事前リサーチの重要さ②
2021年07月14日

 

商品を開発する際は、販売する前の事前リサーチが欠かせません。

時代の変化に伴い、ライフスタイルや顧客のニーズ、好みが多様化しています。

ビジネスを展開していく上で、市場ニーズを掴むことは、非常に重要です。

リサーチには、様々な手法が存在しています。

戦略の妥当性を検証しながら精度を向上させることで、売上につなげる意識が大切です。

今回は、マーケティングにおける事前リサーチについて、意味や種類をご紹介します。

 

 

リサーチとは

リサーチとは、商品やサービスのマーケティングを行うために、市場や顧客ニーズを事前に調べることを指します。

販売活動は、顧客を中心に戦略を構築するため、顧客の声に耳を傾け何が求められているのかを知る必要があります。

事前リサーチは、戦略策定や商品設計時の顧客ニーズを調査し、事後リサーチでは、戦略実行後の効果検証を行うのです。

企業は収集・分析したデータから、既存商品やサービスの満足度・新たな問題の発見と改善点・消費者のトレンドを捉えます。

これを基に、実態構造の把握や将来的なニーズを探索することで、より効果的なサービスにつなげることが可能です。

事前リサーチを通して顧客を知り、ニーズに合った商品・サービスを提供することで、経営資源を効率的に運用することができるでしょう。

 

 

事前リサーチの目的と重要性

昨今、企業には顧客起点の商品開発やサービスが求められているため、事前リサーチは市場や顧客ニーズを把握するために、欠かせません。

事前リサーチによって、方向性や顧客ターゲットごとの顕在・潜在ニーズを把握できます。

これらの情報は、既存・新規商品の開発や改善、サービスの向上など顧客起点のマーケティングに役立ちます。

また、商品の方向性を定め、対象となる顧客に的確にアプローチするため、経営リスクを軽減できるのです。

事前リサーチにより顧客のニーズを把握することで、マーケティング施策を成功に導けるでしょう。

 

 

 

 

リサーチの流れ

リサーチは、調査目的を定めて計画・実施し、得られたデータを分析して次の施策に活用する、という流れで行われます。

企業が抱える課題を解決するには、リサーチで何を調べるのかを明確にして、効果的な調査を行いましょう。

そのため、年代・地域・属性などの対象者の条件や人数、過不足のない調査項目を作成後、適切な方法を選択して、調査を実施します。

リサーチで得たデータは、種類などを考慮して最適な分析を行い、統計データから判明した情報を課題解決に活用します。

 

 

リサーチのメリット

事前リサーチのメリットは、顧客のニーズを参考にした商品開発やサービスを提供できるという点です。

また、ターゲットに適切な商品を提供することができれば、コスト削減につながり、経営リスクを軽減することもできるでしょう。

例えば、市場・顧客のニーズを知らない企業が技術や資源に注目してつくった商品より、市場・顧客が求める商品の方が、成功する確率は高いことが予想されます。

また、このような商品は顧客満足度や意欲などの事後リサーチによって、さらなる改良やシェア拡大につなげられます。

特にSNSを使ったリサーチは、ダイレクトに成否がわかるため、企業はリアルタイムで改善点を確認することができるのです。

 

 

定量調査と定性調査

リサーチには、定量調査と定性調査の2つがあります。

目的を達成するため取得するデータによって調査方法が異なるため、適切な方法を選択することが大切です。

 

定量調査

定量調査とは、結果を割合などの数値で表現する調査です。

例えば、インターネットリサーチ・街頭調査・電話調査・郵送調査など、さまざまな調査方法があります。

定量調査では、数値データとして信頼性を確保するには、一定数以上のサンプルが必要です。

収集したデータは数値化されているため、時系列の比較や多変量解析などの統計データにも適しています。

また、数値データとして可視化できるため、施策や改善を行う際に根拠のある情報として活用できます。

定量調査は、主に商品やサービスの実態把握などの観察や、調査の割合把握に使われているのです。

 

定性調査

定性調査とは、言葉・行動・状況などの数値化できないデータの収集を目的とした調査です。

例えば、グループインタビュー・インデプスインタビュー・訪問観察調査などがあります。

この調査では、深層面接法や観察法を使って、考えや表情、感情などから情報を収集するため、新たな視点からニーズを発見できます。

また、調査データは特定の情報を深く知りたいときや、言語化の難しいインサイトの発掘に使われているのです。

定性調査は、消費者の意識・行動・ニーズが多様化して、仮説が立てられない状況下でも、比較的少ないサンプルで深層心理を知ることができます。

 

 

まとめ

今回は、事前リサーチの目的や重要性、調査方法をご紹介しました。

勘だけを頼りにつくられた商品やサービスでニーズがあるのは一握り、あるいは全く関心がない場合もあるのです。

そのため、何が求められているのかを調査し、分析する必要があります。

商品開発やサービスを提供する際は、適切な事前リサーチを行い、ニーズを把握することが大切です。

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ