キャッチコピーを生み出す練習方法を紹介!大切なポイントとは?
2020年08月01日

「キャッチコピーを生み出すのは難しい」そんな気持ちを抱いていませんか。良いキャッチコピーを生み出せないのは、練習方法が間違っているからなのかもしれません。
良いキャッチコピーをいきなり生み出すのは困難。普段からキャッチコピーを意識して、生活していく必要があるのです。そこでこの記事では、良いキャッチコピーを生み出すポイントを紹介していきます。
「どうしたら素晴らしいキャッチコピーが生み出せるのか」考え方を知って、実践するだけも良い練習になりますよ。

 

特定の人物に対するキャッチコピーを考案する

キャッチコピーを生み出す練習方法として、最も重要になるのがターゲット決めです。ターゲットを決めていないと、人の心に届かないキャッチコピーになります。
たとえば独身の男性を想像してみてください。独身の男性にとって、以下のキャッチコピーが心に響くでしょうか。

キャッチコピーの例
・子供と一緒に歩ける社会に
・夫婦で子育てができる社会づくりを、今から
・「今日もありがとう!」夫婦円満は感謝の言葉から
夫婦や子供がいる家族には興味深いキャッチコピーですが、独身の男性に向けてと考える
と「うーん」となります。もちろん夫婦や子供の在り方に興味がある独身男性は多くいま
すが、一般的とは言えません。
独身の男性ならば、ファッションやレジャーまたは婚活などを意識したキャッチコピーの
方が興味を持ってもらえそうです。
このようにどんなに良いキャッチコピーでも、相手の気持ちに寄り添わない内容だと興味
を持ってもらえません。「どんな人に対してのキャッチコピーなのか?」考えてキャッチ
コピーを作り出す習慣をつけましょう。

 

 

キャッチコピーの狙いを明確にする

キャッチコピーを作る際は、狙いを明確にして案を練ることをおすすめします。キャッチコピーの目的は、「見た人に何かを感じてもらう」「何らかの行動を取ってもらう」こと。
狙いがあいまいなキャッチコピーは人の興味をそそらず、すぐにスルーされてしまいます。キャッチコピーを作り出す際は、「相手にどうなってほしいのか?」必ず決めてから考案するようにしましょう。

たとえば飲み物を勧めるキャッチコピーなら、消費者に購入してもらうことが目的になります。地球環境に関するキャッチコピーなら、人々が地球環境に関心を寄せて普段の生活を見直してもらうのが目的です。
どんな狙いを持ったキャッチコピーにしていきたいのか?普段から考えるだけで、良いキャッチコピーを生み出す練習になります。

 

商品の特徴を知り尽くす

特定の商品を売り出す場合、商品の特徴を熟知していることが求められます。どんなに素晴らしいキャッチコピーであっても、間違った内容に触れていると後で大きなトラブルに発展する場合も。
また明らかに商品の特徴とはかけ離れたイメージを売り出すと、消費者に誤解を与えます。たとえばすっきり感が大きな特徴である飲み物に対して、濃厚な味わいといった表現をするのは危険です。
普段からCMや雑誌で紹介している商品を確認して、「自分なら〇〇の特徴を強く押し出す」そんなイメージをしながら、キャッチコピーを考案してみてください。

 

相手の悩みに寄り添ったキャッチコピー

 

商品・サービスの特徴を、はっきりと表現したキャッチコピーを作りだすことは大切です。しかしそれだけでは、良いキャッチコピーとは言えません。ただ特徴だけが書かれたキャッチコピーは、どこか味気ない。
ただ〇〇ができる商品と紹介されただけでは、なかなか人は動きません。人が動く原動力となるのが、悩みが解決できる可能性を示すことです。まったく悩みを抱えていない人間はいないもの。
誰もが何らかの悩みを抱えています。そんなときに悩みを解決するキャッチコピーを見たら、多くの人の目を引き付けることができるでしょう。
たとえば薄毛の人に対して育毛剤を宣伝する場合、ただ成分を淡々と説明しても行動してくれません。育毛剤を使うことによって、薄毛の人が抱えている悩みの解消に役立つ。人の悩みに寄り添った表現が求められます。キャッチコピーは短い文章で構成されているため、一語として無駄にできません。人の悩みを、どんな風に解決していきたいのか?
人の悩みに寄り添った表現を意識することで、自然と良いキャッチコピーを生み出せるようになります。

 

こんなキャッチコピーには注意!

 

最後に、悪いキャッチコピーについて触れていきます。知らずに悪いキャッチコピーを作りださないように、普段から心掛けていきましょう。
・男女差別を含んだ表現(女だから〇〇をするのが当たり前)

・誇大表現(〇〇をすれば、〇〇の問題がすべて解決する)
・特定の職業や立場に対する決めつけ(〇〇の仕事をしている人は、みんなこう思っている)
特例の商品やサービスを売り売り出すために、大げさな表現をしている広告は少なくありません。ほどほどなら良いですが、内容によっては人に不快感を抱かせる場合も。
キャッチコピーは、人の心に大きく影響していくのです。キャッチコピーを生み出す際は、表現方法に重々注意するようにしましょう。

 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ