SNSで共感を生む工夫大全
2020年06月16日

SNSを自分自身の承認欲求を満たすためのツールとして活用している人がとても多く存在している一方、上手にSNSをビジネスで活用して、大きな収益を上げている人もいます。
現代では、「Twitter」「Instagram」「Facebook」「YouTube」といったSNSが爆発的に普及し、若い世代を中心に「なくてはならないツール」となっています、
このSNSの大きな特徴は、「拡散力が大きい」という事。
ひとたび商品やサービスなどの話題に火が付けば、あっという間に世界中に拡散され、爆発的な売上や注目を集めることができるのです。
この記事では、そんな「SNSで共感を生む工夫」について解説していきたいと思います。
 
 

SNSで共感を得ることで、ビジネスを有利に進められる

 
少し前の時代では、公式サイトを作り、検索順位を上げるべくSEOに力を入れながらも、多くの広告費を投じて集客をしていました。
商品やサービスの金額やクオリティーが、競合よりも圧倒的に優れているのであれば、少しの広告費でも確実に収益を伸ばしていけたのです。
また、競合と同レベルの商品やサービスでも、大きな広告費さえ投じていれば、それなりの収益が得られでいました。
しかし、ビジネスをする多くの企業や個人が広告での集客を求めすぎたために、次第に広告費用自体の金額が上がり、現代では競合よりも圧倒的に優れた商品やサービスでなければ採算が取れなくなってきています。
SNSの普及によって、商品やサービスへの評価もあっという間に日本中、世界中に広がっていくため、広告費を投じていれば売れる時代ではなくなったのです。
「商品やサービスの価値」が重要なのはもちろんですが、現代では、「いかにSNSを上手に活用し、ユーザー見込み客から共感を得られるか」という事が極めて重要だと言えるのです。
SNSを上手に利用すれば、莫大な広告費を投じることなく、多くの人から共感を得られ、「買いたい」という衝動を与えることができるのです。
そして、ここまで「ビジネス」におけるSNSの重要性を解説しましたが、例えばこれが「個人の発信したい情報」でも同じことが言えます。
「イラストを見てもらいたい」「歌を聴いてもらいたい」「曲を聴いてもらいたい」などなど、発信したい自分の個性も、SNSを通して共感してもらうことで一気にファンの数を増やすことができるのです。
 

 
 

SNSで共感を得るための工夫

 
それでは、実際にSNSでどのような工夫を行えば共感を得られ、収益に繋がっていくのかを解説していきましょう。
 

①ストーリー性を持たせる

ビジネスでも、個人の発信したい何かでも、単純に発信していてはいつまで経っても商品を売ったり、ファンを増やしたりすることはできません。
失敗エピソードや苦労、素敵な出会い、葛藤などのバックグラウンドをSNSでも発信するのです。
そうすることで、同じような思いをしたことがあるユーザーに共感してもらうことができ、コアなファンが増えていくのです。
 

②ユーザーの願望を代弁する

「綺麗になりたい」「うまくなりたい」「強くなりたい」「お金持ちになりたい」
そんな願望をしっかりとSNSで発信すると、同じような気持ちを抱くユーザーから共感を得られ、拡散力が上がるのです。
SNSというネット上だけの繋がりでも、願望を発信することで、「人間らしさ」を演出することもできるというメリットもあります。
 

③文章や口調を「ゆるく」する

どうしても人は、「この商品を売りたい」だったり、「この歌を聴いてほしい」といった強い思いを伝えようとする時、硬い文章や口調になってしまう傾向にあります。
SNSで共感を得る為には、あまりかしこまりすぎずに、「ゆるく」することが重要なのです。
 

④ユーザーとの共通の話題を上手く絡める

SNSで何か発信する際、「100%自分のこと」になってしまうことはとても多い傾向にあります。
しかし、これを「ユーザーとの共通の話題を少しでも絡めて発信するだけで、一気に共感度が変わるのです。
例えば、多くのユーザーが興味を持っているであろう「話題のアーティストやユーチューバー、スポーツ選手、芸能人」をSNSにほんの少しでも絡ませるだけでいいのです。
心理学でいうところの、「類似性の法則」というものです。
 

⑤コメントに反応する

上手なSNSでの発信ができているのに、コメントに全く反応しない人が多いのですが、これはもの凄くもったいないことです。
現代人はすでに「コメントを読む」ことが浸透していますし、コメントを書き込む人もとても多いです。
SNSの主が、そういったコメントに丁寧に返信してくれると、ユーザーとしてはとても嬉しいもので、一気にファンになってしまうものです。
 

まとめ

 
今回は「SNSで共感を生む工夫」について解説しました。
・ストーリー性を持たせる
・ユーザーの願望を代弁する
・文章や口調をゆるくする
・ユーザーとの共通の話題を絡める
・コメントに反応する
というようなテクニックを使うことにより、多くの共感を得ることができ、ビジネスでも個人としても拡散力を持つことができるのです。
ぜひ、今日からこの記事で解説したようなテクニックを使ってSNSを発信してみてはいかがでしょうか?
 
 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ