クラウドソーシングのメリットデリメット
2021年02月14日

世の中が大きく変化するタイミングで、働き方や生き方を考え直すことがあります。

自宅を仕事場として働くスタイルは今後主流になりつつありますが、クラウドソーシングもその内のひとつと言えます。

フリーランスとして働く人は、自身の得意分野を活かすことで、副業として収入を得ているのです。

今回は、新しい仕事の形であるクラウドソーシングを、発注者と受注者に分けてご紹介します。

 

 

クラウドソーシングとは

クラウドソーシングとは、インターネット上で不特定多数に対して、企業が仕事を発注する業務形態です。

そのシステムは、受注者と直接つながるプラットフォーム型と、運営会社が間に入る受託型に分かれています。

発注者は仕事内容・納期・報酬などを決定し、案件が発生した際に公募できるため、人材の採用費用を掛けずに、労働力を確保できます。

公募している仕事は多岐に渡り、初心者でも簡単にできる仕事から、専門性の高い技術が求められる仕事まで、多岐にわたるのです。

また、受注者は自分のスキルや知識などを考慮して仕事を探し、生活スタイルにあわせて働くことが可能です。

すべての作業がインターネット上で行われるため、どこでも仕事ができる便利さがあります。

 

 

 

発注者のメリットとデメリット

クラウドソーシングでは、発注者が仕事内容の詳細を決めることができます。

比較的スムーズに人材を獲得できますが、インターネットを介するが故の問題点もあるのです。

ここでは、プラットフォーム型についてご紹介します。

 

メリット

発注者は、条件に合致した受注者の応募により、スケジュール調整を行えるというメリットがあります。

また、外注先を探す手間を省き、コストが抑えられる点もメリットといえます。

クラウドソーシングでは、雇用契約を結ぶ必要はありません。

個人対して業務のみ委託できるので、低コストで仕事を完結することが可能です。

 

デメリット

情報漏洩のリスクと仕事の放棄が、発注者にとってのデメリットといえるでしょう。

インターネットを介する便利さが個人の情報を守る反面、悪用される懸念もあるのです。

そのため、社内の機密情報や個人情報が漏洩する可能性があります。

また、ほとんどの場合、受注者本人と直接面接をしないので、人間性を知ることができません。

責任感の有無も不透明な部分があり、取引中のトラブルが発生することも多々あります。

トラブル発生時は、発注者と受注者間で問題を解決する必要があるため、運営会社が仲介に入らない点も要注意です。

 

 

受注者のメリットとデメリット

クラウドソーシングは、多種多様な仕事が多く好きな時間に働けますが、好条件の仕事が多いとは限りません。

受注者側にも、メリットやデメリットがあるのです。

 

メリット

受注者側のメリットは、仕事の時間帯や場所を問わず自由に働ける点です。

基本的に発注者が指定した期日までに納品可能であれば、どこで何時に働いても個人の自由です。

また、自分のスキルに合わせて仕事を選べるので働きやすいです。

自分のスキルを活かせる仕事から、少しずつ報酬が良い仕事にシフトできます。

クラウドソーシングは、未経験でも仕事を始められるので、スキルを身につけ、経験値を高めることが可能です。

 

デメリット

単価相場が安い点が、受注者にとってのデメリットといえるでしょう。

発注者のメリットが低コストで発注できることにあるため、必然的に報酬の相場が低くなります。

また、インターネット上でやり取りするため、文章のみでは詳細が伝わりにくい側面があります。

基本的に、サービスのメッセージ機能などで打合せを行うため、発注者と認識の齟齬が起きる可能性が高くなるのです。

 

 

人気のクラウドソーシングサービス

クラウドソーシングサービスは、業務内容が幅広い総合型と、特定の分野に特化している特化型の2種類が存在しています。

例えば、総合型のクラウドワークスは国内最大級として有名なサービスです。

クライアント数は25万社で、案件数が200万件以上あり、取り扱う仕事の分野も多岐にわたります。

サポートが充実していることや、一定基準をクリアした優良クライアントというシステムも存在しています。

また、サグーワークスは記事作成業務に特化した受託型のクラウドソーシングサービスです。

アンケート回答から専門性の高い記事まで、案件の種類が豊富で、文章のレベルに合わせて文字単価が変動します。

専任のディレクターが募集から納期までの進捗管理を行うため、作業がスムーズに完結します。

 

 

まとめ

今回は、年々増加しているクラウドソーシングについて、メリットとデメリットをご紹介しました。

インターネット上で受発注するシステムは、信頼関係の構築が難しい点があります。

安価な案件も多く、雇用に置き換えると最低賃金水準を下回る報酬は、労働力の買い叩きと指摘されることもあるのです。

しかし、働き方が変化している現代では、受注者は仕事を頂ける、発注者は仕事をして頂いているという、共通の認識が根底にあります。

実績を重ね信頼関係を築き、より良い成果品にするという共通認識を持つことが、クラウドソーシングを有効活用するコツなのです。

 

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ