センスを磨き上げるメソッド
2021年02月24日

仕事ができる人は、周囲から頼りにされます。

この人なら安心して任せられる、成果を出すにはこの人が必要だと思わせるセンスがあります。

ファッションや料理のセンスがある人は、粋でオシャレな要素が言葉や気遣いに表れ、ユーモア溢れる方が多いです。

センスがある人は、様々なシーンで譲らないこだわりや美学、オリジナリティを感じます。

外見的なことだけではなく、仕事の成功にもつながるセンスを磨くには、どのようにすれば良いのでしょうか。

 

 

センスとは何か

日常で「あの人はセンスが良い」と言うことがありますが、実際にセンスとは何を意味するのでしょうか。

senseはthe five senseと表現することから、感覚(五感)という意味があります。

日本語で「センスが良いですね」と英語で言う場合、「You have good sense」では伝わりません。

幅広く使われている表現は「You have good taste」ですが、どちらも何のセンスが良いのかofやinを使って、具体的に伝える必要があります。

要するに、センスはデザインやファッション、料理やビジネスなど、様々なシーンにあるものです。

センスが良い人は、シーンごとに自分の意識や知覚、感情を結び付けることで、表現したものが人々に評価されているのです。

言い換えれば、独自の感覚によって生み出された表現が優れていると解釈できます。

後天的に得られる能力であるセンスは、これまでの知識や経験、技術と判断力などから、最適な状態で表現できる能力といえます。

そのため、はじめから特殊な能力を持っている訳ではなく、誰でもセンスを磨くことが可能です。

 

 

 

 

センスを磨く4つの方法

センスは、生まれ持った才能ではないと言われても、すぐに身につけられる訳ではありません。

しかし、効率的な訓練を繰り返すことで、センスを磨くことが可能です。

 

本物の知識を蓄積する

センスは、知識を蓄積することから始まっていると言っても過言ではありません。

そして、本物を知ることやセンスが良いと言われるものを、徹底的に見極める練習をすることが非常に重要です。

世の中にある全てのモノやサービスは、一見、同じようなものでも大きな差があります。

高価だからセンスが良いとは、限らないのです。

多くの経験のなかで、なぜ本物と言われるのか、どのようなプロセスや思想、価値観によって生み出されたのかを学び取ることが大切になります。

先入観を取り払い、様々なものを広い視野で見極め、自分自身の価値観を構築することで、本物の違いを明確にできるようになるでしょう。

このように、本物の価値やモノの本質を見抜く知識を蓄積することで、センスを磨くことができます。

 

判断力を養う

現代は多くの専門家やメディアが発信する情報に、思考が左右されることが往々にしてあります。

判断力を養うには、目の前のものに対して繰り返しジャッジし、様々なものに直接触れて・見て・聞いて・知ることです。

例えば、デザインセンスを鍛えるために行われる付箋トレーニング方法は、様々なデザインについて「良い・悪い・わからない」をジャッジします。

自分がジャッジした内容を他人に説明することが重要であり、様々な異なる考え方や共通点を知ることが、新たな判断材料になるのです。

あらゆる状況をジャッジして、自分の好みの傾向や判断の基準軸がわかると、物事を論理的に捉え判断できる手掛かりになります。

 

感覚を身につける

センスが良い人ほど、多くの分野でモノの違いを細部まで読み取って、それらを上手く使いこなすことができます。

例えば、日本料理では、五法・五味・五色・五滴・五覚を融合させ、美しさを演出しているのです。

料理人は料理の「五」を基に、相性や歴史的背景などを理解し、これまでの知識・経験・感覚により最高のおもてなしを提供しています。

センスが良い料理人は、繰り返し蓄積される知識と経験のなかで、様々な感覚を身につけているのです。

ビジネスにおいても自分の感覚を伝えることや、他者の感覚に共感することを求められることがあります。

様々なシーンで目に見えない価値を見出すには、五感を研ぎ澄まし、あらゆる状況で判断する感覚を重ねなければなりません。

 

アウトプットで経験を重ねる

センスを磨くために一流の芸術品などに触れて本物を知り、参考になる人や本などから多くを学んで、色々な知識と経験を積み重ねます。

そして、様々なシーンで選択したものを表現し、アウトプットすることが非常に大切です。

アウトプットすることで、自分が見落としていた部分を知り、人と議論して指摘してもらうことが、センスを磨くことにつながります。

また、他人がアウトプットしたものを分析して意図を理解することは、とても有効な手段であり、疑似的な経験を積むことができます。

重要なことは、インプット時に自分の知識や経験、感覚を表現し、アウトプットで客観的に違和感を見直し、改善策を考える習慣を続けることです。

 

 

まとめ

センスは、仕事や生活で経験したことや、適切な判断力や感覚を身につけることで、時間をかけて構築されながら向上するといえます。

日々多くの本物に接し見極めることや、様々な人の意見に耳を傾け、経験値を高めることも重要です。

自分自身の感覚を知り、表現を続けることで、周囲から理想の評価を得られるのではないでしょうか。

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ