無料でのWeb製作
2020年11月26日

技術の進歩と普及による簡略化

 

Webは、当り前のように至る所に展開している。制作も出来るが高額、またイメージでプログラミング等の専門知識やデザインセンスで壁を感じ断念するケースも多い。

 

しかし、インターネットが発展し始めた90年代から20年経ち技術は進歩した。

近年ではSNSの普及により製作が容易になり、現在は一般でも広く使用されている。

リンクやデザインといったテンプレートがはじめから設定され、必要最低限の知識で誰でも気軽にWeb制作が出来るようになっている。

 

まず大枠のテンプレートを決め、あらかじめ用意されたイラストを使うのもいいし自ら撮影した写真を載せるのもいい。今はそれらを選択するだけで簡単に掲載が可能となっている。

 

技術が進むにつれ、写真も複数枚同時に載せるのも楽に行えるようになった。そこにコメントを記入、また文字の大きさや色も変更も〈h1〉や〈color〉の初歩的なプログラミング知識で賄えるのも便利な点だ。

 

より高度な製作のために

 

そうした簡易製作の中で、よりデザイン向上や一からwebサイト作りたくなる人も当然のごとくいるだろう。その人たちには、最近では無料制作ソフトが活用出来て効果的にも思う。

 

作成の基礎を学び、自分のデザイン等を細部まで設定出来るようになる。

ページごとのリンク位置も、ある程度は決めていける。一覧表などを作り項目の設定や選択先へのリンクなども自在に設定が出来る。

 

それらは複雑で習得までに、少し時間がかかると思うが製作にも幅が広がる。

また想定外のエラーや修正にも対応できると思う。

 

 

無料Webのメリット・デメリット

 

・メリット

まずメリットとして、お金を掛けずにサイトを制作できる。有料ソフト等は高額なものもありそれだけでも判断基準になっていく。作成範囲こそ限られていても文字入力や設定のみでのページ作成が可能であれば、入り口としては取っ付きやすくはあると思う。

 

また、作成におけるコストも掛からず変更点等あっても自分たちで加筆訂正出来る利点もある。それに新しい情報を発信、記事等の更新も迅速に反映出来る。従来必要不可欠だった発注や修正などの依頼、そこにかかる手間や時間を大幅に削減する事が可能とされる。

 

次に専門知識を不要とする点が挙げられる。本来プログラミング言語等の知識を身に付ける必要があり、実践するまでもかなりの時間を要していく。しかしそれらをなくすことによって、スピーディな作成が出来る。ページへの反映が早ければ手直しもそれだけ効率的になる。

 

業者へ依頼するとなれば、費用や時間などでコストが重なる。日数で言えば早くでも仕上がりは翌日。大がかりなものは数週間以上といった膨大な時間を欠けることにもなる。他の事も捗るので、作成が効率的であるほど更新も増やせる。

 

またHPのアップデートまでが早い事もメリットになる。手の込んだものであるものは完成までに時間を要し、完成後も直し作業がギリギリまで取り掛かる事も多い。

制作にはその場その時で、突然の内容変更になる事もあるし、極端に短い時間で完成出来るものも存在する。

 

急場であれば、余分を割いた無料の方が精度の高いページを作れる可能性もあると思う。小規模の場所やSNS的なサイトであれば、無料アプリは利便性も高い気がする。

収益を考えるなら、広告をつけるのもいいと思う。閲覧数と利益は比例し専門業者から依頼・受注に繋がる事もある。

 

・デメリット

無料である以上、アフターサポートは皆無であり、不明点や問題が出ても自分たちで解決する必要がある。1日に何度も発生する場合もあり、余計な時間と手間になってしまう。

また、他社の広告は勝手に入る事もあり、見る人にとって邪魔になる事もある。

 

次にウィルス感染も懸念される。PCファイル破損、個人情報漏洩などデータに影響するものは、大抵無料サイトから拡散すると言われている。作成したHPも感染させる事も無数にあり、視聴する側からすると警戒・敬遠しがちにも思う。

 

無料の分、作成範囲にも限界があり、勉強や有料コース等に費用をかける必要も出てくる。そうなれば一朝一夕には完成できず、負担も多くなる。

プログラミングやデザインの知識も数多く知り、使いこなす必要も出てくる。

それに伴い費用も多額にかけなければ成立しない状況もある。

 

それとサーバーの用意がない場合、複数人での共有が困難になる。サーバー設定がなければ、検索エンジンでは2つ以上のドメインを作っても同じサイトとして認識される。ドメイン作成も精度をあげる必要があり、それがなければエンジンから意図と異なる判別をされてしまう。

 

またクオリティが安っぽく感じられるものも多数にあり、設定、文字の大きさや色使い写真のファイル上限などにも制限が掛かるものがある。その先は有料コースになるものも多くなっている。

 

加えて作成したもの次第で、それらをどう使うかによってそこへ訴求手段も考える必要性が出てくる。集客アップの手段や方法ひとつ変えるだけでも、その後は大きく変化する。文言でも解釈が生き物のように変化し、表現の仕方で誤解を招く場合もある。

 

 

安全性をより確保し、製作の敷居を下げる

 

無料は手軽な分、信頼性が低く悪質なものとして見られがちにもなる。

やはり信頼性や全体的に質を上げて作っていく必要があると思う。

そこを念入りに考え、いかにコストを抑え効率や閲覧・集客率を上げるか個人的にやりがいがある気もする。きちんと作れば完成度も大切で労力も要する。

 

相反する矛盾を、バランスよく両立する。それは困難ではあるもののモノづくりの醍醐味と思う。無料でもウィルス感染や個人情報漏防止といったセキュリティ精度を上げかつ出来る範囲を広げた時、より多くのユーザー拡大に繋がると思う。

 

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ