世代別マネジメント手法
2022年01月18日

組織における人材の多様化や流動性に伴い、世代別にマネジメントを行うことが重要視されています。

さまざまな人材が集まる組織では、目標の達成や円滑な運営を行うとき、どのような方法でマネジメントすれば良いか戸惑うことが多いものです。

また、マネジメントの役割とは何か、あるいは求められる役割がわからず悩みを抱えるケースもあります。

そこで、この記事では世代別マネジメント手法の種類とポイントをご紹介します。

 

 

マネジメントとは

マネジメントとは、直訳すると「管理」や「経営」という意味であり、ビジネスでは企業や組織が目標を達成するために行う管理を指します。

具体的には、組織の成果を上げるために「ヒト・モノ・カネ」などの経営資源を効率的に活用し、リスク管理を行うことで組織の目標やミッション達成を目指すことです。

経営学者のP.F.ドラッガーは、マネジメントの役割として「組織のミッションを果たすこと」「働く人の能力を活かすこと」「社会の問題解決に貢献すること」という3つの考え方を示しています。

組織が利益を出し存続するには、社会や人、組織を有効に活用した上で管理・運営するマネジメント力が求められます。

 

 

マネジメントとリーダーシップの違い

マネジメントは組織の目標設定を達成するために、業務や人材、資金を管理・運営するものであり、リーダーシップとは異なります。

リーダーシップは組織を牽引する能力であり、部門や部署、プロジェクトなどの規模を問わず目標達成するために必要なスキルです。

また、組織目標をメンバーに伝え達成するための具体的な方向性を示し、動機づけを行うなど生産性を高める力になります。

このようにマネジメントは組織を管理・統制する能力であるのに対し、リーダーシップは組織を変革して環境の変化に対処する行動力だといえます。

 

 

 

マネジメント手法の種類

マネジメント手法には、多くの種類があります。

ここでは代表的な2つの手法をご紹介します。

 

階層別マネジメント

この手法は大きく3つに分類されており、組織内での役割によって最適な手法は異なります。

そのため、それぞれの手法について、階層別に正しく認識する必要があります。

・トップマネジメント

経営に関する意思決定や最終的な責任を担うため、社長や取締役などの経営者層に必要な能力です。

組織全体の計画立案、事業・経営戦略を検討し、組織の方向性を示し導いていく力が求められます。

・ミドルマネジメント

経営者層の補佐や彼らが決定した戦略などをメンバーに伝達する立場であり、本部長や工場長、課長などの管理層に必要な能力です。

業務を円滑に進めるために、現場の意見を吸い上げながら部下の教育指導を行い、職場環境の整備や組織の行動を指揮する能力も必要です。

・ローアーマネジメント

上層部が決める組織戦略などを実現するために、現場で直接指揮監督を行う能力が必要です。

係長や主任、グループリーダーが担い、業務指示などを現場の活動に適応させることで、組織が目標に向かって正しく進むようにします。

 

業務別マネジメント

業務別マネジメント手法は、業務別に大きく3つに分類します。

そして、分類された業務から、さらに細かく分けられています。

・組織運営

メンバーの育成によって生産性を向上する「チームマネジメント」や、計画立案から進捗管理・人員管理まで行う「プロジェクトマネジメント」が代表的です。

情報・スキル・ノウハウを組織全体で共有する「ナレッジマネジメント」や、利害関係の調整を経て組織の課題解決や成長につなげる「コンフリクトマネジメント」も実践されています。

・人材管理

能力やスキルに適した人材の配置や育成を行う「タレントマネジメント」や、社員の動機づけを通じて成果を促す「モチベーションマネジメント」があります。

目的達成のためにフィードバックを行う「パフォーマンスマネジメント」も知られており、多様な働き方を考慮して「ダイバーシティマネジメント」を取り入れる企業も現れています。

・メンタルヘルス

メンタル面に配慮しながらセルフケアを指導する「メンタルヘルスマネジメント」や、ストレスをコントロールして生産性向上につなげる「ストレスマネジメント」は一般化しています。

また、パワハラなどのハラスメントにつながるコミュニケーションを未然に防ぐ「アンガーマネジメント」も注目度が高まっています。

 

 

マネジメント手法のポイント

マネジメント手法を実践するには、業務の優先順位と状況把握、日頃のコミュニケーションなどのマネジメント力を身につける必要があります。

例えば、目標を達成するためには、組織のあらゆる課題を抽出して分析する能力や、それらの解決策を考える論理的思考力が求められます。

また、プロジェクトが成功するまでのプロセス管理や、不測の事態に迅速かつ柔軟に乗り切る対応力、そしてそれらの意思決定力も必要です。

さらに、メンバーが仕事を通じて成長できる環境の構築や、定期的なフィードバックによるコーチング力を高めることも大切でしょう。

 

 

まとめ

世代別マネジメント手法について、種類やポイントをご紹介しました。

仕事に対する価値観が多様化したため、マネジメントは企業やチームに合った手法を選ぶことが大切です。

また、マネジメントに必要なスキルや役割は、組織や立場、業種によって大きく異なります。

しかし、目的達成のために必要な日常のコミュニケーションはどのシーンでも共通するスキルといえるでしょう。

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ