フロントエンジニアを目指すなら知っておきたい基礎用語
2021年06月01日

Web制作のフロントエンジニアを目指す際は、基礎用語をチェックしておきましょう。

業務中は略語の専門用語が飛び交っているので、会話の内容が理解できないという場面も多くあります。

そこで今回は、フロントエンジニアを目指すなら知っておきたい基礎用語と、必要なスキルを見ていきましょう。

フロントエンジニアを目指す方の、参考になれば幸いでございます。

 

フロントエンジニアとは

フロントエンジニアとは、Webサービスなどのフロントエンド、つまりユーザーの目に触れる部分を開発するエンジニアです。

具体的な作業は、プログラミング言語などを用いてフロントエンドの開発を行います。

エンジニアの業務範囲は広く、Webページを表示させるためのコーディングのほか、SEOを意識した設計やコーディングが挙げられるでしょう。

他にも、WebマーケティングやUI・UXの考慮も必要とされるため、常に新たな技術に対応できる能力が必要なのです。

 

 

 

 

フロントエンジニアに必要なスキルと言語

フロントエンジニアは、積極的に学ぶことでスムーズなスキルアップが可能です。

大きく成長するには、より多く学びスキルを高める必要があります。

ここでは、フロントエンジニアに必要なスキルと言語をご紹介いたします。

 

HTML

HTMLは、Webサイトで必要な情報を、文字・リンク・図で記述するためのマークアップ言語です。

この言語を理解するには、タグの概念を理解する必要があります。

現在は、HTML5が標準ですが、Webページの作成に必ず使用するため、過去の知識が必要になるケースもあります。

また、HTMLのタグを記述する場合は、ルールに従って行わなければ正しく表示されません。

HTMLでは、構造やタグの概念を理解し、誰が見ても分かりやすいように整理して記述することが重要です。

 

CSS

CSSは、マークアップしたHTMLに、文字の色や大きさなどの装飾をするスタイルシート言語です。

現在の標準はCSS3で、この言語もWeb制作になくてはならないものです。

CSSの技術は、Webデザインの表現力に直結しており、見やすいページにするデザインスキルが求められます。

また、BootstrapやBulmaなどのフレームワークを案件によって使い分けると、クオリティの高いページをつくることができるでしょう。

 

JavaScript

JavaScriptは、フロントエンジニアに最も必要とされる技術です。

CSSでも動きを表現できますが、さらに複雑な動きを表現するには、JavaScriptを使います。

例えば、画像のポップアップ表示や、ページにGoogleマップを組み込んで公開する場合です。

プログラムを補助してくれるライブラリやフレームワークは、その知識を深めると開発効率を高められるでしょう。

ライブラリならjQueryやReact、フレームワークならAngularJS、Vue.jsがあります。

また、JavaScript の拡張言語であるTypescriptなどのスキルがあると、作業の幅も広がります。

 

CMS

CMSはHTMLやCSSの知識がなくてもWebサイトの構築ができるシステムで、Word Pressがよく使われています。

Web制作の現場では、依頼者からWebサイトの立ち上げを依頼された場合、フロントエンジニアはCMSを使うケースが多いのです。

CMSは、使いこなすと非常に便利なツールですが、不測の事態に備えてサーバー回りの知識やLinuxの知識、Webサイトのバックエンドの知識を高めておくことが大切です。

 

PHP・Ruby・Python

フロントエンジニアは、JavaScriptでプログラミングを行う能力が求められますが、PHP・Ruby・Pythonも習得しておきたい知識です。

PHPはクラシックな言語で、動的なWebページの開発に利用されており、多くの開発者から好んで使われています。

Rubyは使いやすさを追求してつくられており、Webサイトの開発で多くのプログラマーから認められている言語です。

Pythonは文法がシンプルで書きやすく、機械学習の開発に向いており、初心者でも取り組みやすい言語といえるでしょう。

 

Webマーケティングスキル

フロントエンジニアは、ユーザーの意向を考慮してWebサイトを設計しなければならないため、Webマーケティングに大きく関わっています。

Webマーケティングは、集客施策を推進してアクセス解析を行い、リピーターの獲得施策を推進しなければならない重要な要素です。

そのため、プログラミングスキルをはじめ、Webサイト・Web広告・SNS運用の知識やスキル、論理的思考力やコミュニケーション力が求められます。

 

SEO

フロントエンジニアには、SEOに関する知識も必要です。

SEO対策は、エンジニアがWebサイトやWebサービスを制作する時点で始まっています。

上位ランクを獲得するには、特定の文言を繰り返し使うことや、タイトルに文言を入れるだけでは難しいのです。

質の高いコンテンツを用意しつつ、多くのユーザーの目に留まるような対策を考える必要があります。

フロントエンジニアは、Webサイト構築時にSEOに対する知識が求められるのです。

 

UI・UX

フロントエンド開発では、UI・UXの知識も得ておかなければなりません。

UI・UXの印象は、WebサイトやWebサービスの集客数に影響します。

例えば、衣料品では実店舗でも衣類の見た目や使い心地が、購買意欲に直結します。

同じようにWebでも、ボタンの配置やデザイン、商品を購入するための訴求やストーリーづくりで、大きく変わるのです。

フロントエンジニアにUI・UXの知識があれば、さらに集客数を伸ばすことができるでしょう。

 

 

まとめ

フロントエンジニアを目指すなら、知っておきたい基礎用語やスキルをご紹介しました。

フロントエンジニアに必要な知識は、数多く存在するため、常に学ぼうという意識が大切です。

基本的に、全ての作業がHTML・CSS・JavaScriptと深く関わっているため、これらの知識を少しずつ深めていくことで、一流のデザイナーになることができるでしょう。

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ