人の気を引くライティングテクニック
2020年06月12日

YouTubeを筆頭に動画コンテンツの視聴が爆発的に増えてきていますが、まだまだブログやサイト、SNSなど、「文章を読む」というコンテンツも需要があるといえます。
特に若い世代では動画コンテンツが主流となっていますが、30代以上の人はこれから先の未来でも、「動画より文章を読む方が好き」もしくは「動画も観るけど文章も読む」となることが予想されます。
しかし、「人の気を引くライティング」はとても難しく、それ故に魅力的な文章を書くことのできるライターは重宝されますし、自分のサイトやブログなどでも成功しやすいといえます。
「人の気を引くライティング」はどのようにすれば書けるようになるのでしょうか?
この記事では、そんな「ライティングテクニック」について解説していきたいと思います。
 
 

ライティングの経験を積み「自分の型」を作る

 
ライティングは闇雲に文章を書き続けていても急激に上達することはありません。
もちろん、何万文字、何十万文字と書き続けることで、「文章を書く力」は身に付いていきます。
しかし、文章の構成をどのように組み立てたり、読みやすい文章や思わず続きが読みたくなるような文章は、しっかりとしたライティングスキルを身に付けなければ書くことができないのです。
そんな人の気を引く魅力的な文章を書くためにまず行わなければならないのが、「自分の型」をいくつか作り、固めることです。
「ですます調」や「体言止め」「だ・である調」「疑問形」「否定形」「倒置法」などを使いこなせるようになるのはもちろんですが、全体の文章をどのように組み立てて作成していくかをいくつかの型として自分の頭に染みこませるのです。
ブログやサイトの記事では、「冒頭文」「大見出し」「中見出し」「小見出し」「まとめ」というブロックに分かれますが、それぞれのブロックで最低3つくらいの型を用意するのです。
例えば冒頭文であれば、
・「みなさん○○は知っていますか?」という問いかけから始め「実は○○だと思われている○○も、使い方を変えると大きな効果を生み出すのです」と繋げることで一気に読者の注目を引き付ける型。
・「この記事では○○について徹底的に調べています」というパワーワードからの「具体的には、○○や○○といった方法を細かく解説します」「この記事を読み終えた時、あなたは○○についてかなり詳しくなっているはずです」というような読者のメリットを強調する型。
・「○○な状況になった時、どの様な方法が正解なのかわからなくなってしまう事ってありますよね?」「この記事ではそんな○○な状況になった時の対処法について解説していきます」というような共感から始める型。
このように、各ブロックで自分の型をいくつか用意するだけでも、記事のクオリティーは格段に上がっていきます。
 

 
 
 

自分の型に魅力的な言い回し(フレーズ)を肉付けする

 
自分の得意な型を身に付けることができたならば、次はその文章に魅力的な言い回し(フレーズ)を肉付けしていくことで更に人の気を引く文章を作ることができます。
・「例えば~」という書き出しからちょっと変わった例え話を文章に取り入れる
・自分が過去に体験した話(体験談)を文章に取り入れる
・心理学や行動学などの専門的な見解を文章内に盛り込む
といように、一般的な文章に例え話や体験談、専門的な見解を盛り込むだけでグッと魅力的な記事になっていきます。
 

ペルソナ設定がしっかりしていれば言葉が自然と浮かんでくる

 
ライティングの世界では常識ともいえる「ペルソナ設定」ですが、意外とこの設定が明確にしないまま文章を書き始めてしまう人が多いといえます。
ペルソナ設定ライティングとは、読み手のユーザー像を仮想の人物として定義することで、例えば記事20代で肌トラブルに悩んでいる女性」というように記事の対象を絞った状態で記事を書き進めることです。
万人受けする記事ではなく、あくまで性別や年齢層、趣味嗜好を絞って記事を書くことで、高い訴求力を持たせることができるのです。
 
 

まとめ

今回は、「人の気を引くライティング」について解説してきました。
漠然と文章を書き続けるだけでは、「文章を書く力」だけしか身に付きませんが、「自分の型」を作り、いくつも作り、そこに「例え話や体験談、専門的な見解」などを盛り込むことで一気に読み手の注目を集めることができるのです。
そして、文章を書き始める前には、必ず「ペルソナ設定」を決めてからライティングするようにしましょう。
 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ