店舗DX化のススメ

DXをビジネスで活用することが推進され、多くの業種が取り組む中、店舗でのDX化が課題になっています。 昨今は、消費者の価値観や行動の変化に伴ってモノの価値も大きく変わり、売れない・売れにくい時代になりました。 店舗DX化は、企業あるいは顧客ニーズに応え、既存ビジネスの収益性向上を期待できる取り組みと言えるでしょう。 そこで今回は、店舗DX化のメリットやトレンド、導入方法について見ていきましょう。  

店舗におけるDXとは

店舗のDX化とは、小売業におけるデジタルトランスフォーメーションを指します。 主な取り組みは、店舗運営に必要なあらゆる業務にデジタルテクノロジーを導入して、業務プロセスの改善や顧客体験の向上を行うことです。 例えば、店舗内システムをタブレットに集約、セルフレジの導入やPOSシステムと連携した在庫管理による業務の効率化などが挙げられます。 また、実店舗だけでなく、チャットやバーチャル店舗により、WEB上でもリアルタイムに接客するサービスを通して店舗体験を提供することもできます。    
   

店舗DXのメリット

店舗DX化は、導入するまでに時間がかかるという点はありますが、メリットが存在します。 ここからは、店舗DX化のメリットについて、見ていきましょう。  

顧客満足度の向上

顧客のニーズに沿って業務を改善することで、顧客満足度を向上させ、購買意欲の向上や新規顧客獲得が期待できます。 店舗で獲得した顧客情報をもとに、おすすめアイテムをオンラインで紹介することで、実店舗以外でも購買を促せるのです。 また、店舗で使えるクーポンをオンラインで配布するなど、有益な情報を発信して実店舗に集客を促す方法も効果的です。 DX化はデジタル技術を活用し、オンライン・オフラインを組合せたサービスを提供することができるため、顧客満足度の向上につなげられます。  

業務の効率化

店舗にDXを導入することで、業務の効率化を促せるため、効果的でスピーディーな対応が実現できます。 例えば、勤怠管理システムを導入することで、打刻時間や労働時間の管理、給与計算などの確認作業を軽減し、正確に処理できます。 発注管理システムなどは、取扱商品が多い店舗や在庫管理と購買部門が分かれている場合に最適です。 スタッフは履歴を確認しながら発注でき、情報共有によって誤発注や在庫切れを防げるため、作業効率が向上すると言えるでしょう。  

人的コストの削減

店舗などの小売業が抱える課題と懸念は、人手不足と人的コストの削減です。 人手不足は、さまざまな業界において問題視されがちですが、DX化によって業務の自動化や簡略化を実現できれば、人的コストを抑えられます。 また、店舗の業務はデータ入力などの単純作業や在庫管理など、手間やコストがかかります。 DXを導入することで、在庫管理や状況把握が容易になるため、作業を効率化でき利益率を向上することが可能です。  
 

店舗DXのトレンド

店舗DXのトレンドは、時間と共に変化していきます。 ここでは、代表的なものを見ていきましょう。  

バーチャル店舗

仮想空間で店舗営業を行うバーチャル店舗は、インテリア・不動産・家具業界などで導入されています。 実際の店舗画像を3D化することにより、自宅で店舗内を見て、歩いて楽しむ感覚や接客を受けられます。 さらに、気になる商品の詳細を確認することや、ECと連携して購入することも可能です。 バーチャル店舗は、非接触環境でも実店舗に近い体験ができるため、商品購入を促しやすいと言えるでしょう。  

オンライン接客

実際の販売員がビデオ通話やチャット、メール、VRなどを活用して、リアルタイムでオンライン接客を行うサービスです。 デパートや化粧品会社などが導入しており、顧客は実際の店舗に近い感覚でやり取りできるため、質の高い接客を受けられます。 最近は、非接触環境で接客する取り組みが求められているため、大企業が導入していることからも、今後さらに多くの企業が取り入れると予想されています。  

体験型ショップ

体験型ショップは、サンフランシスコ発の小売店「b8ta(ベータ)」が日本に進出したことで、注目されました。 このショップでは、商品を直接販売するのではなく、体験にフォーカスして店舗を運営しています。 多くの企業が追随しており、顧客は展示されている商品を実際に試し、端末から商品情報を見て購入を検討することができます。 また、来店者の行動は目的別にデータ収集・分析されているため、商品開発や販促につなげられます。  

店舗内行動計測

店舗内行動計測とは、顧客の来店数や滞在時間、ピークタイム、店舗内の行動などのデータを計測することです。 計測データは、店舗オペレーションの改善やマーケティングに活用し、調査や施策を実施するごとに結果を得ることで、効果の検証を行えます。 来店客の行動分析をもとに、目的別の調査や、目標を達成するための課題を知ることが可能です。  
 

店舗DXを導入するには

店舗DXの導入は、これまでの状態に変革を行うことになるため、時間や費用もかかります。 そのため、システムの一元化、すでにオンラインで提供している体験を導入するなど、DXを導入できるところから取り組む必要があります。 また、売上・在庫・発注が統合できていない場合などは、それらを一元化すると業務を効率化できるでしょう。 もし店舗DX化が難しいと感じた場合は、ノウハウを持った企業とパートナーを組む方法も1つの手段です。    

まとめ

今回は、店舗DX化のメリットやトレンドをご紹介しました。 現代は常に消費に対する考え方が変化しており、企業もさまざまな対策が必要になっています。 店舗DX化は、非接触環境で実店舗に近いサービスを提供できるため、効果的な販売促進を実現することが可能です。 導入を検討する際は、すでにオンラインで提供している体験を店舗に導入するなどから始めてみると良いでしょう。    

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ