LINEマーケティング活用術
2022年02月03日

メッセージングアプリとして、日本国内で圧倒的なユーザー数を誇るLINE。

メッセージのやり取りだけでなく、通話機能やキャッシュレス決済機能、また株式や為替などの投資が行えるなど、もはや我々の生活から切り離すことのできないサービス展開が行われています。

そこで今回は、そんなLINEを活用して企業がマーケティングを実施するにはどんな手法があるのか、そのポイントについて解説していきます。

 

 

LINEマーケティングとは

そもそもLINEマーケティングとは何かということについて解説します。

現在日本では大多数の方がLINEを使用しており、スマートフォンを使用しているほとんどの方が使用しているコミュニケーションツールとなっています。

そんなLINEをビジネスに活用することこそが「LINEマーケティング」です。

ブランドメーカーやアパレルショップなど様々な業態で公式アカウントやLINE広告を活用して幅広いマーケティング戦略を展開できます。

また、企業とユーザー同士でコミュニケーションも図っていくことが可能なので、ユーザーの意見をダイレクトに反映したマーケティングが行うことができます。

ファンを増やしていくことも容易なので非常に効果のあるマーケティングが展開できます。

 

 

LINEマーケティング効果について

LINEマーケティングで見込める効果は多く存在します。

国内でも非常に人気の高いツールとなっていることもあり、様々なメリットを受けた上で戦略を展開できることが強みとなっているのです。

ターゲティングもしやすく、リアル店舗と連動することも可能なため、幅広い戦略を立てることができるでしょう。

そのなかで見込める1つ目の効果は「ユーザー数が多いことからアピールや集客に繋がる」ということが挙げられます。

LINEはユーザー数が多く、マーケティングを行うことでアピールや集客に繋げやすいということが挙げられるでしょう。

ユーザー数が多い分、公式アカウントや広告を見てもらえることが増えるため、より高い宣伝効果が見込めます。

次に2つ目の効果は「幅広い年齢層が使っているのでターゲティングがしやすい」という点です。

LINEは幅広い年齢層が使っているのでターゲティングがしやすく、SNSマーケティングを行いたいという企業にとっては特におすすめです。

ターゲティングを細かく行えるため、自社の狙った層に対してしっかりと情報を配信することが可能なため、無駄なく情報を伝えることができ、高いマーケティング効果が期待できます。

そして3つ目の効果は「リアル店舗と連動することも可能」という点です。

LINEマーケティングでは、LINEの公式アカウントでリアル店舗と連動させ、下記のような戦略が展開できます。

  • LINEメッセージでの店舗予約
  • テイクアウトの予約
  • リアルタイムでの顧客とのコミュニケーション

上記のようにリアル店舗と連携したような戦略が展開できることが魅力的です。

新規顧客やリピーターとなってくれる方と繋がれることもあるので、リアル店舗にとって利益に繋がるようになっています。

 

これらの点から、店舗経営でさらなる集客を目指す企業は積極的にLINEマーケティングを行ってみましょう。

 

 

 

 

LINEマーケティング戦略について

LINEマーケティングでは効果的な戦略を行うことでさらなる成果を得ることができます。より高い成果を得るためにも、PDCAサイクル(Plan/Do/Check/Action)を重点的に行う必要があります。

Plan:計画を立てる ⇒ Do:実行する ⇒ Check:評価する ⇒ Action:改善する

 

PDCAサイクルによって実践から改善まで細かく考えて行うことが大切であり、何となく行っても、満足した成果を得ることは難しくなっています。

そのため、LINEマーケティングを少しでも充実させるために、下記のようにPDCAサイクルを通して、綿密に戦略を練ることを意識しましょう。

 

戦略を立てることで重要なこの1つ目は「フレームワークを使って明確な目標や目的を定める」ということです。

明確な目標や目的がないとどこかでブレてしまったり、中途半端な施策になってしまったりするからです。

そこで、フレームワークを使って、下記のようにLINEマーケティングでの明確な目標や目的を設定していくと良いでしょう。

  • 目  的:何のためにLINEマーケティングを活用するのか
  • 方 向 性:自社のLINEアカウントをユーザーにとってどのようなものにしたいのか
  • 集  客:どのようにターゲティングして集客するのか決める
  • 宣伝手法:公式アカウントのみで宣伝するのか、それともLINE広告などは併用するのか
  • 情報発信方法:どの発信機能を使って自社の情報を配信するのか

上記のようにフレームワークを活用して、上から順にLINEマーケティングの運用方法を考えていくと良いでしょう。

 

そして2つ目の重要な戦略は「LINE広告の導入を検討する」ということです。

より充実したLINEマーケティングを行うのであれば、LINE広告を導入することをおすすめします。

費用は掛かりますが下記のようなメリットを得ることができます。

  • 高いリーチ力があるため、顧客に効率的に情報を発信できる
  • 高い精度のターゲティングで無駄のない広告配信が可能になる
  • 広告の種類が多いため、幅広い戦略を展開できる
  • オンラインからすぐに申し込みできる上に、小額から広告を出稿できる

上記のようにLINEマーケティングを充実させることのできるメリットを受けた上で、LINEマーケティングが可能になります。

自社の予算も考慮して、検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ

今回の記事ではLINEマーケティングに関する概要を解説いたしました。

多くの企業がLINEマーケティングを活用して、多くの成功事例を生み出しています。

どの企業も十分に練られた自社だけの戦略を展開して成功を掴んでいることが特徴的です。

そこで、本格的に自社でLINEマーケティングを行う前に他社の成功事例を読んでおくことで、よりLINEマーケティングのイメージがしやすくなるでしょう。

ぜひ、参考例としてご紹介いたします。

 

<SUZU CAFÉ>

カフェチェーンの「SUZU CAFE」では2019年11月にLINE公式アカウントを開設しました。

その上で、自社のLINE公式アカウントを最大限活用したマーケティング戦略が特徴的です。

積極的にユーザーとコミュニケーションを図ることで、会社とユーザーの関係性をさらに強固なものに成功しました。

自社の新メニューやキャンペーンの情報を発信して、ユーザーに多くの有益な情報を与えることで着実にファンを増やしたのです。

他にもショップカードでポイント制を導入するなど、ユーザーのメリットに繋がる戦略を展開して、ユーザーの関心を獲得していきました。

まさに、顧客第一で考えた戦略で成功した事例といえるでしょう。

 

<有限会社あいおい保険事務所>

損害保険の代理店業務を行っている有限会社あいおい保険事務所では、2020年5月にLINE公式アカウントを設立しました。

そこで、ユーザーへの情報発信やコミュニケーションを行う戦略を展開したのです。

具体的に有限会社あいおい保険事務所は、LINEにて保険金関係の手続きを進めるようにしたことで、保険金支払いまでの期間を半分に短縮することを成功しました。

実際にユーザーが被害を受けた際の写真もLINEで送れるためスピーディに保険金の相談を受けることができ、より手続きを高速化することが可能となりました。

まさに、ユーザーとのコミュニケーションを上手く活かしたLINEマーケティングの事例です。

 

以上のように、LINEは現代のコミュニケーションツールとして、最先端を走っており、ユーザー数も今後も増加することが予想されます。

そのため、LINEマーケティングには、幅広い戦略を実践できることが魅力といえます。

自社のマーケティングをさらに充実させたい場合はLINEマーケティングを検討してみましょう。

 

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ