フロントエンドエンジニアの仕事内容とやりがい
2022年07月15日

 

IT・Web業界を支えるエンジニアは、フロントエンドエンジニアとバックエンドエンジニアに分類することができます。

前者はユーザーの目に直接触れる箇所を手がけるエンジニア、後者はソフトウェアなどの内部処理に関する箇所を手がけるエンジニアです。

近年では多くの方がエンジニアを志すようになりましたが、どちらの仕事を行いたいか迷っている方もいらっしゃるのではないでしょうか?

そこで今回はこの2つの仕事のうち、フロントエンドエンジニアの仕事内容とやりがいについてご紹介させていただきます。

 

フロントエンドエンジニアとは?

技術の発達により、IT・Web業界は日々複雑化しています。

また、複雑化した現場での混乱を防ぐために、業務内容も細かく分類されるようになりました。

結果として生まれたのが、フロントエンドエンジニアという仕事です。

フロントエンジニアを志す際は、具体的にどんな仕事をしているのか、必要なスキルなどを知っておくと参考になるでしょう。

ここでは、フロントエンドエンジニアの基本情報をご紹介させていただきます。

フロントエンドエンジニアってどんな仕事?

フロントエンドエンジニアとはWebサイトやアプリケーションにおいて、ユーザーへ表示するような直接目に見られる箇所(フロントエンド)を担当するエンジニアのことです。

WebサイトやアプリケーションでのデザインはWebデザイナーが担当し、JavaScriptやHTMLなどの言語による実装を行う仕事ではありますが、プロジェクトによってはデザインや企画に関わることもあります。

そのため、技術だけではなくデザインを行う感覚も養う必要があるなど、幅広い知識・技術が求められる仕事といえるでしょう。

 

フロントエンドエンジニアの仕事内容

フロントエンドエンジニアは、主にHTMLとCSSによるコーディングやJavaScriptでの開発を行う仕事です。

また、UI/UXやSEOの知識、デザインに関する感覚も求められます。

場合によってはデザイナーが作成した成果物に対して、修正案の提示をすることもあるのです。

他にもフレームワークやライブラリの実装、バージョン管理、デバック作業など、フロント箇所の設計からプログラミングまで柔軟な対応を求められる仕事です。

 

フロントエンドエンジニアに求められるスキル

フロントエンドエンジニアには、Webサイトやアプリケーションの見た目の作成に欠かせないHTMLやCSSなどのマークアップ言語が欠かせません。

また、デザインを作成するためのデザインフレームワーク、ブラウザ上で動作するプログラミング言語であるJavaScriptなどの技術も必要不可欠です。

他にもテキストや画像などの保存・管理を行えるCMS(コンテンツ・マネジメント・システム)や、ユーザーの目に見えない箇所で動作するバックエンドなどのシステムを使いこなすスキルも求められます。

技術や知識だけではなく、チームで仕事を行うフロントエンドエンジニアには、コミュニケーション能力や協調性も欠かせません。

プロジェクトを円滑に進めていくためには、クライアントや社内メンバーと連携することが大切です。

このように、フロントエンドエンジニアに求められるスキルは多岐にわたるといえるでしょう。

 

フロントエンドエンジニアのやりがい

フロントエンドエンジニアを志す方は、仕事のやりがいが気になるのではないでしょうか?

仕事を行う上で、モチベーションを高く保つためのやりがいは重要な要素です。

特に、常に技術や知識を吸収し続けなければいけないフロントエンドエンジニアでは、やりがいを見失ってしまうと成長が停滞してしまいます。

ここでは、フロントエンドエンジニアのやりがいについてご紹介させていただきます。

 

仕事が目に見えやすい

エンジニアの中でも、ユーザーの目に見える箇所を担当するフロントエンドエンジニアの作業は、成果物の反応を直接耳にできる機会が多いです。

成果物に対して「使いやすい」「見えやすい」などといった評価をいただけることは、フロントエンドエンジニアにとって大きな喜びになるでしょう。

一方で「使いにくい」「見えにくい」といった悪い評価の場合でも、自身の成果物を見返して成長につなげることができます。

このように、目に見える仕事は真っ先に評価の対象になるため、やりがいを感じやすいといえるでしょう。

 

スキルを磨くことができる

フロントエンドエンジニアとして活動する際は最新の技術やツールを学び、それを活用することで、より効率的かつ高品質な成果物を製作できます。

このような技術やツールは常に変化し続けているため、変化に応じて知識や技術を吸収し続けなければ身につけることができません。

フロントエンドエンジニアを続けていると、最新の技術やツールに接する機会が多くなるでしょう。

このような機会が多くあれば、自身のスキルをスムーズに向上させられるのです。

また、スキルを磨くことにより、多種多様なプロジェクトで活躍できる人材として成長することも可能です。

実際に、スキルを磨き続けたフロントエンドエンジニアが独立するということも珍しくありません。

仕事を行いながらスキルを磨き、それが自身の大きな成長につながるため、確かなやりがいを感じることができるでしょう。

また、スキルを磨いて仕事の幅が広がっていくことも、フロントエンドエンジニアのやりがいといえるでしょう。

 

まとめ

今回はフロントエンドエンジニアの仕事内容とやりがいについて、ご紹介させていただきました。

近年は技術の発達により、さまざまな種類のエンジニアが登場しています。

中でも、フロントエンドエンジニアは最新の技術に触れられることやユーザーの反応がダイレクトに届くといった理由から、大きなやりがいのある仕事といわれています。

フロントエンドエンジニアとして活躍するためには高い技術が必要ですが、それ以上に大切なことは仕事に対するやる気・熱意です。

エンジニアという職業で最新の技術を身に付けて活躍したい場合は、フロントエンドエンジニアをオススメします。

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ