kintoneについて知ってみよう
2020年11月16日

最短3分で業務アプリを作ることができるkintoneをご存知でしょうか。

汎用性が高く自身で作って修正できる業務アプリで、簡単な操作だけで様々な管理ができます。

情報を共有できるため進捗状況の管理や業務連絡が容易で、目的に応じてデータ抽出や集計が可能です。

また、クラウド型なので日々の業務を効率化し、作業の時間短縮につなげることができます。

簡単で便利なツールであるkintoneについて、もう少し詳しくご紹介いたします。

 

kintoneとは

kintoneはシステム開発の知識がなくても、業務に関するアプリを作ることができるクラウド型の業務アプリプラットフォームです。

日常業務に必要な案件、進捗、日報などをノンプログラミングで作ることができます。

登録情報は複数人で共有できるため、システム担当者だけではなく業務担当者が必要に応じてアプリを作ることが可能です。

改善が必要になればすぐに修正できるので、業務に即した運用に変更することで作業効率が良くなります。

これまでExcelのデータはメールで共有するなど、複数のツールを必要としていましたが、kintoneなら1つのツールで行えるのです。

kintoneでは各々が情報を確認できるため、最新のデータを管理し効率的で円滑な仕事とコミュニケーションが可能となるでしょう。

 

kintoneの各種機能

従来以上に作業効率が格段に良くなるkintoneの簡単で便利な各種機能を確認しましょう。

 

 

基本機能とアプリ

kintoneのアプリはデータベース機能とコミュニケーション機能がある業務システムです。

データベース機能にはデータの蓄積、一覧、検索、文字情報やファイルの添付まで、統一したフォーマットでデータ管理が可能でexcelやCSVファイルもアプリ化できます。

コミュニケーション機能には、個々のデータに対して指示やアドバイスなどが書き込め、関連する情報が分散せず一箇所に集約できるのです。

アプリは日報、案件管理、問い合わせ管理、採用面接管理、タスク管理の他、営業セールスや総務人事など部署ごとに特化しているので、より手軽に進捗管理を含めた業務遂行ができます。

ドラッグアンドドロップで作成し、サンプルアプリから必要なアプリを選択すればすぐに開始でき、アプリ同士の連携、プロセス管理、閲覧制限までも可能になってるのです。

 

拡張機能と種類

kintoneはサービスの種類が充実しており、あらゆる業務をカバーするサービスが100種類以上あり、組合せ次第で活用の可能性が無限に広がります。

拡張機能は帳票、見積請求のデザイン、名刺管理、営業システム、MAツールなどとデータの連携や、Webへの出力など業種に特化した機能を追加することができるでしょう。

kintoneの拡張機能はプログラミングが不要で、設定画面から誰でも簡単に快適で使いやすい機能にすることが可能です。

JavaScriptやCSSファイルを読み込むだけで設定を変更できることや、APIを利用して外部サービスとデータを連携できます。

すべてパッケージ化されているため、はじめから開発する期間やコストを考えると大幅にカットできるのではないでしょうか。

 

管理機能

kintoneではユーザーを組織やグループごとに登録して、各々の使用状態を画面で管理できます。

ユーザー情報APIを活用することで、複数システムのユーザー情報を一元管理し、組織変更に伴うシステム管理者の負担を大きく減らすことが可能です。

SAML認証に対応しているため、一度の認証、一組のID、パスワードだけで様々なシステムを利用できます。

アクセスを許可するIPアドレスを限定し、想定外のアクセスを制限できますが、クライアント証明書によりIPアドレス制限と組み合わせることで、社外からのアクセスも可能です。

アプリ管理やデータ閲覧などの操作権限を細かく管理することや、重要な操作が実行されたら管理者にメールを通知することもできます。

 

 

kintoneを導入するメリット

kintoneは会社や各部署の作業に最適なアプリを選択し、プログラミングスキルがなくてもドラッグアンドドロップで作成できるメリットがあるのです。

プロジェクトごとに情報を共有し、業務の効率化や、チームごとにコミュニケーションが取れる設計のため、業務の属人化を防げます。

必要な情報を一元化すれば、情報を容易に探せるので作業効率が良くなることは明らかです。

社外からでもスマホやタブレットで確認でき、在宅中や電車内、出先でも業務内容をチェックしたり指示が出せるため、効率的だといえるでしょう

管理システムを開発する予算を捻出できない場合でも、kintoneを使えば業務ごとに適したアプリを作ることができるので、開発コストをカットしIT化を進められます。

kintoneの契約は5ユーザーからで、1ユーザー月額料金はスタンダードコースが月額1500円、ライトコースは月額780円なので、毎月の経費までも抑えることができるのです。

 

まとめ

kintoneの業務アプリケーション作成サービスは、プログラミングスキルが不要なことやドラッグアンドドロップで作成できるため、手軽に作業の効率化が図れます。

また、外出先でも業務のチェックができるため、業務内容や社員への指示などが可能なことも、スムーズに仕事をするためには非常に便利な機能です。

拡張機能が充実していることは、kintoneの大きな魅力の一つといえるでしょう。

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ