Shopifyの優位性
2021年06月29日

世界中で利用されているShopifyは、専門知識がなくてもオンライン販売がはじめられる、ECサイト作成サービスです。

Shopifyは世界175ヶ国、170万以上のネットショップで使われており、大手企業から世界的な著名人まで多くのブランドが利用しています。

ここ数年は働き方や生活スタイルが変化し、世界的にデジタル化が加速したことで、オンラインショップを導入するブランドが増加しています。

日本でも海外に販路を拡大したい企業が導入するなど、新規出店数が伸びているのです。

今回は、EC業界で話題のShopifyをご紹介します。

 

 

Shopifyとは

Shopify(ショッピファイ)は、低コストで本格的なECサイトが開設できるECプラットフォームです。

Googleがオンラインショッピングの拡大で提携するなど、世界中で注目を集めています。

日本でも、国内向けだけではなく海外向けのECサイトを展開する事例も多く、世界No.1のシェアを誇っています。

Shopifyは、レンタル型通販カートシステムと言う仕組みのため、サーバー管理が不要です。

この仕組みはゼロからの開発より安価で、複数向けに作成されたシステムは、クオリティが高く安定しているのです。

また、Shopifyは運用のための費用が安く集客力があり、カスタマイズ性が高い機能を備えています。

まさに、オープンソース型・モール型・スクラッチ型の、それぞれの良い機能を備えていると言えます。

 

Shopifyのメリット

Shopifyのメリットで1番に気付くのは導入コストの低さです。

100種類以上あるテンプレートはクオリティの高いデザインが揃っているため、HTMLなど専門的な知識がなくても簡単にECサイトを開設できます。

また、日本をはじめ世界中の決済方法・言語・税率に対応し、会計処理・顧客サポートなどのサービスも充実しています。

在庫マネジメントや配送面の対応にも強く、日本郵便・ヤマト運輸・佐川急便・FedEx・UPS・DHLと提携しておりスマホでも管理が可能です。

このようにShopifyは、越境ECにチャレンジしやすい環境が整っているのです。

さらに高いカスタマイズ性がありAPIも充実しているため、SEO対策やSNSとの連携により集客力も見込めます。

 

 

 

 

Shopifyで飛躍できる企業

日本へのローカライズが進み導入しやすくなったShopifyでは、どのような企業が飛躍できるのでしょうか。

様々な側面から、導入を検討しているパターンを例にご紹介します。

 

越境ECを検討中

越境ECを検討する場合、言語や決済方法、税率が気になりますが、Shopifyはすべて対応しています。

在庫管理スペースは、傘下のドロップシッピングサービスであるOberloではじめることができます。

また、国内でネットショップを運営している場合、海外向けのECサイトにカスタマイズして開設することが可能です。

ShopifyはCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)を標準機能として使用できます。

この機能を使用すれば、どの国からサイトを閲覧しても最適な環境で表示・閲覧できるため、ECサイトには欠かせません。

また、越境ECでは顧客像によって集客方法が変わるため、SNSと連携することでユーザーと接点を持ったサイト運営ができます。

 

コスト削減を模索中

海外進出を見据えてコスト削減を模索中の企業も、Shopifyなら低コストで販路を拡大できます。

ショップの運営は国内でも想定以上の費用がかかることはありますが、それは海外でも同じです。

Shopifyは他のECサイト作成サービスより、リーズナブルにはじめることができます。

月額基本料は最も安価なベーシックプランで3,000円程度のため、月額コストを抑えて本格的なECサイト運営ができます。

しかし、運営に利用するアプリなども、ほとんどが同様に課金制のため、追加費用には気をつけなければなりません。

また、Shopifyペイメントを利用すると、取引手数料を0円にすることができます。

 

ECサイト作成を計画中

海外進出を視野に入れ、これからECサイトの作成を計画中なら、Shopifyがおすすめです。

世界シェアNo.1という事実もポイントですが、これまでご紹介した通りShopifyには多くのメリットがあります。

国内・海外も含め決済方法が豊富で、グローバルな対応が可能なため、海外進出も見据えた事業展開を想定できます。

そのため、海外を視野に入れているなら、Shopifyを利用してECサイトを作成しましょう。

デジタル化が進む昨今では、販売方法やマーケティングそのものが変わりつつあります。

様々な状況や今後を見据えECサイトを作成するなら、コストを抑え必要なサポートを網羅したShopifyが最適です。

 

 

Shopifyの費用と基本機能

様々なメリットがあるShopifyの費用と基本機能を見ていきましょう。

Shopifyの月額料金は、ベーシックプラン/29USドル・スタンダードプラン/79USドル・プレミアムプラン/299USドルです。

ユーザーの目的に合わせて選択可能で、訪問者数や商品登録数に制限はありません。

他にオンラインクレジットカード手数料が、プランごとに設定されています。

また、Shopifyペイメント以外の決済サービスを使用する場合は追加料金が必要です。

どのプランも初期費用はかからず、月額契約と年間契約プランもあり、一括で支払う場合は約10~30%が割引されます。

 

 

まとめ

Shopifyの優位性についてご紹介しました。

低コストの運用や優れた機能性は、多くのECサイトを開設した方から支持されています。

また、Googleとの提携は様々な関連先に影響すると予想され、波及効果が期待できるでしょう。

ECサイト作成の際には利用してみてはいかがでしょうか。

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ