FC事業にこれから取り組むための準備。
2021年11月13日

FC事業をこれから立ち上げるとき、はじめに取り組むべき準備は何でしょうか。

事業の成功や次の展開を見据えた効果的な運営戦略の検討のため、必要な作業は多岐にわたります。

これらをスムーズに進めるには、事前準備を十分に行う必要があるのです。

また、FC事業本部は自社理念を明確化し、共通認識を持った組織体制を構築しなければなりません。

今回は、FC事業に取り組むために必要な事前準備についてご紹介します。

 

 

フランチャイズシステムを正しく理解する

FC事業をはじめる組織は、フランチャイズシステムについて正しく理解し、経営に関する理念の共通認識がなければなりません。

 

フランチャイズとは

フランチャイズとは、事業者(FC事業本部)が他の事業者(加盟店)と契約を締結し、相互に利益を生み出す仕組みです。

FC事業本部は加盟店に対し、自己の商標・サービスマーク、経営ノウハウを与えるかわりに看板料や指導料を徴収します。

加盟店は、加入時に支払う加盟金のほかに、月々のロイヤリティなど一定の対価を支払います。

FC事業本部と加盟店は、それぞれ独立した事業体が契約に基づいて「共同事業」を行うのであって「共同経営」ではありません。

では、事業者にはどのようなメリット・デメリットがあるのか見ていきましょう。

 

 

フランチャイズのメリット・デメリット

・メリット

資本力が小さいFC事業本部でも、加盟店の経営資源を活用すれば多額の資金や人材を要せずに、急速かつ広範囲に多店舗展開が可能です。

店名や店舗デザイン、商品構成や販売方法の統一は、消費者に対して高い販促効果や信頼感を与えます。

また、FC事業本部は加盟店が保有する地域ネットワークを活用できます。

さらに、加盟金や月々のロイヤリティなど対価を得られるため、安定した経営が可能です。

 

・デメリット

FC本部の営業政策は、地域特性に対応できないケースもあります。

競争力のあるノウハウやシステムの維持は、継続的な開発が必要とされるため、資金や人材の確保が必要です。

また、FC事業本部は加盟店に対して指導・要望はできますが、指示・命令権はありません。

その結果、本部依存体質や自助努力が欠如傾向にある加盟店の存在は、イメージダウンにつながる可能性があります。

また、経営不振の加盟店が発生した場合、それらを立て直すための労力と経費が必要になるのです。

 

 

フランチャイズシステムに重要な理念

フランチャイズシステムでは、自社の理念・経営方針・ビジョンを明確化し、加盟店と共有することが重要です。

さまざまな経験や知識、考え方を持った事業者が加盟店として集まり、契約に基づいて事業を行います。

経営に関する理念のばらつきは、各事業者が自由に事業活動を行う原因になります。

そのため、FC事業本部は自社理念や経営に関する考えを明確化し、事業の統一性を保つ必要があるのです。

 

 

 

FC事業の目的

FC事業の事前準備では、フランチャイズを展開する目的を明らかにしなければなりません。

目的は自社の経営方針、資金面などを総合的に判断し、どのような展開が自社にとって望ましいのか検討します。

FC事業は、資金調達手段の1つでもあります。

例えば、FC本部が優秀な加盟店を開発して出店させることができれば、財務基盤を安定しつつ多店舗展開を図ることが可能です。

一方、直営展開の場合はすべての収益を得られるため安定性があり、投資回収が早い事業なら直営店で一気に拡大を図れます。

このように自社が何を実現し成長するのか、経営環境の変化も見据え総合的観点から最適な展開方法を選択する必要があります。

 

 

FC事業の可能性を検証

自社にとって最適な展開方法を確立したら、次はFC事業展開の可能性を検証します。

検証は、収益性・成長性・独創性・運営難易度・成長の再現性・店舗展開の可能性について行います。

FC事業本部のビジネスモデルは加盟店に販売するため、一定の規模や将来性があり、さらに適切かつ確実な裏付けがなくてはなりません。

確実な成功モデルは、加盟店の売上確保や新規店獲得など、FC事業本部の安定収入につながります。

 

 

FC事業本部プロジェクト立ち上げ

FC事業本部のプロジェクトは、実力のある人員を確保することで円滑に進められます。

一般的に事業本部には次の役割を果たす人材が必要です。

プロジェクトを統括するプロジェクトリーダー、店舗運営・加盟開発・事務担当者です。

店舗運営は加盟店の指導に必要な仕組みづくりを行うため、論理的思考力が求められます。

また、加盟開発はビジネスモデルやFCシステムを深く理解し、経営知識やコミュニケーション能力が高い人材が良いでしょう。

 

 

FC事業本部の事業計画書策定

FC事業の目的を定めて可能性の検証を終えたら、FC事業本部の事業計画書を策定しましょう。

この段階では、将来的にどの程度の店舗数を保有するのか、エリアはどの地域にするのか、加盟対象者や加盟形態について計画します。

すべてにおいて事業拡大の可能性を視野に入れ、さまざまな角度から検討することが大切です。

例えば、初期段階では展開する地域をどのように広げていくか、成長すると次は企業に委託する制度の導入について検討が必要となります。

さらに、FC本部の目標を達成するための加盟店との協力体制や、ビジネスを円滑かつ迅速に進められる計画を策定すると良いでしょう。

 

 

まとめ

これからFC事業に取り組むために必要な事前準備についてご紹介しました。

フランチャイズ業界の市場規模は年々増加しており、一般消費者や雇用創出という観点でも社会に必要不可欠な存在となっています。

FC事業は今後も新しいビジネス展開が予想されます。

時代の流れに乗って、あなたの斬新なアイデアをFC事業で展開しませんか?

 

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ