FC展開を促進するために必要な要素。
2021年10月21日

FC展開は、自社のビジネスモデルを拡大する方法として、有効な手段といえるでしょう。

効果的に事業を促進するためには、どのような要素が必要なのでしょうか。

事業拡大はハイリスク・ハイリターンな活動のため、必要な要素を備えて十分な事前準備を行い、リスクを抑えることが求められます。

また、FC事業は資金調達やビジネスモデルの計画のほか、加盟店の選定も非常に重要です。

今回はFC展開を効果的に促進するために必要な要素をご紹介します。

 

 

FC展開に必要な要素

FC展開を促進するには、事業の価値や効果、競合との差別化や社会的な側面など、必要な要素が数多くあります。

特に下記の要素は、事業拡大の成功に欠かせない基本的な条件です。

 

 

利益の安定と投資資金の確保

FC事業は、加盟店の利益を安定させながら、本部の投資資金を確保しておく必要があります。

事業拡大には、直営店展開でも多額の投資金額が必要です。

商品やサービスの刷新と維持が継続的に必要なため、その費用を確保しなければなりません。

また、急激に店舗数を増やすと、金融機関からの融資実行を待たされるケースがあります。

これは金融機関が累計の借り入れ金額が高くなる傾向が強いと判断するためで、この状態で資金不足に陥ると信用を失いかねません。

このように、利益の安定と事業投資資金の確保は、FC展開を促進するために重要な要素といえるでしょう。

 

一定のスケールメリット

スケールメリットとは、簡単にいうとFC展開でどれだけの効果が見込めるかということです。

例えば、多店舗なら大量の仕入れが期待できるため、原価やリベートを仕入先と交渉することで利益に大きな影響を与えるでしょう。

また、これらは輸送費にも影響するため、仕入れ原価に輸送費が含まれる場合は、さらに交渉が可能です。

さらに、多店舗になれば情報量が増えるため、より精度の高い戦略策定が可能になります。

FC展開では、利益やマーケティング戦略の立案において、どのぐらいのスケールメリットがあるのかという点が重要になるのです。

 

独自モデル・明確な差別化

FC展開では、独自モデルの商品やサービス、情報、オペレーションやマネジメントの仕組みについて、他との差別化が明確になっていることが大切です。

独自モデルを確立するには、売り上げに影響を与える下記の要素を把握しましょう。

商品…客層・ニーズ・顧客が利用するシーン・目玉商品・関連商品・価格戦略

商圏…商圏範囲・商圏特性・世帯人口の成功モデル・年齢層・市場規模・特性(立地・導線・建物)

サービス…接客教育・身だしなみ基準・販売技術教育・附帯サービス販売・クレンリネス基準・従業員教育方法と動機づけ・シフト管理・募集採用方法

販促…媒体・内容・頻度・キャンペーン・ニュースリリース・新規および再来店策・ブランディング方法

上記のような要素を把握することで、明確な差別化を図ることが大切です。

 

 

可視化・言語化できるビジネス

自社のビジネスモデルが可視化・言語化できることは、FC展開に必須の条件です。

本部向けモデルのマニュアルには、オープンマニュアル、スーパーバイザーマニュアル、加盟店開発マニュアルがあります。

加盟店向けのマニュアルは、理念・コンセプトマニュアル、オペレーションマニュアル、マネジメントマニュアルになります。

FC展開では、出店戦略と人材育成計画がリンクしていなければオペレーションができないため、多店舗展開が失敗してしまうでしょう。

そのため、自社モデルのマニュアルは、組織が大きくなっても常に重要なものといえるでしょう。

 

社会的意義

最近では、FC展開でも経営理念などを通して、社会的意義が必要とされる時代になりました。

ドミナント出店により、フランチャイズは本部間での競争が激化し、顧客や従業員の取り合い、加盟店の縛り問題など、社会的イメージが悪化しています。

これらの状況を鑑みて、必要最低限の仕組みでFC展開をすることで、段階的に充足していく方法が望ましいといえます。

FC展開は、事業モデルの優位性や地域顧客ニーズに対応し、雇用拡大などの社会的意義を果たし経済的リターンを得ることが重要です。

そのためには、FC加盟候補者を見極めて加盟店の自主性を認め、創意工夫を引き出すことが必要不可欠です。

※ドミナント出店…地域を絞って集中的に出店すること

 

 

 

 

FC展開に大切な加盟店選定

FC展開において、加盟店の選定は事業の成否を左右する大切な作業です。

ここからは、FC展開において外せないポイントを見ていきましょう。

 

 

FC本部の経営に関する共感度

加盟店とFC本部の経営理念や経営方針の共感度が高ければ、本部との信頼関係をベースにさまざまなシーンで協力できるでしょう。

もし共感度が低ければ、加盟店の売り上げが伸び悩んで経営が悪化した場合、トラブルに発展する可能性が高いです。

そのため、経営理念や経営方針の共感の統一は、FC展開において前提条件であり、信頼を保つ上で重要になるといえるでしょう。

 

経営者の姿勢

加盟店とFC本部の関係性は、子会社ではなく、独立事業者同士の対等な関係です。

FC本部は加盟店をサポートしますが、収益を保証する訳ではないため、加盟店には自助努力が必要とされます。

加盟店が個人経営や小規模企業で、FC本部に依存する傾向があるなら、積極的な改善を検討する必要があります。

 

フランチャイズシステムの理解度

加盟店は、フランチャイズシステムについて最低限の知識を有し、自社システムについて理解度を高める必要があります。

特にFC本部と加盟店は、それぞれの役割や義務を理解し果たすことで、事業が成立します。

そのため、加盟店としての役割や義務を十分に理解しているかどうかという、フランチャイズシステムの理解度をチェックすることが大切です。

 

 

まとめ

今回は、FC展開を効果的に促進するために必要な要素をご紹介しました。

FC展開は、事前準備から最低限必要な要素まで、重要な要素が数多くあります。

FC展開を促進するためには、重要な要素を整備した上で、変動する世の中の流れを意識したビジネスモデルの構築が求められるのです。

 

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ