒にチャレンジ動画と呼ばれる動画を投稿します。

これを見た利用者が同一のハッシュタグを用いて動画を投稿することで、ブランドの認知力を向上させます。

利用者がハッシュタグを自ら拡散することで、訴求力のある情報を多くの方に届けるという手法なのです。

3つ目は、おすすめの投稿のページに企業の宣伝動画を表示させる「インフィード広告」です。

TikTokにおいて「おすすめの投稿」は、多くの利用者が活用しています。

インフィード広告では、多くの利用者が活用する場に広告を表示できるため、大きな宣伝効果を期待できます。

また、インフィード広告は通常に投稿された動画と変わらないため、コメント・シェアを行えるのです。

そのため、広告を通じて興味を持った利用者からのフォローや拡散といった副次的な効果にも期待できるでしょう。

このように、TikTok広告にはさまざまな種類があるため、自社に適した手法を検討しましょう。

 

今までのTikTok広告について

TikTok広告への参入を検討する際は、これまでのTikTok広告がどのようなものであったかを知ることが大切です。

それを知ることで、全体の流れを把握することに役立つでしょう。

ここからは、今までのTikTok広告についてご紹介させていただきます。

 

若年層をターゲットにしたTikTok広告

TikTokの特徴の1つとして、投稿のハードルが低いというものがあります。

TikTokでは、大手動画サイトのように専門的な動画編集技術・面白い動画を考える企画力はあまり求められず、既にあるものに対して、どのように自己表現するかという点が大切になります。

そのため、学生を中心とした若年層も気軽に投稿でき、この世代からブームが起こっているのです。

また、TikTok広告ではコンビニで販売されているチキンやチョコレートなどのお菓子のような、若年層に好まれる商品が多くPRされていました。

これらの商品はハッシュタグチャレンジ広告によって拡散されたものも多く、広告として成功した事例が数多く存在します。

このように、今までのTikTok広告はメインユーザーであった若年層をターゲットにしたものが多かったといえるでしょう。

 

これまでにない広告手法

既に購入の意思がある顕在客、もしくは将来的に購入の予定がある潜在客でなければ、広告を打っても効果がありません。

また、従来の広告では潜在客や顕在客をピンポイントで見つけることが非常に困難でした。

しかし、TikTok広告では高精度なターゲティングや利用者の視聴コンテンツをもとにした広告を選別できるため、これまでにない広告手法として注目を浴びていたのです。

また、企業の投稿した動画をもとに利用者が動画を投稿・拡散するなど、本来は広告を一方的に受けとる利用者が広告に参加するという状況になったのです。

結果として、これまでの広告の常識が打ち破られ、数多くの可能性を見出しました。

 

TikTok広告のこれから

現在勢いのあるTikTok広告ですが、今後はどのように発展していくのでしょうか?

企業として参入を検討する場合は、今後の動向について予測を立てることが大切です。

ここでは、TikTok広告のこれからについてご紹介させていただきます。

 

ターゲットを絞ったTikTok広告

現在のメインターゲットである10代の若年層は、趣味や関心の多様化が進んでいます。

そのため、以前の「学生は〇〇に興味を持つ」という考え方が通用しなくなりつつあります。

利用者一人ひとりに対して、どのようなことに興味・関心があるのかを分析し、それに応じてターゲットを絞ることが重要になるのです。

現在存在する数多くの広告手段には、利用者が好む広告を自動で選別して表示する機能が備わっています。

また、興味のない内容であれば今後同じ広告を表示させないようにするなどして、精度を高めています。

今後のTikTokにおいても、このような分析とそれを参考にしたターゲットの選定がポイントになるといえるでしょう。

 

利用者層の拡大

TikTokの利用者は年々増加しており、利用者層も徐々に広がりを見せています。

現時点では10代の若年層が最も多いものの、26歳以上の利用者数の割合も高くなっているのです。

さらに、今後はシニア層にまで利用者層が広がっていくと考えられています。

これまでのTikTok広告は10代の若年層にターゲットを絞ったものが多くみられましたが、今後は各世代のニーズに応じた広告を打つことが求められるといえるでしょう。

そのため、グルメや旅行、お酒やファッションなど、幅広い年齢層に合った多種多様なジャンルをカバーすることが大切です。

TikTokは利用者層が拡大している背景からもわかるように、これまでとは違った形で進化を続けていくでしょう。

 

まとめ

今回はTikTok広告の今までとこれからについて、ご紹介させていただきました。

若年層が楽しみを共有する場であったTikTokですが、現在は広告にも活用することができます。

利用者層が拡大したTikTokは、各世代のニーズに応じた広告の作成と、個人それぞれの趣味・嗜好に適した広告の配信が求められるようになるのです。

まだ発展途中であるTikTok広告は今後もさらなる進化が見込めるため、ぜひ参入を検討してみてはいかがでしょうか?

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ