最も簡単にECビジネスに参画する方法
2021年04月07日

皆様はECという言葉をご存じでしょうか。

EC(electronic commerce)とは、インターネット上で物品やデータなどを売買することを指します。

ECは日本語に訳すと『電子商取引』の意味を持つ言葉です。

近年では主に『ネットショップ』や『ネット通販』などと呼ばれることが多く、馴染みのある方も多いのではないでしょうか。

インターネットで注文をしただけで品物が手元に届く利便性は、人々の暮らしを大きく変えています。

コロナ禍によって外出を自粛しなければならなくなり、普段の買い物のスタイルにも変化が訪れています。

このタイミングでECを初めて利用し、その利便性に気がついたという方も多いのではないでしょうか。

実際に店舗に行かなくても、いつでも、どんな場所からでも注文できるEC。

その規模は今後更に拡大していくでしょう。

 

成長が見込まれるECビジネスに参画したいけれど、何から始めれば良いのかわからないという方もいると思います。

今回は最も簡単にECビジネスに参画する方法について記させて頂きます。

 

 

ECの種類

ECの形式は、大きく二種類に分けられます。

基本的にECは『モール型EC』か『自社EC』であり、それぞれ下記のような特徴があります。

 

 

 

【モール型EC】

モール型ECとは、同一のサイトに複数のショップが存在するものを指します。

小規模のものから大規模のものまで。サイトの数は近年増えてきており、取り扱う商品も多種多様です。

モール型ECは主に下記の特徴があり、メリットとデメリットについてを知っておく必要があります。

 

■メリット

・敷居が低い

モール型ECの大きな特徴として、出店しやすいという事が挙げられます。

各種の料金を支払い、商品を用意し、あとはモールが用意した機能を利用するだけで店舗を開けます。その手軽さは『最も簡単にECビジネスに参画する方法』に直結するでしょう。

 

・人が集まりやすい

モール型ECを運営しているサイトは多くあります。

中でも有名なサイトに出店すれば、それだけで多くの消費者との繋がりを増やせる可能性があります。

 

・モール型ECから情報の提供を得られる場合がある。

大規模のモール型ECなどは、店舗への各種サポートを提供している場合があります。

例えば商品ページへのアクセス数や、売れた商品の数量などを知る事が出来ます。

各種のデータから、マーケティングの大まかな戦略を練る事が出来るでしょう。

また、膨大データを自社で分析する手間を省ける点も魅力です。

モール型ECからどのようなサポートを受けられるのか、事前に調べる必要があります。

 

■デメリット

・各種コストがかかる

主に出店料の初期投資や月額費用、製品が売れた際には販売手数料を支払う場合があります。安定して一定の利益を出さねばならず、利益が出た分だけ手数料がかさんでしまうのはデメリットと言えるでしょう。

しかし、中には月額費用が0円のモールもあります。

コストの問題は常に悩みの種です。各種モールの入念な下調べが必要となるでしょう。

 

・競合が多い

出店の敷居が低い分、他社との競合が常に付きまといます。

新規の流入が多く、それに伴う価格変動には特に注意する必要があります。

商品の価格を上げれば利益は出ますが、商品をより安く販売する競合が現れた場合は価格設定を見直さざるを得ません。

出店者は同類の商品についての価格動向を常に確認する必要があるでしょう。

 

上記がモール型ECの特徴です。

複雑な要素や手順が少なく、初心者にお勧めの方法であると言えるでしょう。

 

 

【自社EC】

自社ECは、企業が自社でECを運営する方法です。

社内でサイトの構築を行わなければならない分、モール型ECと比べると敷居は高くなりがちです。

しかし、自社ECにしかないメリットも多く存在しています。

 

■メリット

・ページを自由に作成できる。

モール型ECの場合、商品の販売ページはモールサイトのテンプレートに沿ったものしか作れない場合が大半です。

しかし、自社でページを作成する場合は自由にページを作成でき、消費者に対して商品の良さをしっかりとアピールする事ができます。

また、自社で気がついた点や、利用者からの要望を反映させて、レイアウトを変更することも可能です。

自社の独自性を出せるという点はとても大きなメリットになります。

 

■デメリット

・集客を自力で行う必要がある

モール型ECの場合は一定の集客が見込めるものの、自社ECの場合は自力で集客をしなければなりません。インターネットでは主にSEO(検索エンジン最適化)などを行う必要があります。

※SEOとは、自社のサービスを検索エンジンの上位に表示させるためにページ内容を工夫する事を指します。

 

 

最も簡単にECビジネスに参画する方法

ここまで、モール型ECと自社ECの特徴についてを記させて頂きました。

”最も簡単にECビジネスを始める”という点から考えてみると、モール型ECが適していると思います。

 

・新規にウェブページを作る必要がない。

・一定のコストはかかるものの、商品を販売するまでの手順があまり難しくない。

・モールによっては商品管理を行ってくれたり、恩恵を受けられる場合がある。

・インターネットや書籍で情報が集めやすい。

 

これらがモール型ECビジネスの特徴であり強みです。

出店後の集客と競合他社との差別化という課題は残りますが、最も簡単にECビジネスを行える方法でしょう。

 

 

まとめ

今回は、最も簡単にECビジネスに参画する方法について記させて頂きました。

今やインターネット環境は世界中のあらゆる場所に存在しています。

ECビジネスは多くの企業と消費者を繋げ、双方にとってのプラスになるという強みがあります。

世界的なインターネット環境の整備に伴い、今後益々ECビジネスは発展していくでしょう。

ECビジネスはあらゆる企業の成長にとっても、私たちの普段の生活にとっても、欠かせない存在となりそうです。

 

最後までお読み頂きありがとうございました。

 

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ