Stayhomeな今だからこそwebマーケティングを考える
2020年05月13日

コロナ禍の中で北海道や関西圏、首都圏ではこれからも続いていくStayhomeな日常。
また、多くの都道府県で緊急事態宣言が解除されたとはいえ、完全にコロナの終息宣言が出るまでは全体的に外出自粛の流れは続きそうな情勢です。
そんな中、日本の経済は低迷の一途。
様々な企業が最大80%にも登る最終利益源を発表し、様々な経済指標も戦後最大の悪水準を叩き出しています。
そんな中、webマーケティングの世界はどうなっていくのか。
実は、あらゆる業種や業界の中でウェブ周りだけはこれを期に上向いていく可能性があるのです。
 

現在のStayhomeとwebマーケティング

ではまず、現在の状況から見ていきましょう。
実は現在の状況は、むしろwebマーケティングをより積極的に行うべきときと言えるのです。
 

Stayhomeでネットが生活の基軸に

これまでは、インターネットという世界は一般の人の中ではややリアルから切り離されたところにありました。
もちろん、買い物や宣伝媒体としての約針は小さく有りませんでしたが、それでも生活に彩りを与えたり便利なツールの一つでしかなかったのも事実です。
しかし、Stayhomeによって状況は一変。
外に出ることができない生活の中で、インターネットというツールは生活の一部ではなく、生活の中心をなす基軸となるものへと変貌を遂げ始めているのです。
 

公共サービスのネット化も進む

同時に、このStayhomeによって公共サービスのネット化も進みます。
これは、国や自治体がネットを活用し始めるというのではなく、これまで用意されていたインフラを、特に高齢者などがStayhomeを期に利用し始めるということ。
特に持続化給付金などはマイナポータルなどを活用すると便利ですし、各種支援金の情報もネットで確認するように政府も推奨しています。
これによって、これまでネットを使わなかった層も一気にネットを使う環境が生まれてきたのです。
 

ビジネスのステージをネットに移行

また、これまで店舗型経営をしていたような企業も、ネットに移行。
それだけではなく、電話を利用したビジネス(通信販売やテレアポ)などもコールセンターの三密を避けるために、業態をネットに移行。
テレビのタレントがオンラインで出演するだけではなく、様々な行歌いがネットに潜入してきています。
 

今は積極的に打って出る時期

Webマーケティングを考えた時、今は間違いなく動くべきときです。
ネット上にアクセスすする人間が増えたということは、これは潜在顧客が激増したことを意味していますから間違いなくビジネスチャンス。
と、同時に、多くの企業がネットに参入してきたことにより競争の激化も懸念されます。
ですので、今、webマーケティングをそれこそ経済の動向を見て自粛してしまったり、停滞させてしまうのは間違い。
チャンスを逃すどころか大きな損失を被ることだってあり得るのです。
 

 

Stayhome後の未来のwebマーケティング

では、来たるべきStayhome後の未来。
つまりこのロな以降の世界でwebマーケティングはどうなっていくのか、それはある意味黄金時代の到来です。
 

メディアの世代交代が一気に進む。

今回のStayhomeでその脆さを露呈したもの、それは既存のメディアです。
それは、ネットコンテンツを利用しないとコンテンツが作れない昨今のメディア、過去コンテンツの焼き直しとダイジェストばかりが放映される状況を見れば明白です。
そして、注目されたのがクオリティの変わらないメディアコンテンツ。
今回優劣がはっきりしたこの新旧メディアの交代劇が劇的に進みます。
 

webマーケティング市場の大規模化と多様化

メディアの世代交代が劇的に進む。
こうなると、ネット上のマーケティング活動であるwebマーケティング市場の拡大は間違いなく進み、その上でターゲット層の広がりにより多様化が進みます。
これまでネットを見なかった、高齢者や主婦層の増加、商品層の変化、業態の増加。
今後は、こういった変化に対応していくことが望まれます。
 

Stayhome直後は需要増大も

また、近距離の予測をするならば、Stayhome直後は経済が一時的に活発化します。
長い目で見れば、さすがに日本経済はある程度の時間冷え込むとは思いますが、Stayhome直後はその開放感からほとんどすべての業種で需要増が見込まれると言っていいでしょう。
となれば、それに向けて、ウェブマーケティングの素地を今固めておくことも必要。
急激な需要増の中で、取り残されないような準備が必要になってきます。
 

Stayhome後、日本は新しいフェーズを迎える

Stayhomeの後、日本はどうなるのか。
それは、日本に限った話ではないですが、これまでとはまったく違う社会構造の中で新しいフェーズを迎えると考えて間違いありません。
新型コロナウイルスは、それほど、つまり一気に社会を変革させるほどのインパクトが有ったのです。
たとえ、緊急事態宣言が解消されても、きっと一般の人達が直接的な人との接触をできるだけ避けるようになるでしょう。
3密を避ける生活様式は普通のこととして浸透し、ネット依存はますます高まっていくことも推測できます。
そして、当然その社会においてウェブマーケティングマーケティングの中心となっていくのです。
今のうちに、その素養をつけ、スキルを磨いておいて損はありません。
 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ