システム業者の選び方
2021年03月12日

「餅は餅屋」という表現があるように、やはり専門分野は専門家に任せたほうがいいです。ビジネスにおいてはさまざまな専門家の力を借りることになるでしょうが、その中のひとつにシステム業者の存在が挙げられます。

ただ、システム業者と一口に言ってもいろいろな選択肢があります。

ここでは、システム業者を選ぶ際のポイントについてご紹介していきたいと思います。

 

 

・実績

システム業者を選ぶ際には、まず実績をチェックしましょう。過去の実績というのはそのシステム業者を判断する目安になります。もちろん、過去に素晴らしい実績があってもたまたま依頼したタイミングで大失敗をしてしまう可能性もあるのですが、それでも実績がひとつの目安になることには変わりありません。

実績がまったくないシステム業者よりは、やはり実績のあるシステム業者のほうがいいです。ただ、実績にもいろいろなものがあります。例えば、Aという分野で依頼をしたいのに、そのシステム業者の実績がAの分野では1件のみで、Bの分野で50件となってくると、やはり不安が残ります。実績の有無だけではなく、そのシステム業者が依頼したい領域での実績を十分に積んでいるかという部分まで見ていくようにしましょう。

 

・経験

システム業者を選ぶ際には、実績とあわせて経験も見ていくようにしましょう。経験豊富なシステム業者であれば、多少変わった依頼になってしまったとしても臨機応変に対応してくれる可能性があります。経験は財産だと言われるものですが、実際に経験の有無というのはどのような仕事をするのかにも影響する部分です。

今はどこのシステム業者もホームページを作っているかと思うのですが、そのホームページから経験をチェックしていきましょう。設立から5年以上継続しているシステム業者であれば、それなりに経験もあるでしょうし、安心できるかと思います。ただし、設立から年数が経っているだけでろくに経験を積んでいないという可能性もゼロではないので、先で触れた実績と組み合わせてチェックすることをおすすめします。

 

 

・専門性

当たり前のことなのですが、システム業者ということであればその専門性もチェックしていかなければいけません。むしろ、システム業者だからこそ専門性が求められるのです。専門性に欠けるシステム業者になってくると、複雑な依頼を受けたときに対応しきれないでしょう。

せっかくシステム業者に依頼したのに、完成したものが求めていたものとまったく違っていた……というのは絶対に避けたいところです。特に、システム業者への依頼となってくると時間もかかりますし、そのコストもかなりのものです。それがすべて無駄になるというのは、大きな痛手です。精神的なダメージまで負うことになります。

そうならないためにも、専門性の高いシステム業者を選ぶべきなのです。専門性というと見極めるのが難しいイメージがあるかもしれませんが、各領域における専門資格の保有者数がひとつの目安になってきます。おそらくシステム業者のホームページのほうに掲載されているかと思いますので、チェックしてみましょう。

 

・スピード

システム業者を選ぶ際には、スピードも重要なポイントになってきます。依頼をしてスピーディーに仕上げてくれるかという部分はもちろんなのですが、それは実際に依頼してみないとわからない部分でもあります。だからこそ、依頼前のレスポンスの早さというものをチェックしておきましょう。

これは一般的にもよく言われることなのですが、仕事ができる人や企業ほどレスポンスが早いです。仮に返事をするのに時間がかかる場合でも、「確認のために時間がかかる」といった明確な理由を伝えてくれますし、どれくらいかかりそうなのかなどの部分についても教えてくれるでしょう。

コミュニケーションというのはよくキャッチボールに例えられるものですが、投げた球を投げ返してもらうのに1週間も2週間もかかってしまうのでは仕事を依頼したとしても期待はできません。やり取りをするだけでも時間がかかるのですから、仕事を依頼したとしたらもっと時間がかかるはずです。

 

・対応

システム業者を選ぶ際にはそのホームページから得られる情報などで判断するという方も多いかもしれませんが、せっかくなら何かしらの問い合わせをしてみたほうがいいでしょう。問い合わせに対して、どのような対応をするのかによってそのシステム業者の質をある程度判断していくことができます。

例えば、問い合わせをしたのにその返事が理由もなく1週間も2週間も経ってから届いたというのではやはり期待できません。問い合わせへの返事にそれだけの時間がかかるのであれば、仕事はもっと遅いと考えるのが自然です。

また、質問をしているのに質問への答えになっていないというのも問題です。質問は3つあったはずなのにその中のひとつにしか回答がないという場合や明確な答えを回避するかのように斜め上の返事をしているという場合には、やめておいたほうがいいでしょう。日本語でのやり取りがきちんとできないのでは、依頼内容が伝わるかどうかもわかりません。

あとは、都合の悪い部分にだけは絶対に触れないというのもNGです。メリットばかりを強調してデメリットには一切触れないというようなやり取りでは、依頼をする側もリスクの回避ができなくなってしまいます。良い部分も悪い部分も正直に教えてくれるような誠実なシステム業者を選ぶべきです。

ちなみに、もし問い合わせ方法が電話しかなく、電話口でのやり取りで威圧的、高圧的な態度を感じた場合には、迷うことなくやめておきましょう。システム業者だから電話対応に慣れていないという言い訳は通用しません。

 

・口コミ

システム業者に関しては口コミというのはあまり期待できないかもしれませんが、やはり口コミも参考程度にチェックしておいたほうがいいです。口コミに関しては基本的に賛否あるのが当たり前というスタンスで見ていきましょう。星の数や点数よりも、その口コミの内容のほうを吟味したほうがいいです。

今の時代、本当に許せないことがあったら多くの方が何かしらの形で口コミを残そうとします。もし口コミの中に「ちょっとこれは見過ごせないな」というものがあった場合には、そのシステム業者は一旦保留にしておいたほうがいいでしょう。

なぜ保留なのかというと、その口コミが事実であるかどうかわからないからです。システム業者としては良心的な対応をとったのにも関わらず、クレーマーが悪意ある口コミを書き込むといった可能性もあります。口コミの真偽を見分けるのは難しいのですが、引っかかるものは避けるようにしていったほうがいいでしょう。

 

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ