連絡ツールあれこれ/LINEworks、slack、chatworkなど
2021年06月09日

ビジネスにおいては、やはり連絡ツールというものが欠かせません。昔だったらビジネスにおける連絡ツールと言えば、電話かファックスといった感じでした。しかしながら、インターネットが普及したことによってメールでのやり取りが主流になり、今では業務連絡をLINEでおこなっている企業なども多くなっています。

他にも連絡ツールとして使えるものはいろいろあるのですが、今回は今主流となっている連絡ツールをいくつかご紹介していきたいと思います。

LINEworks

今は誰かと連絡を取るといったときに、多くの方がLINEの名前を挙げます。実際にLINEでのやり取りがメインで、メールや電話は滅多にしないという方のほうが増えてきています。そのLINEのビジネス版チャットツールとなっているのがLINEworksです。

通常のLINEのトーク機能やスタンプ機能など基本的な機能はそのままなのですが、ビジネスに特化したチャットツールに仕上がっています。複数人とのビデオ通話はもちろん、音声通話機能やスケジュール管理、画面共有などビジネスにおける「あったらいいな」を一通りそろえてくれています。

LINEworksはフリープランというものも用意されているのですが、基本的には有料のサービスとなっています。有料プランとしてはライトプラン、ベーシックプラン、プレミアムプランの3つが用意されており、金額が高くなればなるほど使える機能も多くなっていきます。

LINEworksはユーザーにとっては、普段使っているLINEの延長という感覚になるかと思います。そのため、使いやすいという部分もありますし、導入もしやすいでしょう。もちろん、説明はきちんと読んでおいたほうがいいのですが、普段LINEを使っている方であれば説明を読まずに直感的に利用することができます。

また、LINEworksはスマートフォンアプリからでもパソコンと同じ機能を利用することができます。一般的な連絡ツールだとスマートフォンアプリとパソコンで使える機能に違いが出ることも多いのですが、LINEworksであればその心配はありません。そのため、出先での急な連絡にもすぐ対応することができます。

さらに、LINEworksはセキュリティやサポート体制が整っています。基本的にLINEworksの通信は強力に暗号化されており、そこに24時間365日体制のモニタリング機能もプラスされています。スマートフォンでの利用を想定して、万が一スマートフォンを紛失してしまったり、盗難に遭ったりした場合でもデータ削除やファイル保存の制限を外部からかけられるようになっています。

ただ、普段使っているLINEの延長線上にあるということで緊張感に欠ける部分はあるかもしれませんし、少し前にはLINEの個人情報の流出も大きなニュースとなりました。便利ではあるものの、絶対的におすすめとまでは言えないのが現状です。

 

slack

Slackというのは2013年8月にアメリカでリリースされたコミュニケーションツールになります。アメリカのSlack Technology社が開発したビジネスチャットツールなのですが、もともとは社内でのコミュニケーションのために開発したツールだったと言われています。実際に働く社員が開発しているからこそ、必要なポイントを押さえた優秀なビジネスチャットツールに仕上がっています。

基本的にslackはインターネットに接続できる環境であれば、いつでもどこからでも利用することができます。スマートフォンアプリからの利用はもちろん、パソコンからでも利用ができます。チャット機能やファイル管理、検索機能、ビデオ通話機能といったビジネスに欠かせない機能が用意されています。

機能としては少なく感じられる方もいるかもしれませんが、例えばチャット機能の中でもダイレクトチャットやメンションといった複数の機能が用意されていますので、できることは思っている以上に多いものです。ちなみに、slackにも無料プランと有料プランが用意されており、やはり有料プランのほうがいろいろな機能を使えるようになっています。

Slackがあることによってさまざまな作業をslackに集約させることができます。下手にいろいろなツールを使わずに済みますので、そのほうが業務も効率的に進められるでしょう。メッセージは途中参加の方でも流れがわかるようになっていますし、通知設定なども自分の好きなように変更することができます。

何よりもslackであれば、連携できる外部ツールがとても多いです。

例えば、GoogleカレンダーやGoogleドライブなどを仕事で使っている方も多いでしょう。特に、Googleドライブなどは情報を共有することも多いかと思います。Slackであればこういったよく使う会部ツールとも連携ができるようになっていますので、より便利です。

Slackは単なる連絡ツールというよりも、slackを連絡ツールとしながら他の外部ツールと連携させて、slack中心に作業を進められる総合的なツールと言えるでしょう。慣れるまでは大変かもしれませんが、慣れてしまえばかなり業務の効率がアップするかと思います。

 

chatwork

Chatworkはコマーシャルをよく見聞きするという方も多いでしょう。Chatworkは業務に関するコミュニケーションを円滑にするためのビジネスチャットツールです。社内だけではなく、社外とのコミュニケーションにも活用していくことができます。

ユーザーも多く、定番のビジネスチャットツールとなっているのですが、その理由としてまず挙げられるのが国産のビジネスチャットツールであるという部分です。Chatworkはchatwork株式会社という日本企業がサービスを提供しています。日本人が考えた日本人のためのビジネスチャットツールということもあって、やはり日本人にとって使いやすい仕様となっています。

chatwork内では案件ごとにスレッドを立ち上げるといったことも可能なのですが、その際に基本情報を記載することができ、それがいつでも確認できるようになっています。そのため、chatwork内で複数のやり取りが発生したとしても、何についてのやり取りなのかわからなくなってしまうといった心配がありません。

また、chatworkではタスク管理機能も用意されています。タスク管理機能の中にはタスク依頼といったものも可能になっていますので、誰がいつまでにどのタスクを完了させればいいのかすぐにわかります。業務の分担もしやすいでしょう。

ただ、chatworkは誰にでも気軽に利用できるビジネスチャットツールになりますので、たまに間違ったコンタクト承認などが届くことがあります。ビジネスチャットツールとして活用していくのであれば、知らない相手とは気軽につながらないようにしておいたほうがいいでしょう。

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ