【広告媒体で一番即効性がある??】リスティング広告の特徴とやり方
2022年07月22日

リスティング広告は、インターネット上で広告の掲載を検討している方であれば1度は聞いたことがあるのではないでしょうか?

リスティング広告の仕組みを理解して、マーケティングに上手く活用することができれば、多種多様なジャンルの商品・サービスを効果的に販促することができます。

そこで今回のコラムでは、リスティング広告の特徴とやり方についてご紹介いたします。

リスティング広告を検討されている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

リスティング広告とは

リスティング広告とは、ユーザーが検索エンジンで入力したキーワードに応じて、検索結果画面に広告を表示させる手法です。

リスティング広告は、検索連動広告・キーワード広告・サーチワード広告・ペイドリスティングなどと呼ばれることもあります。

主に国内でリスティング広告が掲載されている媒体は、GoogleとYahoo!ですが、日本国内で利用されている検索エンジンの約8割がGoogleであるため、まずはGoogle広告の利用を検討してみましょう。

また、リスティング広告が掲載されている場所は検索結果の上下が多く、掲載内容はテキスト形式のものが多いです。

ただし、Google広告にあるショッピング広告を利用すれば、画像も載せることができます。

 

リスティング広告のメリット・デメリット

ここからは、リスティング広告のメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

まず1つ目のメリットは、購買意欲が高いと思われるユーザーにアプローチすることができる点です。

リスティング広告は検索キーワードと連動させて、ユーザーが最も関心がありそうな内容の広告を表示させることができるので、効率良くコンバージョン率を上げられます。

2つ目のメリットは、即日配信を開始できることです。

リスティング広告には、専用の入力フォームが用意されているので、案内に沿って入力することで簡単に広告を配信開始できます。

広告掲載媒体との打合せなどが必要ないため、掲載内容が決まっていれば、すぐに始められます。

そして、デメリットの1つ目は視覚的なアプローチができないことです。

ショッピング広告を除いて、リスティング広告は文字での広告掲載になるため、ビジュアルで訴えかけるような広告には向いていません。

2つ目のデメリットは、インターネットの広告に慣れているユーザーのクリック率が低いことです。

リスティング広告は掲載されている場所が固定されているので、インターネットの利用に慣れているユーザーは広告を無意識にスルーしている場合があります。

そのため、広告内容が魅力的でも、ユーザーに訴求できないケースも多々あります。

 

リスティング広告のやり方

ここからは、リスティング広告のやり方についてご紹介します。

今回はGoogle広告でのやり方を例にご紹介しますが、Yahoo!検索広告でも基本的な流れは同じなので、ぜひ参考にしてみてください。

ちなみにリスティング広告のやり方は主に3ステップであり、ステップ1が広告アカウントを開設すること、ステップ2が配信条件を設定すること、そしてステップ3が広告文を作成して配信することです。

 

広告アカウントを作成する

まずは、広告アカウントを作成します。

Google広告で検索すると、専用サイトが表示されるので、そのサイトにアクセスして今すぐ開始をクリックします。

画面の案内に従って必要情報を入力すると、アカウントを作成可能です。

Google広告では料金を支払う必要があるため、請求書等を受け取る際に都合の良いアカウントを作成することをおすすめします。

 

配信条件を設定する

次に、広告の配信条件を設定しましょう。

アカウントの作成が完了したら、管理画面の左にあるキャンペーンをクリックし、画面中央に表示されている+をクリックします。

新しいキャンペーンを作成という選択肢をクリックすると、キャンペーンの目標を選ぶ画面に進みます。

ちなみにキャンペーンとは、Google広告内における広告の名称・単位のことです。

目標は全部で7種類あるため、広告の目的に合わせて選ぶようにしましょう。

その後、キャンペーンの設定画面が表示されるので、配信期間や地域、予算、入札単価などを入力して設定を完了させます。

 

広告文を作成・配信する

最後に広告文を作成して、配信を開始させます。

入力フォームにはプレビューが表示されるので、それを参考にしながら調整しましょう。

広告文に入力できる文字数には制限があるため、短く簡潔にユーザーの行動を促すようなフレーズを盛り込むことが効果的です。

また、広告文に他社が商標登録を出しているフレーズが含まれていると、配信の許諾が下りないため、広告文の内容は事前に精査しておくようにしましょう。

 

リスティング広告を成功させるコツ

リスティング広告を成功させるには、3つのコツがあります。

まず1つ目のコツは、自社独自のキーワードを見つけることです。

リスティング広告では、普遍的なキーワードに設定しておくと競合他社が多く存在しているため、広告効果を十分に得ることができません。

そのため、自社だけが使っているようなキーワードを見つけることが非常に重要です。

2つ目のコツは、魅力的でインパクトのある広告文を作ることです。

リスティング広告は主に文字だけなので、ユーザーの購買欲を刺激できるような広告文を作成することが欠かせません。

そして3つ目のコツは、素早く分析して広告を改善することです。

リスティング広告は、リアルタイムで広告の成果を管理画面で確認することができます。

そのため、仮に広告へのリーチ率が低い場合は、広告文や設定を再検討してみましょう。

 

まとめ

今回のコラムでは、リスティング広告についてご紹介しましたが、参考になりましたでしょうか。

リスティング広告は、配信条件や広告文をターゲットに最適な状態に設定することができれば、効果的な結果を得られるはずです。

リスティング広告の特徴や仕組みを適切に理解して、売上につながるように運用しましょう。

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ