初心者でもわかる人相学

人の顔や形をもとに占う人相学ですが、専門的な知識のない初心者でも顔を見て第一印象を感じることはできます。 例えば、人の行動や見た目などで、その人の性格が何となくわかる経験をされたことはありませんか? 占いは、統計学ともいわれています。 最近では、AIや機械学習の進歩が著しく、インターネットでさまざまな種類の占いが簡単に行えます。 また、人相学の基本的なことは専門書やカルチャーセンター、通信講座、YouTubeなどで学ぶことも可能です。 今回は、初心者でもわかる人相学についてご紹介します。  
 

人相学とは

人相学は観相学とも呼ばれ、顔相・骨相・体相などの顔の形やつくり、傷・ほくろ・シワ・顔面の血相、癖や話し方などから、性格や生涯の運勢を判断するものです。 その歴史は古く、中国の宋時代が起源と言われています。 ヨーロッパでは、古くから人相学の研究が盛んに行われ、日本でも平安時代や江戸時代に相書が輸入されたことにより、民衆の間で人相学が広まりました。 また、顔相は遺伝的なものも関係しており、その人の人生が顔相に大きく反映されているため、参考にする方が多いようです。 人の人相を判断するときは、観察力・記憶力・気づく力などの読み取る力が求められるため、ある程度の経験も必要です。  
 

人相学は初心者でもわかる?

人相を読み取る力を習得することは容易ではありませんが、初心者でも簡単なことはわかります。 例えば、自分や家族、知っている人の人相を専門書などで見てみると、書かれている性格に納得ができることがあります。 これは、元々の関係性からさまざまな判断材料があるため、何となくわかるものでしょう。 また、人相を判断できるようになるには、基礎はもちろん顔のパーツの理解から応用までの幅広い知識や読み取る力が必要です。 最近では、専門書やインターネットなどでも人相学の基礎知識や傾向、顔の形やつくりの違いが書かれています。 そのため、人相を調べたい人の顔相をパーツごとに当てはめて、さまざまな視点で傾向を調べることで、初心者でも個々の違いがわかるようになります。  
   

人相パーツでわかること

人相パーツでは、どのようなことがわかるのでしょうか。 ここでは、基本的な人相パーツごとにわかる性格や特徴を見ていきましょう。  

目・目元

「目は口ほどにものをいう」といわれるように、目や目元は人の第一印象を決めるといっても過言ではありません。 目は人相学でも重要なパーツであり、大きさや形、目の間の幅などによって、その人の性格や特徴がわかります。 例えば、大きい目の人は開放的で積極的ですが、小さい目の人は他人に左右されない意志の強さがあります。 また、たれ目の人はマイペースで優しくロマンチストな性格、つり目の人は誠実で弱みを見せない努力家です。  

鼻の形

鼻の形でわかることは、その人が持っている元来の運気です。 主に金運などを表しており、形が良いほど運気が良いといえます。 例えば、鼻が大きい人はバイタリティに溢れた自信家で出世しやすいタイプ、鼻が小さい人は協調性があり、家族や友人を大切にする傾向があります。 また、鼻孔が大きいと浪費癖があり、鼻孔が小さいと倹約傾向が強いです。 鼻の大きさは、横幅・高さ・長さなどが大きいものを指しますが、高い鼻の場合は、小鼻が張っていないと大きい印象になりません。
 

唇・口もと

唇や口もとは、目の次に人へ与える印象が大きく、口の大きさや形、厚さや形状、口角などにそれぞれ意味があるのです。 例えば、大きい口の人はエネルギッシュで声も大きく行動力があり愛情豊かなタイプですが、小さい口の人は、消極的でおとなしい人が多いといえます。 また、薄い唇の人は愛情や愛着が薄く淡白なタイプですが、唇が厚いほど情に厚く愛情もあり、親しみやすいといえるでしょう。
 

耳は、物事を読み解く力がわかるパーツであり、先祖から受け継がれる元々の気質と天性運が反映されている部分です。 耳が大きい人はおおらかで社交的、思慮深く経済的に恵まれる傾向があり、小さい人はこだわりが強く独立心が旺盛で、芸術家肌です。 また、俗にいう福耳は耳たぶが大きい人のことであり、金運に恵まれ温厚な性格になります。 反対に耳たぶが少ない人は、冷静な判断力と信念の強さがあるため、成功者も多いです。  

まゆげ

人相学で、人生のエネルギーの強弱や流れをみるには、まゆげが一番の指標になります。 まゆげの形や存在は、その人の人間性が見えるパーツであり、よく観察することでその人の情報を多く知ることができます。 例えば、濃いまゆげと薄いまゆげの違いは、感情エネルギーの違いです。 濃い人は感情エネルギーが強く生命力があり、自己主張の強い人が多い半面、薄い人はおとなしい性格なため、穏やかな暮らしを目指します。  

ほくろ

人相学では、ほくろも顔のパーツとして重要であり、存在する場所によってさまざまな意味があります。 例えば、鼻の下の溝などにほくろがある場合は、人から好かれることがお金につながります。 また、上唇の中心にあると金運が高く、本能的な感覚でお金を増やしたり、貯めたりすることができる人です。 他にも、右目の涙袋あたりにほくろがある人は、何事にも向上心が強く努力を惜しまないタイプです。 逆に左目の涙袋あたりにあれば、生まれつき異性をひきつける魅力があります。    

人相は生き方次第で変わるもの

人相は生き方次第で変わるものです。 人相は良くも悪くも現時点での状態であり、一生の運勢ではありません。 そのため、人相や運気を良くしたいなら、その時点でポジティブな気持ちに切り替えることが大切です。 常に前向きな気持ちで現状を変える努力を行い、運気が好転することを待ってみると良いでしょう。    

まとめ

今回は、初心者でもわかる人相学についてご紹介しました。 人相学で見る顔のパーツは、今回ご紹介した箇所以外にも、非常に細かくわけられています。 基本的な内容を理解しながら顔相を見続けることで、徐々にパーツごとの性格の傾向がわかるようになるでしょう。 ご興味がある方は、ぜひ詳しくリサーチしてみてください。  

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ