フランチャイズの種類
2020年09月15日

一口にフランチャイズと言っても、いろいろな種類があります。いろいろな種類がある中で、自分に合ったものを選んでいくことが大切です。フランチャイズを検討しているのであれば、その種類についても十分に理解しておきましょう。

 

フランチャイズの基本的な種類は3つ

 

業態ではなく、フランチャイズとしてのスタイルで見ていくとフランチャイズの種類というのは大きく3つに分類することができます。

 

【ビジネス・フォーマット型フランチャイズ】

日本でフランチャイズと言ったときにイメージされるのは、おそらくこのビジネス・フォーマット型フランチャイズでしょう。実際に、日本でのフランチャイズというのはほとんどがこのスタイルとなっています。
加盟店となる場合、商標やメニュー、サービス内容、販売、販促、売上管理などはもちろん、どのようにして集客して、利益を上げていくかというノウハウなども本部から提供してもらうことができます。チェーン店としてすでに確立されているスタイルを提供してもらえるので、ビジネスとしても成功しやすいと言えるでしょう。
スタッフの教育方法、商品や食材の受注方法、納品業者の選定などの開業準備をマニュアル化していますので、言ってしまえばレールが敷かれている状態と言えるでしょう。ただ、マニュアルだけでうまくいくものではありませんので、本部はトレーナーやスーパーバイザーなどを派遣して加盟店をトレーニングし、どこの加盟店でも均一な商品やサービスを提供できるようにしていきます。

 

【ターンキー型フランチャイズ】

ターンキー型フランチャイズは、コンビニ業界で多いスタイルです。店舗の立地から内装業者の選択などの開業準備を本部が一括しておこない、店舗をすぐにでもオープンできるような状態にしてくれます。キー、つまり鍵を受け取ればすぐにでも営業できるような形になるところから、ターンキー型フランチャイズと呼ばれています。
加盟店側としては本部が一括して開業準備をおこなってくれるので、開業資金を抑えることができますし、開業準備に使う時間を節約することもできます。契約にあたっては条件が付くことも多いのですが、このスタイルであれば営業に集中することができます。

 

【コンバージョン型フランチャイズ】

コンバージョン型フランチャイズというのは不動産やホテルなどでよく見られるもので、すでに営業している店舗の事業主を対象に、本部が商標やノウハウを提供していくというスタイルになります。コンバージョンというのは「変換」「転換」「交換」などの意味を持っており、すでに営業している店舗をフランチャイズに転換すると言えばわかりやすいかもしれません。
基本的に同種の事業を営んでいる事業主が対象となりますので、設備などをそのまま使うことができるといった部分も魅力になってきます。もちろん、フランチャイズによって本部の商標を利用できるようになり、そこからの新たな集客といったものも期待できます。

 

 

 

業態別の種類

先ではフランチャイズとしてどのようなスタイルなのかという形で3つの種類をご紹介しましたが、フランチャイズはその業態によってもいくつかの種類にわけることができます。ここでは、業態別のフランチャイズの種類について見ていきましょう。

 

【飲食系】

飲食系の場合、加盟店になることによってそのブランドの味というものを安定して提供していくことができます。馴染みのあるブランドであればあるほど、集客も期待できるでしょう。大量発注によって安く仕入れるということが可能になりますので、コスト効率もぐっと良くなります。
一方で、飲食系は競争が激しい傾向にあります。そのため、撤退リスクについてはある程度覚悟しておく必要があるでしょう。立地選びはもちろんですが、これからは今回の新型コロナウイルス感染拡大のような事態になったときにどうなるのかというところまで考えておく必要があります。

【小売系】

仕入れたものを売るというのが小売系なのですが、基本的には売れ筋商品を安く仕入れるという部分がポイントになってきます。フランチャイズであれば、その点はすでにノウハウができあがっているので安心です。
小売系のフランチャイズで代表的なものがコンビニなのですが、コンビニもなかなか競争が激しいです。安定しているように見えるかもしれませんが、同じコンビニでも立地や競合店の出現などで売上が大きく変動する可能性もあります。

【サービス系】

商品ではなく、サービスを提供するのがサービス系のフランチャイズです。在庫を持たずに済みますので、場合によっては店舗を構えずにフランチャイズということも可能です。
在庫を抱えない分、資金面でもハードルが低いです。今はハウスクリーニングや家事代行。リペアやリフォームなどが人気です。

【介護福祉系】

介護福祉系のフランチャイズは、今後、需要が高まっていくでしょう。確実に求められる分野ではあるのですが、その仕事の厳しさからスタッフの確保が難しくなるかもしれません。逆に、質のいいスタッフを確保できれば有利になります。

【教育系】

学習塾などが代表的なのですが、今の日本では少子化が進んでいる割に学習塾の需要が高まっています。フランチャイズへの加盟で独自の指導ノウハウなどを手に入れられますし、生徒集めなどでのサポートも期待できるでしょう。もちろん、子どもだけではなく、大人のお稽古事なども含まれています。

【買取・リサイクル系】

今は使わなくなったものをすぐに現金化したいという方や必要になったときに中古のものを安く買いたいという方が増えています。そのため、買取・リサイクル系のフランチャイズも人気です。小規模でもOKですし、高齢の方でも始めやすいタイプと言えるでしょう。

【美容・健康系】

今は性別を問わず、美容と健康への意識が高まっています。そのため、すでに需要がありますし、これからも伸びていく業態と言えるでしょう。商業施設内で開業できることもありますが、資格が必要となる場合もありますのでその点は注意しておきましょう。

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ