SNSマーケティング成功事例まとめ
2022年07月08日

 

昨今ではSNSを一般的に利用することが当たり前になっており、各企業もSNSアカウントを作成したり、SNSを利用したマーケティングを行ったりしています。

そのため、SNSは企業のマーケティングツールにおいて重要なポジションを占めており、今後も活発的に活用されていくことが予想されています。

そこで今回のコラムでは、SNSマーケティングの特徴や各企業の成功事例などをご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

 

SNSマーケティングの特徴

SNSマーケティングとは、その名の通りSNSを利用したマーケティング方法のことです。

SNSアカウントは基本的に無料で作成できるため、初期投資費用を抑えながら宣伝活動を行えます。

そして、SNSの拡散力を利用することにより、少ない労力で商品やサービスなどの情報を膨大なユーザーに広めることが可能です。

知名度の向上から商品・サービスの購入に至るまでを、トータルで推し進めることができるので、多くの企業がSNSマーケティングを導入しています。

また、消費者と直接的にコミュニケーションを取ることも可能なので、ファンの獲得や口コミの生成にも役立ちます。

 

SNSマーケティングで期待できる効果

SNSマーケティングを行うことで期待できる効果はさまざまありますが、ここからは主な効果を3つご紹介します。

まず1つ目の効果は、認知度の向上です。

SNSにはシェア機能があるので、フォロワーがいいねを押したり、投稿を拡散することで、他のユーザーにもその投稿を見てもらうことができます。

この機能を利用して、Twitterではフォローとリツイートをすることで、キャンペーンに応募できる企画を行う企業が多いです。

これらのアプローチを効果的に行うことにより、企業やブランドの認知度をさらに向上させることができます。

次に2つ目は、ブランディング効果です。

SNSでは、企業やブランドなどのイメージやコンセプトを広めることが可能です。

ブランディングを行うことでファンになってもらい、購買意欲の向上を狙ったり、さらにファンを増やしたりする効果を見込むことができます。

最後に3つ目は、ロイヤリティの向上です。

SNSでは消費者と直接コミュニケーションをとれるため、企業と消費者の間で信頼関係が生まれ、高いエンゲージメントを構築できます。

例えば、自社製品の口コミに対していいねを押したり、引用リツイートをしたりすると、消費者側からは特別なリアクションのように感じられます。

 

SNSマーケティング成功事例5選

SNSマーケティングで成功するためには、SNS内で企業やブランドの個性を存分に押し出すことが非常に大切です。

ここからは、SNSマーケティングで実際に成功した企業の施策を5つご紹介します。

どの事例も個性的な成功事例なので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ドミノ・ピザ

ドミノ・ピザは、Twitterをはじめとした4種類のSNSアカウントを巧みに使い分けており、投稿内容もSNSの特性毎に変えています。

SNSでの宣伝に関しては広告会社を一切使わず、自社で全ての手配を行っています。

Twitter投稿における最初の成功がウルトラチーズという、ピザの上にモッツァレラチーズを1㎏乗せた商品のプロモーションで、ツイートにチーズが伸びている動画を載せたことにより大きくバズりました。

その後も、フォロー&リツイートキャンペーンでウルトラチーズのクーポンを配り、最終的にはTwitterのフォロワー数が8万人から15万人にまで成長しました。

そして現在では、フォロワー数は50万人に増加しています。

 

ライオン

ライオンは、人気商品のスーパーNANOXのTwitterアカウントが非常に人気で、企業ではなく商品のアカウントであるにもかかわらず、8万5000人のフォロワーがいます。

このアカウントでは、#NANOX相談所というハッシュタグを作り、洗濯に関するお悩み解決方法や豆知識などを積極的に投稿しています。

とにかく意識しているのは、消費者に寄り添った内容を投稿することで、痒いところに手が届くような情報の発信を継続的に行うことで、フォロワー数を増やしているのです。

 

KENZO

KENZOは老舗ファッションブランドとして人気があり、そのファッション性の高さを活かしながらInstagramの運営を行っています。

KENZOのInstagramアカウントには、主に写真や動画が投稿されており、ブランドのイメージを底上げするようなスタイリッシュな投稿が並んでいます。

Instagramは元々、ファッション性の高い投稿との相性が良いため、その特徴を上手く活かした運用方法の一例だといえるでしょう。

 

伊藤久右衛門

伊藤久右衛門は、LINEアカウントを効果的に利用し、URLのクリック率を大幅に向上させることに成功しました。

主に行っていることは、伊藤久右衛門のLINEを友達登録するとどのようなメリットが得られるのか、分かりやすく説明したページを1つ作り、それを各ページや決済画面、購入後のメールなどに貼り付けて、露出を増やすようにしています。

とにかくユーザーに訴求することで友達登録数を増やし、そこからクーポンを配ったり、新商品の宣伝を行ったりして、効率よく宣伝活動をしています。

 

コクヨ

コクヨは主にInstagramで宣伝活動を行っており、動画を投稿することで文房具の良さを消費者に伝えています。

奇抜な動画ではなく、シンプルで分かりやすい動画にすることで、文房具ならではの良さを活かすことに成功している事例です。

動画では文房具のリアルな使用感を伝え、さらに画像や文章で詳細な情報をユーザーに伝えることで、消費者に疑似体験させる効果を狙っています。

 

まとめ

今回のコラムでは、SNSマーケティングについて実際の事例を交えつつご紹介しました。

各SNSの特徴を把握し、商品やブランドイメージに合った宣伝方法を選ぶことで、より多くのユーザーに認知してもらうことができます。

SNSマーケティングに力を入れたい方は、ぜひ今回ご紹介した事例などを参考にしてみてください。

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ