人に気を惹かせるライティングの書き方とは?
2020年02月24日

昨今ではクラウドソーシングサイトのランサーズやクラウドワークスなどを利用し、ライティングの仕事をしている方が急増しています。
その背景でコロナウイルスの感染拡大とリモートワークの進出が原因となっているのは、もはや疑いようのない事実でしょう。本業に集中できない人々が新たな収入源を得ようとし、クラウドソーシングサイトで副業を探しているわけです。
副業を行う方の多くはライティングを選択します。文章を書くだけなら誰にでもできるし、特別なスキルは存在しない。そういったキャッチコピーに興味を惹かれ、軽い気持ちで稼ごうとライティング業をスタートさせるわけですね。
しかし、一見誰にでも簡単に稼げそうなライティングこそ、努力して取り組まなければならない副業なのです。そもそもライティングで食べていくためには「いかに人の気を惹かせる文章作成能力を身につけるのか?」という問題を解決しなければなりません。そこで、本記事では人の気を惹く文章を書くコツに関してご紹介していきます。
最後まで目を通し、是非ライティングのコツを身に付ける一助となれましたら幸いです。
 

魅力的なライティングの仕上げ方

 
文章を書くのは意外と難しいものです。普段から文章を作成する機会がにい、または小さな頃から作文を書くのが好きだった方には現実味のない話かもしれませんが、現実には上手く文章を書くことができずに悩む人のほうが多いのだとか。
それではどうすれば良い文章・魅力的な文章を書けるのか。その模範的回答としては、やはり毎日コツコツと記事を書き続け、努力を重ねてインプットした知識をクラウドソーシングサイトでアウトプットしていくことが挙げられます。
これができれば、あなたの文章力は格段にアップしていくでしょう。文章というのは一日や二日で極端に上達するということはありません。だからこそ、毎日の積み重ねで少しずつライティングしながら学んでいくことになるわけですね。
文章を書くこと、考えることが苦手な方でも、毎日コツコツと書いていくことで、確実に文章力がアップできます。魅力的な文章を書くためには日頃からのちょっとしたことが大きく影響していくため、ライティング技術を磨くためにも毎日人のブログを覗いてみたり、読書で文章を読み、それをアウトプットしていけるようにしましょう!
 

誤字脱字をなくす

魅力的な文章をかくためには、当然、誤字脱字をなくす必要もあります。もしあなたがどんなに良い文章を書いたとしても、誤字脱字だらけであれば記事の魅力は格段と減少してしまいますし、文章のミスに一時的に注目はされるものの、やはり人の気を惹かせるには惜しいと言わざるを得ません。そもそも誤字脱字が多ければそれだけで損をしますし、記事自体の信憑性すら薄くなってしまいます。ライティングでは最低限誤字脱字を減らし、文章を書き終わったら一度は読み直しをして間違いがないかをチェックしてくださいね。
ライターの中には見直しや読み直しを全くしない、という人もいますが、それだと誤字脱字があっても見逃してしまうことになります。特にライティング初心者であれば尚更でしょう。
せっかく良い記事を書いても、誤字脱字が多いとマイナスになってしまいます。最近では、スマホの普及で正しい漢字を書けない人が増えているからか変換ミスがあっても気づかないことが多くなり、その結果誤字脱字が増えてしまうケースが増加傾向にあるそうです。もちろん前述したように誤字脱字が人の気を惹き続けるのは有り得ませんから、これを防ぐためにも読書量を増やし、少しずつミスを減らしていってください。
 

 

具体的な数字を入れて信憑性を高める

読者が気になる記事は文章を読ませる巧みさが磨き上げられているのが常ですが、しっかりと具体的な数字が入っており、かつ信憑性がある記事であれば多少文章力が低くとも気を惹かせやすくなります。これには読者側が読みたい記事の内容が関係してきます。記事を見る側の人間は、常に「この記事は何を言いたいのか?」「つまり結論は何なのか?」などなど、答えを求めるフシがあります。そのため、抽象的で何がいいたいのかわからない記事であれば読んでいてもあまり入ってこないですし、説得力に欠けますよね。
そういった抽象的な内容の記事は、結果として読者側に退屈を招かせてしまうため、読む人の興味をキープさせ続けることができません。
しかし、しっかりと具体的な数字が入っている記事であればそれだけ信憑性が高くなるのです。
例えば、以下の文章を見てください。
「自殺者は年々増加傾向にあり、3万人以上の自殺者がいます。コロナウイルスにより、その自殺者の割合が3%前後増えることが懸念され、その対策が急務といえるのです。」
この文章を見てあなたはどう思いましたか? わかりやすいでしょうか、それともわかりにくいでしょうか。もちろん、前者のように「わかりやすい!」と考える方が大半ではないでしょうか。
このように、具体的な数字を文章の中に組み込み、信憑性を高めるのがベストになります。
抽象的な表現が多く、何がいいたいのかわからない記事内容のままでは読者を惹きつけることができませんし、再び記事を読んでもらえる機会もありません。そうならないためには、具体的で何がいいたいのかがわかる文章、読者を惹きつけられる記事を書けるようにしましょう!
 

結論は最初に持ってくる

記事を書くときには起承転結を意識するようにいわれている人も多いでしょうが、実は結論は最初に持ってくるほうが良い場合も多いのです。
なぜなら、結論を最初にいってしまうほうが、その後の展開が楽ですし、読者に最後まで読んでもらえることが多いためです。結論がダラダラ引き伸ばされると読んでいてストレスになりますし、途中で挫折してしまうケースも増えます。
しかし、早いうちに結論を述べることで、読者に安心感を与えることができ、その後の展開がどうなっていくのかに興味を持ってもらえるのです。
最初に結論を言い、その後はなぜそう思うのか。そして、その結論の懸念点を入れて最後は何をするのが望ましいのか。それを書くのがベターです。魅力的なライティングの書き方は人により多少違うものの、具体性がある記事、つまりは結論を最初に出すことで、良い記事に仕上げられる可能性がグッと高まるはずですよ。
 

まとめ

 
無理に起承転結を意識せずとも、人に興味を抱かせる魅力的な記事を書くことは可能です。
あなたの文章力をアップさせたいのであれば、まずは最初に結論を持っていき、そこからしっかりと展開していけるようにしてください。
記事の構成にはコレという確実なものはないのですが、それでも最初に結論を持っていくほうが、すんなりと文章を書ける場合が多いのです。
記事を毎日書き上げ、読者に説得力を与えられるようにしてください。そして、何をいいたいのかをしっかりと訴えられるようになれば、読者があなたの記事に共感してくれる可能性が高いです。
文章を書くことは簡単ではありません。しかし、文章力とは毎日書けば確実に上達するものです。
能力が上がればこれまで以上にライティングが楽しくなりますし、サクサクとお金を稼げるようにもなれます。コツを掴めれば人の気を惹かせる記事をどんどん量産していけますから、まずは焦らず、ゆっくりと努力を積み重ねてくださいね。
 

Contact

お問い合わせ

電話アイコン電話によるお問い合わせ

03-4405-3988

営業時間:平日 11:00-20:00

メールアイコンメールによるお問い合わせ

info@waocon.com

または以下のお問い合わせより

お問い合わせフォームへ

LINEアイコンLINEでお問い合わせ