クラウドソーシングの失敗事例から学ぶ
2022年06月20日

クラウドソーシングの失敗事例から学ぶ

 

昨今は、収入の減少や将来の不安から副業を検討する方が増加しています。

一方で、企業としては人手不足という問題を抱えています。

このような背景の中で、両者のニーズがマッチしたクラウドソーシングが注目を集めているのです。

しかし、クラウドソーシングを活用する際は、成功だけではなく失敗する事例もあります。

そのため、これからクラウドソーシングを活用する方や企業は、事前に失敗事例をチェックしておくと安心です。

今回はクラウドソーシングの失敗事例とそこから学べることについて、ご紹介させていただきます。

 

クラウドソーシングとは?

クラウドソーシングとは、企業がWEB上で案件を公開し、不特定多数の方がその案件を受注できる業務形態を指します。

案件内容はアンケートに回答するようなものから、プログラミングなどの専門技術が求められるものなど、多岐にわたります。

クラウドソーシングを活用することによって、発注者側である企業だけでなく、受注者側であるユーザーにもいくつかのメリットがあるのです。

ここでは、それぞれの視点からクラウドソーシングのメリットをご紹介させていただきます。

 

【発注者】クラウドソーシングのメリット

一般的に業務を進めるための人材を育成するためには、膨大な時間と費用がかかります。

しかし、長い時間をかけて育成した人材も、さまざまな原因により退職をしてしまう可能性があります。

クラウドソーシングを活用することによって、社外のプロに業務を委託することができるため、時間やコストを抑えることが可能です。

また、外注により時間とコストを抑えた分、社内の社員が別の業務に専念できるため、効率的な環境を構築できるといえるでしょう。

また、クラウドソーシングでプロに依頼することによって、今までにない新しい視点や技術を取り入れることができるため、品質の向上にもつながります。

このように、企業がクラウドソーシングを活用すると、さまざまなメリットがあるのです。

 

【受注者】クラウドソーシングのメリット

受注者にとっては、好きな場所や時間に勤務できることがクラウドソーシングを活用するメリットです。

クラウドソーシングは基本的にオンラインでやりとりを行えるため、自宅やカフェで業務に取り組めます。

このように、自身のペースで業務を進められるので、副業として行えます。

また、案件を選択できる点もクラウドソーシングの特徴といえるでしょう。

自身の得意な作業を重点的に受注したり、スキルアップのために新しい仕事に挑戦したりすることもできます。

このように、受注者は自身のペースで仕事に取り組みながら収入を得られるというメリットがあるのです。

 

 

クラウドソーシングの失敗事例

クラウドソーシングには、先述のようなメリットがありますが、意外な落とし穴もあります。

そのため、クラウドソーシングに慣れていない方は、事前に失敗事例をチェックしておきましょう。

ここからは、クラウドソーシングの失敗事例をご紹介させていただきます。

 

【発注者】クラウドソーシングの失敗事例

クラウドソーシングは不特定多数の方に対して業務を依頼できますが、依頼先の実績を詳しく知らないケースも多々あります。

仮に依頼先の実績を知らない状態で業務を依頼した場合、発注者が望んでいる成果物が納品されない可能性があるといえるでしょう。

具体的には、発注者の指示・要望に従っていない成果物が提出された、納期を過ぎているのにも関わらず連絡が取れなくなった、などの失敗事例があります。

しかし、クラウドソーシング専用のサイトでは実績や評価が表示されているため、それらを事前にチェックすることで依頼先の情報を知ることができるでしょう。

発注者がクラウドソーシングを利用する際は、依頼先の情報を入念にチェックすることが大切です。

 

【受注者】クラウドソーシングの失敗事例

受注者の失敗事例として、短期間で多くの案件を受注してしまい、結果的に対応できないというケースが挙げられます。

クラウドソーシングでは、自身のペースで案件を受注できるため、現在の実力やスケジュールに見合っていない案件を引き受けてしまう場合があります。

その結果、複数の企業から指定された納期に間に合わず、信頼を失ってしまうのです。

発注者からの信頼を失った場合は、継続的な受注が困難になるため、自身のスケジュール管理は徹底するようにしましょう。

 

クラウドソーシングの失敗を回避するには?

クラウドソーシングでの失敗を回避するためには、確認とコミュニケーションが重要です。

発注者は、依頼先が取得している資格や過去の実績などを、入念に確認しましょう。

クラウドソーシングのサイトでは、依頼先のプロフィール画面で詳細な情報を得ることができます。

より詳しく知りたい場合は、メッセージなどで直接やり取りを行うか、事前にサンプル品の提出を求めるなどの対策を行えば、失敗を回避できるといえるでしょう。

一方の受注者は、発注者とこまめに連絡をとりあうことをオススメします。

発注者の要望や変更点などを常に確認し、業務を進めることが大切です。

また、納期に間に合わない場合や業務に対して自身の実力が伴っていないと判断した場合は、早急に連絡しましょう。

早期に連絡できれば、発注者への負担を減らせます。

クラウドソーシングは場所を問わず行えるため、1人で取り組むイメージがあるかもしれませんが、常に発注者・受注者間の良好な信頼関係が欠かせません。

クラウドソーシングを利用する際は、確認とコミュニケーションを意識しながら失敗を回避しましょう。

 

 

まとめ

今回は、クラウドソーシングの失敗事例とそこから学べることについてご紹介させていただきました。

インターネットの発達により、クラウドソーシングという新しい業務形態が生まれました。

しかし、クラウドソーシングは対面できないことも多いため、いくつかの注意すべき点があります。

クラウドソーシングを円滑に進めるためには、発注者・受注者間の良好な信頼関係やコミュニケーションが必要不可欠です。

事前に失敗事例をチェックして、クラウドソーシングを効率的に活用してみましょう。

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ