ライターとして案件をGETするためには
2022年06月11日

ライターとして案件をGETするためには

 

インターネット文化の広がりに伴って、世の中にはさまざまな仕事が増えています。

インターネットを経由して企業から文章執筆を請け負うWebライターも、ネットの発展によって生まれた仕事の1つだと言えるでしょう。

個人個人のライフスタイルが重視される現代社会において、個人の裁量で仕事量を調整しながら働いていけるWebライターの仕事は以前にも増して注目を集めています。

今回は、そんなWebライターの仕事に興味がある方に向けて、案件を受注していくためのコツをご紹介いたします。

 

Webライターってどんな仕事?

Webライターという仕事は、インターネットに掲載される多種多様な記事の執筆を行うことが主な業務です。

クライアントからの要求に沿って文法や言葉遣いが整った文章を書ける方であれば、資格などは必要なく気軽に始めることができます。

ライティング業務には幅広い知識が求められる印象があるかもしれませんが、現在はインターネット検索を活用すればある程度の知識を得ることができるため、以前よりも始めやすくなりました。

また、自分の都合に併せてスケジュールを組むことができるため、スキマ時間を使って主婦の方が始めたり、社会人の方が副業にしたりと幅広い働き方が可能です。

 

Webライターの仕事内容

Webライターと一口に言っても、その仕事内容は多種多様です。

企業のホームページなどに掲載されるコラムや求人記事、新規受注を促進する記事や、ECサイトなどのネット広告に利用される文章などさまざまな分野の記事を執筆していきます。

働き方も幅広く、ライティング業務を請け負う企業に所属してさまざまな執筆を請け負う人もいれば、1つの企業の専属となって自社製品などの紹介を行う専属Webライターもいます。

また、フリーランスの個人事業主としてさまざまな執筆を手掛けているライターも存在しており、ひとくくりに語るのは難しいほど多様性に溢れた業種だと言えるでしょう。

 

Webライターの収入事情

さまざまな分野の執筆を行うWebライターですが、収入はどれくらいなのでしょうか。

企業に所属しているWebライターの収入は企業によってさまざまですが、正社員として働くWebライターの平均収入は約450万円ほどとされています。

一方、フリーランスで活動しているWebライターの一般的な収入は、約300万円程度です。

フリーランスで活動する場合は文字単価の安い案件から順に取り組んでいくことになるため、最初は高収入を目指すのは困難だと言えます。

また、クラウドソーシングなどを利用しているフリーランスは、仲介手数料を引かれることが多いため、企業所属のライターと比べて収入が低くなる傾向にあります。

 

案件をGETするための工夫

フリーランスのWebライターは企業所属のライターと比べて収入が低くなりがちですが、受ける仕事を自分で選べる、時間や仕事量に融通が利くといったメリットがあります。

個人事業主としてフレキシブルに働きながら安定して案件をGETし、一般的なフリーライターよりも高い収入を得ていく方法はないのでしょうか。

ここではフリーランスのWebライターとして、案件を受注していきやすくするためのポイントをご紹介していきます。

 

SNSで案件を探す

企業所属のライターとフリーランスのWebライターの最大の違いは、自分で案件を探さなければならないという点にあります。

フリーランスのWebライターは常にライティング案件に対するアンテナを張り巡らせて、募集があれば積極的にアピールを行っていかなければなりません。

Webライティング案件を手掛けるライターを募集するサイトなども存在しており、サイト経由で案件を受ける機会もありますが、必ず受注できるとは限らず仕事量が安定しない場合があります。

そんな時には、TwitterなどのSNSを活用してみましょう。

SNSで案件を探すと、募集サイトを経由するより競争率が低い傾向にあります。

また、クライアントと直接連絡を取れるため、継続的な受注に繋がる可能性が高くなることもメリットです。

 

直接営業をかける

Webライターとして活動の幅を広げていくためには、通常のライティング業務以外にもアンテナを広げていくのがおすすめです。

ブログやコラムなどの多種多様なWebメディアではグルメやファッション、旅行、ライフスタイル、健康など、幅広い記事が扱われており、多くのPV数を残しているメディアも存在しています。

これらの各種Webメディアの中には随時ライターの募集を行っているところもあるため、記事の方向性が合うメディアがあれば応募してみると良いでしょう。

執筆の場を広げれば、経験がそのまま実績となるため、その後のライティング業務の受注にも活かしやすくなります。

Webメディアだけでなく、コラムを書いているような企業のホームページなどに直接営業をかけることも有効な場合がありますので、常に積極的に動くことを心がけましょう。

 

ポートフォリオを作成する

さまざまなライティングを手掛けて実績を積み重ねた後は、それを活かすためにポートフォリオの作成をおすすめします。

ポートフォリオとは、ライターとしての実績を見やすくまとめたものであり、これがあれば企業や各種メディアに対して効率的にアピールを行っていけるようになるでしょう。

依頼する側から見ると、実力や実績がわからないライターよりも、ポートフォリオがまとまっていて腕前がわかりやすいライターに優先的に依頼したくなることがイメージしやすいでしょう。

ぜひ見やすいポートフォリオを作成して、需要の高いライターを目指していきましょう。

 

まとめ

今回は、幅広いライティング業務を手掛けるWebライターの仕事について、さまざまな情報をお届けいたしました。

Webライターは執筆に慣れ、自分なりの仕事のスタイルを確立することができれば、多様性ある働き方を実現できる魅力的な仕事です。

ご紹介させていただいたポイントを抑えて、実力あるWebライターとして活躍しましょう。

Side view of smiling adult modern female in casual outfit and with glasses sitting at table with books typing laptop against blurred shelves in modern library

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ