データ収集力を養うために必要なこと
2021年01月23日

世の中を取り巻く情報のデジタル化が急速に進み、ビジネス環境の変化に対して、迅速に対応できるデータ収集力が求められています。

データ収集力が高い人は、適切なデータの収集や分析、活用を行い、新しい価値を生み出しています。

ビッグデータは各業界で活用され、多角的なデータ分析で現状や課題を把握することで、ビジネスチャンスにつなげているのです。

企業は、データを有効に活用できる環境を整備しており、競争力を強化する取り組みが本格化しています。

 

 

データ収集力とは

データ収集力とは、パソコンやスマホを使いこなせることではなく、有益な情報を素早く正確に集められる能力です。

莫大なデータの中には、必要な情報だけではなく不要な情報、間違った情報が混在しています。

そのため、本当に役立つ情報だけを正確に見抜く能力が要求され、常に世の中の変化に適応し、瞬時に情報を有効活用できる状態を保つことも重要です。

正確な情報の取捨選択は、企画作成や提案、実行までの時間短縮になり、結果的に業務全体の向上につながります。

高いデータ収集力は、他より幅広く豊富な情報に触れ、様々な視点で見極めることで新たな価値や発見ができる可能性を秘めています。

 

 

データ収集力に重要なスキル

一定量の単純なデータを集めるのは簡単ですが、データ収集力に重要なスキルは、正確な情報を見抜いて集められる能力です。

情報は目的によって、官公庁や研究機関の配信情報、マーケティングで公表されたもの、個人の知識など様々なデータから正確にピックアップできるスキルが必要です。

情報は偏りがないこと、内容自体に誤りがないことをしっかり判断し、発信者が意図していることを読み取る能力がなければなりません。

高いデータ収集力と正確な分析は、あらゆる状況を想定することが容易になり、より高い戦略で企画提案を行うことが可能になります。

企画書は目的の達成や効果、その価値について、根拠になる必要な情報を収集し提示することで説得力が増します。

 

 

 

データ収集力を養うポイント

仕事で成果につなげるためのデータ収集力を養うには、どのようにすれば良いのでしょうか。

効率的な業務に必要なスキルは、自身のスキルアップに非常に役立ちます。

 

 

習慣化する

データ収集力を養うポイントは、1日の情報収集を習慣化することです。

情報は短時間で変わります。

そのため、1日のスケジュールに情報収集の時間を組むことで、効率的に情報を得ることが重要です。

起床後、重要なトピックに簡単に目を通し、大まかな情報を把握しておきます。

通勤時に当日使える話題をピックアップし、休憩時間に重要トピックを把握して、必要な情報を収集しながら同僚や周囲との会話で知識交換をすることも重要です。

また、帰宅中・帰宅後の時間に、起床時の未読部分の重要トピックを読み込み、日中に仕入れた話題の最新情報を入手することも大切です。

 

活用目的を明確にする

データ収集力を養うポイントは、情報の活用目的を明確にすることが最も重要です。

漠然と情報を収集するのではなく、目的は何か、どのような情報を収集するのか定めておかなければなりません。

目的を定め必要な情報を明確にして、次の展開を想定しながら収集しなければ、一貫性のない情報に埋もれてしまう可能性があります。

具体的なキーワード・関連するテーマ・情報にも意識を向け、常に最終目的の達成を意識して情報を収集します。

明確な目的を元に収集した情報は、仕事で成果につなげるための材料として詳しく調べ、活用できる状態で保有することが重要です。

 

 

主なデータ収集方法

データ収集は様々な方法がありますが、誤った情報や信憑性に欠けるものも多く、それぞれの特徴を理解して正確な情報を収集しなればなりません。

インターネットは情報量が豊富で、検索エンジンのほかツールやアプリで、効率的に素早く情報を入手できます。

新聞は情報源の責任を負う立場が明確なため信頼できる情報といえますが、新聞社によって論調が異なるため、客観的な判断が必要です。

古文書などアーカイブ化された書籍は正確性が高い情報といえますが、書籍の中には情報源が不確かなものも存在します。

論文や講演などの情報は参考になりますが、テーマによって捉え方が異なることや、偏見・先入観がある可能性も否めません。

 

 

データ収集のコツ

正確なデータ収集を行うためのコツは、入手情報の情報源をしっかり確認すること、常に最新情報が入手できる状態にすることです。

インターネットから得る情報は、信憑性の低い情報が混在していることが少なくありません。

デジタル化により数時間単位で情報が更新されるため、最新の正確な情報でなければ有効的な活用はできません。

データ収集は、世界情勢や仕事に直結する重要情報、自身の生活に影響があるものなど、幅広い枠組みで情報を得て全体像を掴み、常にフラットな考えでいることも重要です。

必要な情報を効率的に入手するコツは、多くの情報から全体を把握し、発信者の意図やデータの方向性を瞬時に捉え、目的に応じて情報を仕入れることです。

 

 

まとめ

データ収集力を養うために必要なことは、活用目的を定め正確な情報を見抜き、情報を入手することの連続です。

そのコツを掴むには、自身の知識を高めることが必要不可欠です。

また、情報収集を繰り返すことで、効率的なデータ収集力を身につけることができます。

データ収集力を養うと、自身のスキルアップや様々なビジネスシーンで役立つといえます。

 

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ