YouTuberデビューに必要な機材や知識
2021年02月26日

近年では、YouTuberになって一攫千金や有名人を夢見てYouTuberの仲間入りをする人が増えてきているようです。

人気YouTuberの年収などを聞くとそれも仕方のないことなのかもしれません。

自分の好きなことをやって、有名人気YouTuberになり、多額の収入を得られたらと思うと夢のある話ですよね。

では、YouTuberとしてデビューするのにはどんな知識や機材が必要になるのでしょうか?

 

 

知識に関して

まずは、知識から考えてみましょう。

YouTubeをはじめるにはそれほどの特別な知識や機材は必要とされません。

YouTubeを始めるための知識はネットを検索すれば細かなことまで調べられますし、機材も究極スマートフォンがあればはじめられます。

ただし、始めるとなったら最低限YouTubeのポリシーとコミュニティガイドラインは知識として確実に覚えておかなければならないということになります。

何故ならコミュニティガイドラインから逸脱すればアカウントの停止や撮影した動画が視聴者や撮影された人のに迷惑をかけることにもなりかねないからです。そのようなことからも一般常識をわきまえるということが大前提の知識といえるのではないでしょうか。

デビューに絶対必要な知識というわけではありませんがこれから投稿してゆく内容に関してもある程度の知識は必要とされるでしょう。

何故なら間違った知識を投稿すれば視聴者からクレームがつきますし、ことと次第によってはコミュニティガイドラインに抵触してアカウントの停止ということもあるかもしれません。

 

 

 

必要なスキル

知識というわけではありませんがどんなスキルが必要となってくるのでしょうか?

YouTuberになるのに、必ず必要となる資格といわれるスキルはありません。

具体的には視聴者を引き付ける「企画力」「撮影スキル」「編集スキル」動画を投稿し続けられる「継続力」が挙げられると思います。

 

最低限、YouTubeのサービスを利用することが大前提となりますから自分のYouTuberとしてのアカウントの登録、作成の仕方は知っていなければなりません。

とは言えそんなに難しく考えるほどのことはありません。

ネットで検索すればやり方はたくさん出てきます。

簡単に説明していきます。

 

YouTubeはGoogleが提供するサービスの一つですので、まずは『Googleアカウント』を取得します。

次にYouTubeで自分のチャンネルを開設します。

動画配信で収益化をするならば「パートナープログラム」への申請も必要となります。

ただし、「パートナープログラム」に申請するためには条件があります。

 

条件は以下の通りとなっています。

・自分のチャンネルがYouTubeのポリシーとガイドラインに準拠している

・チャンネル登録者数が1,000人以上、かつ総再生時間が4,000時間以上

・収益を受け取るためのAdSenceアカウントを1つだけ取得

 

 条件を見る限りは決して簡単なものではありません。

他にもYouTubeのポリシーとコミニュティガイドラインの内容をしっかりと把握しておかないといけません。

ここまではYouTuberになるための準備段階と言えるでしょう

YouTubeチャンネル作成の注意点にはどんなものがあるのでしょう。

Googleアカウントを取得した時の名前がそのままチャンネル名になるデフォルトアカウントと自分で好きなチャンネル名を作成できるブランドアカウントがあります。

はじめてYouTubeにログインした時はGoogleアカウントに登録した名前がそのままチャンネル名のようになってしまうのです。

YouTubeにログインしたあとにブランドアカウントを設定すれば好きな名前のチャンネルを開設することができます。

なのでYouTubeでチャンネル開設したあとは、そのアカウント内に新規でチャンネル追加をして好きなチャンネルを作成するようにしましょう。

AdsenceとはGoogleが提供しているWebサイト運営者向けの広告配信サービスです。

では次に実際に動画は撮影したらそのまま投稿するのも芸がないのである程度の編集ソフトを使い編集する知識も欲しいところです。

デビューに絶対必要な知識というわけではありませんがこれから投稿してゆく内容に関してもある程度の知識は必要とされるでしょう。

何故なら間違った知識を投稿すれば視聴者からクレームがつきますし、ことと次第によってはコミュニティガイドラインに抵触してアカウントの停止ということもあるかもしれません。

 

 

必要な機材はどんなもの?

では次にYouTuberになるために必要となる機材はどんなものが必要なのでしょうか?

極端な話になりますが、現在のスマートフォンはとても高性能なものがあるのでスマートフォンがあればできないことはありません。

しかしながら、本格的に始めるとなると流石にスマートフォンだけでは力不足の感は否めません。

 

となると動画編集ソフトが使えるPCが必要となってきます。

ではどの程度のスペックのPCが必要なのでしょうか?

最低でもCPUはCore i5 本格的な動画編集をするならCore i7

メモリは8GBは欲しいところです。

PCは準備できた。

 

次は撮影機材は何がいいのか?

YouTuberによく使用されるカメラは「一眼レフカメラ」「ビデオカメラ」「アクションカメラ」です。

カメラもそろえた。じゃあ動画編集ソフトは何がいいの?

有料のソフトであれば、Adobe社のPremiereProやApple社のFinalCutPro。

無料のソフトであれば、Blackmagic Design社のDaVinci Resolveが有名です。

予算や環境に合わせて、自分に合ったソフトを選ぶといいでしょう。

 

◆あると便利な撮影用カメラ機材

 三脚:カメラが固定できるので、安定した撮影が可能

 カメラジンバル:カメラに装着することで回転・水平方向・垂直方向の手振れを防いでくれる撮影用機材(グリップ)

 外部マイク:視聴者の聞き取りやすくする

 

参考までに有名YouTuberの撮影機材(カメラ)を調べてみました。

 Hikakinさん:SONY[NEX-VG30H」

 はじめしゃちょーさん:panasonic[LUMIXGH5S」

YouTuberに人気が高いのはPanasonicのLUMIXGH5シリーズのようです。

 

ざっと調べてみたところ流石に有名YouTuberだけあってどなたも高額な機材を使われているようですね。

 

 

まとめ

Youtubeをはじめるにはそれほどの特別な知識や機材は必要とされません。

Youtubeを始めるための知識はネットを検索すれば細かなことまで調べられますし、機材も究極スマートフォンがあればはじめられます。

ただし、始めるとなったら最低限YouTubeのポリシーとコミュニティガイドラインは知識として確実に覚えておかなければならないということになります。

何故ならコミュニティガイドラインから逸脱すればアカウントの停止や撮影した動画が視聴者や撮影された人のに迷惑をかけることにもなりかねないからです。そのようなことからも一般常識をわきまえるということが大前提の知識といえるのではないでしょうか。

 

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ