セルフブランディングの仕方
2021年07月16日

 

最近では、個人がセルフブランディングを行うようになりました。

興味はあるけれど仕方が分からない、するべきなのか、意味はあるのかなど、さまざまなイメージをお持ちの方も多いのではないでしょうか?

セルフブランディングは、セルフプロデュースとも言われ、個人のビジネスで成功したいなら意識して取り組む必要があります。

また、自分が持っている強みを活かせる領域を知ることで、ニーズに特化した効果的なマーケティングが実現可能です。

今回は、セルフブランディングの仕方についてご紹介します。

 

 

セルフブランディングとは

セルフブランディングを簡単に言うと、自分自身をブランド化して価値を高めることです。

ブランディングは、あるものに対し価値の共感や信頼性などを高め、ブランド化するマーケティングの1つです。

それを自分自身に対して行うのが、セルフブランディングになります。

個人のビジネスでは、個人そのものがブランドとして存在するため、ブランディングが必要です。

しかし、表面的に良く見せるだけのテクニックに集中せず、個人に適した取り組みをしなければ逆に価値を下げることにつながるので、注意しましょう。

 

 

セルフブランディングをするメリット

個人のビジネスにおいて、セルフブランディングが正しく機能すると、強力な推進力を得ることができます。

例えば、個人の強みや売りが市場ニーズに合致すると、興味や関心を集め価値に共感してもらえるようになります。

消費者が「他にはない価値があるもの」と認識すれば、信頼や集客、販売につながるでしょう。

また、ブランディングで差別化ができていれば、自分で価値をコントロールできるため、安定したビジネスが可能です。

 

 

 

セルフブランディングの仕方

セルフブランディングの仕方について、見ていきましょう。

ここでは、個人でビジネスを展開する場合を例にしています。

 

自己分析

セルフブランディングでは、最初に自己分析を行います。

自分が秀でている部分などを書き出し、全ての側面から自分自身を洗い出すことで、客観的に分析しましょう。

例えば、本質的な強みや得意なこと、最大の成果や克服してきたこと、好きで情熱が湧くことなどをイメージすることが大切です。

他にも、周囲の人に意見を聞くなど、様々な視点から自分の強みを集めることで、具体的に何がどう良いのかを考えます。

また、中にはデメリットに感じることでも、その延長線上に自分の強みを発見することがあるのです。

 

ターゲットの選定

自分の強みである素材に対し、エリア・ジャンル・ターゲットなどを選定します。

例えば、何にでも対応できるという幅広い強みは総合的なマーケティングが必要になり、専門性に欠けていると感じる場合があります。

個人のビジネスでは、自分の強みの中から活かせる部分をいかに早く見つけ、その部分に絞り込んで特化することに成功の鍵があるのです。

そのため、ターゲットを選定し、提供できる価値を明確にすることで、効果的なマーティングを実現できるでしょう。

 

キャッチコピーを考える

継続的に情報発信する際の、キャッチコピーを考えることも大切です。

キャッチコピーは、自分の強みやターゲット・ベネフィットなどを盛り込み、第一印象で興味深く伝わるようにしましょう。

例えば、自分の強みを実績・経験・特技・長所などで伝える方法や、消費者が得をする内容を魅力的かつ興味深い言葉を使って表現します。

また、強烈なインパクトを与えるようなパワーワードは、訴求力を高める効果が期待できます。

 

発信方法の策定と実行検証

自己分析から始まりターゲットやキャッチコピーまで決まれば、その情報の発信方法を策定し、セルフブランディングの実行検証をします。

セルフブランディングを成功させるには、ブランドの一貫性をもたせて情報発信することが求められます。

オンライン上のウェブサイトを中心に、いくつかのSNSに限定することで、効果的な発信を策定しましょう。

最後に、市場の反応を検証し、効果が少ないと感じたら、ニーズに合わせて再構築することが必要です。

 

 

セルフブランディングのポイント

セルフブランディングをする時は、難しく考えずにポイントを知っておくと簡単に進められます。

 

自分の強みを分析する

自分の強みを分析する時に、一番分かりやすいポイントがあります。

例えば、好きなことや得意なこと、人に教えられることやビジネスで武器にしていたことです。

また、誰にも負けないと自負できる得意分野や強みを、これまでの経験や実績からリストアップします。

そして、強み・弱み・機会・脅威の4つの要素で分析するSWOT分析を用いて、自分自身を客観的に整理し、明確にすることが重要です。

 

強みが役立つか明確にする

自分の強みが分かったら、次は誰に役立つか、市場はどこにあるのかを明確にします。

それは、好きなこと・得意なこと・お金をもらえること・需要がある領域をビジネスに当てはめると、コンセプトを明確にするのに役立ちます。

誰のために役立つかというより、視点を変えて誰のために役立ちたいのかを考えると、自分の市場が見えてくるでしょう。

 

強みを活かす領域を見つける

様々な経験をした人の中には、強みの範囲が広く散らばっていて、適切に活かす領域を見つけられない時があります。

その場合は、一度大まかにまとめてみると、関連性がないと考えていたことからも、共通点が見えてくるものです。

断片的な経験や能力は、再現性のあるスキルなら得意領域になるため、知識を体系化することもセルフブランディングでは重要です。

 

 

まとめ

セルフブランディングの仕方やポイントをご紹介しました。

個人のビジネスでは、自己分析を行い自分の定義やイメージを整理することで、強みを活かしたブランディングが必要です。

不必要と思うことがあっても、視点を変えて考えると、今後のビジネスに活かすことができるかもしれません。

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ