バックエンドエンジニアを目指すなら知っておきたい基礎用語
2021年07月06日

WebサイトやWebサービスの開発に特化しているバックエンドエンジニアには、フロントエンドも熟知しているエンジニアが多い傾向にあります。

バックエンドエンジニアは、サーバーの構築を行っており、ユーザーの目に触れない部分を担当しています。

使用する言語は、フロントエンドの言語より習得が難しいため、使いこなすことができれば大いに活躍できるでしょう。

今回はバックエンドエンジニアを目指すなら知っておきたい、基礎用語とスキルをご紹介します。

 

 

バックエンドエンジニアとは

先述した通りバックエンドエンジニアは、ユーザーからは見えない部分を構築するエンジニアです。

クライアントの意向を考慮しながら最適なデバイスやOSを選定し、インフラ環境の整備・システムの要件定義・設計・開発までの業務を行います。

エンジニアは、アクセシビリティの高いデータベースの構築、UXが高いサービスが提供できるシステムの開発が求められます。

バックエンド言語は、コンパイラとインタプリタの2つに分かれており、ともに習得しておきたい言語です。

また、サーバーを統括するOS、Webサーバーソフトウエアやデータベースソフトウエアなど、ミドルウエアに関する知識も必要です。

他にも、フレームワークやライブラリなど、チーム開発に有用な各種ツールの取り扱いも習得しておきましょう。

 

 

 

 

バックエンドエンジニアに必要なスキルと言語

バックエンドエンジニアは、フロントエンド領域もカバーする場合があります。

ここでは、代表的な言語とスキルをご紹介します。

 

PHP

PHPは、Web系プログラミング言語の中でよく用いられている、スクリプト言語の1つです。

シンプルかつ手軽なコーディングで、動的なコンテンツの作成ができるため、CMSやECサイトなど様々なサイトに使われています。

例えば、お問合せフォームの自動返信機能や、ショッピングカート内の商品数や金額を計算することができます。

PHPは、比較的容易に基本的な文法が理解できるため、練習しながらスキルを向上することが可能です。

 

Java

Javaは、世界中で広く使用されているプログラミング言語の1つです。

専門性が高くOSに依存しないため、汎用性が高いことから幅広いジャンルで採用されています。

Javaは、業務システムやWebアプリケーションの構築、Androidやデスクトップ用のアプリケーション開発など、幅広い場面で活躍しているのです。

また、様々なプラットフォームで動作し、処理速度や保守性も優れています。

多くのエンジニアが利用しているため情報が多く、問題点を解決しやすことも特徴です。

 

Python

PythonはAI(人工知能)開発に強く、Javaを抜いて世界一のシェアを保有しています。

AI開発やシステム開発だけではなく、Webアプリケーションの開発にも優れており、非常に汎用性が高いプログラミング言語と言われています。

他にも、データ処理や分析の効率化、Web上のデータ収集、ブロックチェーン技術の開発などにも活用されているのです。

Pythonは、シンプルかつ少ないコードの記述で開発することができ、修正や引継ぎも比較的容易なので、習得しておきたい言語といえるでしょう。

 

Ruby

Rubyは、関数形と命令形のバランスが取れている、オブジェクト指向スクリプト言語です。

主にWebアプリケーションを作成するためのフレームワークを利用して、Webサービスやアプリケーションの開発ができます。

例えば、レシピサイトの「クックパッド」や、飲食店の口コミサイトである「食べログ」などに使われています。

他にも、SNSサイト、アプリケーションサイト、ショッピングサイトのフロント部分のほか、決済機能などのバックエンドの部分までの開発が可能です。

 

MySQL

MySQLは、オープンソースのリレーショナルデータベース管理システムです。

データをテーブルで管理するため、テーブル同士をキーとなる項目で結合してデータを取得できます。

MySQLは、Windows、Macなど幅広いプラットフォームに対応しています。

高い性能と、使用要件に合わせてチューニングできる利便性から、Yahoo!やGoogle、YouTubeなどで採用されているのです。

このように、大手企業も採用しているシステムのため、エンジニアを目指すなら知っておきましょう。

 

フレームワークスキル

フレームワークとは、開発を効率よく進めるために機能をまとめたものです。

Webフレームワークを利用すると、プログラミング言語を使ってコーディングを行うよりも短期間で効率的に開発できます。

また、チームで開発を行う際にコードの統一性を保持できるため、エンジニア間の齟齬を減らすことにつながるのです。

フレームワークは、PHP・Python・Rubyなど、言語ごとに様々な種類があります。

使用する言語やつくりたいものによってフレームワークが異なるので、情報が更新されるたびに理解する必要があります。

 

C言語

C言語は、ハードウエアを直接制御するプログラムの開発や、モバイルアプリなどで利用されるプログラミング言語の1つです。

高速でコンパクトなプログラムが実現可能であり、処理速度は最速です。

C言語の仕様を引き継いで、機能を拡張した言語にC++があります。

しかし、他のプログラミング言語より操作が複雑なので、知識を深めるための学習が欠かせません。

C言語では、プログラミングの基礎知識、ビッグデータ解析・AI・VRなど、大量データを高速処理する際に役立つスキルを身につけることができます。

 

 

まとめ

今回は、バックエンドエンジニアに必要な基礎用語やスキルをご紹介しました。

IT業界では、開発言語に加えてデータベースの知識、フレームワークやセキュリティなど、常に新しい情報がアップデートされています。

そのため、バックエンドエンジニアとして活躍するには、日々勉強することが大切です。

開発経験を積むことで経験値を高め、スムーズなスキルアップを目指しましょう。

 

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ