CMS構築のメリットデメリット
2020年11月06日

CMSはContents Management Systemの略で、ホームページの制作や管理、更新が簡単にできるシステムの総称です。
ホームページ制作にはHTMLやCSSなど特別な知識が必要ですが、CMSではそのような専門知識は、ほとんど必要ありません。
集客という視点で考えると、機能的な導線設計のデザインや、需要を捉えた情報の質が重要です。

CMS構築は難しい知識がなくても簡単に始められる強みがありますが、メリットやデメリットも知っておきましょう。

 

CMSを導入するメリットとデメリット

ホームページ制作にCMSを導入すると、どのようなメリットやデメリットがあるのでしょうか。

 

CMSを導入するメリット

CMSを導入することでコンテンツの作成や更新が簡単になり、制作会社に依頼する必要がないのでコスト削減のメリットがあります。
例えば、事前にアクセス権限を付与することで、Webブラウザがあれば、いつでもどこからでも更新できるため、タイムリーに情報を発信することが可能です。
また、SEO対策を支援するための機能が搭載されており、titleタグやmetaタグ、hタグなどを簡単に設定できます。
デザイン部分とコンテンツ制作で作業を分担できることや、サイト全体を一元管理し自動生成することでページのリンク切れを防ぎましょう。

CMSはテンプレートを使ったコンテンツ制作が主で、サイト全体の統一感があるため、ユーザビリティの向上や安定したサイト運営が可能です。

 

CMSを導入するデメリット

CMSを導入することでホームページの制作や管理ができますが、コンテンツ管理システムなので操作方法や基礎知識が求められます。
どこからでも更新できる利点がある反面、不正アクセスやサイバー攻撃を受けやすいため、セキュリティ対策が必須です。
CMSはコンテンツを一元管理するために、テンプレートで定義されているのでデザインの自由度は制限されます。
既存のサイトがある場合、コンテンツを新しいCMSに移行する作業があり、手間や負担、データ消失のリスクがあるため注意しなければなりません。

CMS導入の初期費用は、通常のホームページ作成に比べて割高になる傾向があります。
ですから、初期コストを抑えたい企業には不向きですが、自社で更新や作成などを行うため長期で考えると、従来の方法よりコストメリットがあるのです。

 

 

CMS構築前に確認すること

CMS構築前に重要な機能部分と反映部分の要件定義について、しっかり確認しておきましょう。

 

機能部分の要件定義

CMS構築で何を管理するのか、運用後のイメージを明確にして、課題や戦略など可能性があるものをすべて洗い出し、必要な項目を明らかにしておきます。
実際に運用する人の数から、対応時間、更新内容や作業の負荷に至るまで、正確に無理なく稼働できる範囲を設定しておくのです。
管理画面の設定は、毎日使うものなので専門的な知識がなくても、容易に制作できるCMSの強みを活かしましょう。
更新項目のメニューが分かりやすいことや、プレビューボタンの点滅など、1度使えば何ができるのか分かることが理想です。

サーバー環境の選択を誤った場合、様々なリスクを抱えてしまう可能性があります。
CMSを格納するサーバーの規模や特性に応じて、ニーズに合ったスペックのサーバーを選択することが重要なので、エンジニアと相談しながら確定しましょう。

 

反映部分の要件定義

サイトの構築部分もかかわってきますが、各ページワイヤといったページの内容を、どのような階層で何ページ作り、どのように表示するか定めます。
コンテンツの階層構造をしっかり整理することで管理が容易になり、SEO対策に繋がるでしょう。
また、同じ内容の文章でもレイアウトが見やすいかどうかで評価が変わりますので、1行に何文字表示するか、行間、フォントサイズなど細かく指示します。
1ページに対して上限以上の情報が入った場合のページングの処理や、過去の記事がどこまで必要なのか定義しなければなりません。
掲載するべき情報を整理しながら優先度と目的を考慮し、重要な情報や注目情報などを十分に伝えられるようなデザインを目指しましょう。

 

CMS構築後の運用で確認すること

サイト構築後の運用は非常に重要で、動作チェックやアクセス数など、多くの問題に対応できるように、体制を整えておかなければなりません。
CMS構築後サイトを公開し問題なく運用していても、時間の経過とともに機能の追加や改修したいという要望が出てきます。
Webの進化や状況を考慮して、改めて機能の追加や不要な機能を見直しましょう。
またCMS公開後に機能が足りない事例や、違う部署の案件要望が判明することがあります。
契約後にこのような問題を回避するため、構築前にCMSの設計書を熟考し、依頼先、依頼元の双方で書面にて確定を行うことで構築していきましょう。

 

まとめ

CMS構築は導入しやすいツールですが、メリットやデメリット、構築前の要件定義が重要で、後の運用に非常に影響することが分かります。
システムの構築は、様々な状況や要望を考慮して的確に判断する必要があります。
目的や運用後のイメージを照らし合わせ、有益な情報を発信しましょう。

 

Glass glowing light bulb and business sketched ideas

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ